TOP > 人物を探す > 小坂和之

年代別 映画作品( 1975年 ~ 1981年 まで合計5映画作品)

1981年

青春の門(1981)

  • 1981年1月15日(木)
  • 出演(下士官 役)

北九州の筑豊を舞台に主人公の青年の生いたちと、上京するまでを、激しく生きる大人たちの世界の中で描く。五木寛之の同名のベストセラー小説の映画化で、過去に東宝で浦山桐郎監督によって「青春の門(1975)」「青春の門 自立篇(1977)」の二作が映画化されている。また松竹の人気女優、松坂慶子がはじめて東映に出演している。脚本は「徳川一族の崩壊」の野上龍雄、監督は「象物語」を監修した蔵原惟繕と「復活の日」の深作欣二の共同、撮影は「さらば、わが友 実録大物死刑囚たち」の仲沢半次郎と「忍者武芸帖 百地三太夫」の中島徹が共同で担当。

監督
蔵原惟繕 深作欣二
出演キャスト
菅原文太 松坂慶子 村上尚治 加瀬悦孝
1979年

真田幸村の謀略

  • 1979年9月1日(土)
  • 出演(徳川秀忠 役)

関ケ原の戦いで敗退した真田幸村が、天下統一の野望を成就しようとする家康の首を狙って、真田十勇士と共に、さまざまな謀略に打って出る姿を描く。脚本は「やくざの墓場 くちなしの花」の笠原和夫「団鬼六 縄と肌」の松本功、「ひと夏の秘密」の田中陽造、「総長の首」の中島貞夫の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は「地獄(1979)」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
松方弘樹 寺田農 あおい輝彦 ガッツ石松

その後の仁義なき戦い

  • 1979年5月26日(土)
  • 出演(若者E 役)

暴力組織の新旧交代に伴う激烈な内部抗争に集点を絞り、その中で、翻弄される若いヤクザたちの友情、裏切り、戦い、生きざま死にざまを描く。脚本は「総長の首」の神波史男と「宇宙からのメッセージ MESSAGE_from_SPACE MESSAGE from SPACE」の松田寛夫、監督は「まむしの兄弟 二人合わせて30犯」以来四年ぶりの工藤栄一、撮影は「トラック野郎 一番星北へ帰る」の中島徹がそれぞれ担当。

監督
工藤栄一
出演キャスト
小松方正 星野美恵子 松方弘樹 松尾嘉代
1978年

冬の華

  • 1978年6月17日(土)
  • 出演(自衛官A 役)

殺した相手の娘を気にかけ、伯父だといつわり文通を続けながら、彼女の成長を見守るうちに再び義理によって人を殺す男の姿を描く。脚本は「君は海を見たか」の倉本聰、監督は「夜の演歌 しのび恋」の降旗康男、撮影は「犬神の悪霊」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
高倉健 池上季実子 田中邦衛 三浦洋一
1975年

女高生飼育

  • 1975年3月1日(土)
  • 出演(刑事 役)

誘拐された女子高生が飼育されて、やがて女として目覚めていく様を描く。脚本は「札幌・横浜・名古屋・雄琴・博多 トルコ渡り鳥」の関本郁夫、監督は「処女・若妻・未亡人 貞操強盗」の本田達男、撮影は「下苅り半次郎 (秘)観音を探せ」の国定玖仁男がそれぞれ担当。

監督
本田達男
出演キャスト
朝倉葉子 江角英明 京町一代 星野美恵子

小坂和之の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/11更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 小坂和之