映画-Movie Walker > 人物を探す > 渡瀬恒彦

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2009年 まで合計118映画作品)

2009年

釣りキチ三平

  • 2009年3月20日(金)公開
  • 出演(三平一平 役)

矢口高雄による、販売部数4000万部超の人気コミックを実写映画化した“釣り”ムービー。風光明媚な大自然を背景に、伝説の巨大魚を追う天才釣り少年・三平の冒険が展開!

監督
滝田洋二郎
出演キャスト
須賀健太 塚本高史 香椎由宇 土屋太鳳
2001年

親分はイエス様

  • 2001年9月1日(土)公開
  • 出演(木原勇次 役)

実話をもとにした異色の人間ドラマ。凶暴なヤクザが神の愛に目覚め、自身の更生とキリスト教伝道のために尽力する。数々の苦難を乗り越えていく主人公の姿が感動的だ。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
渡瀬恒彦 奥田瑛二 ナ・ヨンヒ ユン・ユソン
1999年

Nile ナイル

  • 1999年11月13日(土)公開
  • 出演(見城治彦 役)

悠久の聖地・エジプトを舞台に、日本人ジャーナリストが美術品の密売組織に闘いを挑むアクション・ロマン。監督は「新・極道渡世の素敵な面々 きりとりブルース」の和泉聖治。早稲田大学教授の吉村作治による原作を基に、「オサムの朝」の田部俊行が脚色。撮影を「惚れたらあかん 代紋の掟」の鈴木耕一が担当。主演は「しあわせになろうね」の渡瀬恒彦。

監督
和泉聖治
出演キャスト
渡瀬恒彦 ラニア・サイエド・ユーセフドナルド ユーリー・B・ブーラフ 片桐竜次
1998年

しあわせになろうね

  • 1998年9月12日(土)公開
  • 出演(山室正弥 役)

解散を翌日に控えた、あるヤクザの事務所で巻き起こる24時間の騒動を描いたコメディ。監督・脚本は「CAB」の村橋明郎。撮影を「ズッコケ三人組怪盗X物語」の栢野直樹が担当している。出演は「鉄と鉛」の渡瀬恒彦、「SFサムライ・フィクション」の風間杜夫ら。

監督
村橋明郎
出演キャスト
渡瀬恒彦 風間杜夫 哀川翔 有森也実

アンドロメディア

  • 1998年7月11日(土)公開
  • 出演(人見俊彦 役)

デジタルネット上で生きる少女を巡って繰り広げられる争奪戦を描いた青春サイエンス・フィクション。監督は「中国の鳥人」の三池崇史。渡辺浩弐による同名小説を、キサラギクリオが脚色。撮影を「中国の鳥人」の山本英夫が担当している。主演は人気沸騰中のグループ、SPEEDと、新人の原田健二。

監督
三池崇史
出演キャスト
島袋寛子 原田健二 今井絵理子 上原多香子
1997年

鉄と鉛

  • 1997年11月15日(土)公開
  • 出演(探偵 役)

命の期限を翌日の朝までと区切られた探偵と、彼を見張ることになったやくざとが、行動をともにするうち互いに友情を持つに至る一晩の出来事を描いたハードボイルド。監督は「BE-BOP-HIGHSCHOOL」に続く2作目の劇場映画となる劇画家のきうちかずひろで、脚本も自ら手掛けている。撮影は「時をかける少女(1997)」の仙元誠三。主演は「時をかける少女(1997)」の渡瀬恒彦と「やくざ道入門」の成瀬正孝。

監督
きうちかずひろ
出演キャスト
渡瀬恒彦 成瀬正孝 岸本祐二 宮崎光倫

時をかける少女(1997)

  • 1997年11月8日(土)公開
  • 出演(骨董屋主人 役)

ひとりの少女と、未来からやってきた青年との淡い恋を描いた青春ファンタジー。かつて大林宣彦監督、原田知世主演で映画化された筒井康隆原作のジュブナイル小説を、大林版の製作者でもあった角川春樹が、「REX 恐竜物語」以来4年ぶりの映画界復帰第1作として自らの製作・監督によりリメイクした。脚本は「日本一短い「母」への手紙」の伊藤亮二と「あした」の桂千穂、角川の共同。撮影を「義務と演技」の仙元誠三が担当している。主演はともに新人の中本奈奈と中村俊介。

監督
角川春樹
出演キャスト
中本奈奈 中村俊介 倍賞美津子 久我美子
1994年

忠臣蔵外伝 四谷怪談

  • 1994年10月22日(土)公開
  • 出演(堀部安兵衛 役)

鶴屋南北原作の怪談「東海道四谷怪談」を、原点に帰って忠臣蔵の物語と融合させ、元赤穂藩侍の民谷伊右衛門と湯女・お岩との恋愛劇の中に四十七士の吉良邸討ち入りのドラマを織り込んだ時代劇。監督は「いつかギラギラする日」の深作欣二。脚本は深作と古求の共同、撮影は石原興が担当。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第2位、同読者選出日本映画ベストテン第2位。

監督
深作欣二
出演キャスト
佐藤浩市 高岡早紀 荻野目慶子 石橋蓮司

第2回欽ちゃんのシネマジャック

  • 1994年9月23日(金)公開
  • 出演(現在の安達浩二 役)

15分映画の5本立、1本300円、料金は見た本数分だけ自己申告で払うというユニークな上映方式で93年大きな話題を集めた、萩本欽一の製作総指揮による「欽ちゃんのシネマジャック」の第2弾。第1回に続き、萩本欽一監督による「なんかへん?」の第2作、「生きる」に続く山本晋也監督の「食べる」の他、アニメーションなど全6作。おまけとして前回一般公募した新人監督による1分間映画も。

監督
萩本欽一 山本晋也 さだまさし 石黒昇
出演キャスト
渡哲也 宮沢りえ 仲代達矢 関根勤
1993年

REX 恐竜物語

  • 1993年7月3日(土)公開
  • 出演(立野昭吉 役)

現代に甦った恐竜の赤ちゃんと少女との触れ合いを描くSFファンタジー。畑正憲の原作『恐竜物語』(角川書店・刊)をもとに「天と地と」の角川春樹が監督。脚本は角川と「いつかギラギラする日」の丸山昇一。ダイアローグライターを内館牧子。撮影は「遠き落日」の飯村雅彦。恐竜製作を『E.T.』などのカルロ・ランバルディが担当。テレビCFなどで人気の11歳の安達祐実が映画初出演で主人公の少女・千恵役を演じた。

監督
角川春樹
出演キャスト
安達祐実 大竹しのぶ 渡瀬恒彦 伊武雅刀

関連ニュース

閲覧注意!トラウマ必至なあの伝説的カルト映画の恐怖がよみがえる
閲覧注意!トラウマ必至なあの伝説的カルト映画の恐怖がよみがえる(2011年11月21日)

誰しも、幼い頃に見てトラウマになるほどの衝撃を受けた映画の記憶をお持ちではないだろうか? そんなトラウマ映画を語る時に、“最恐”として必ず話題に挙がるのが、19…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 渡瀬恒彦