映画-Movie Walker > 人物を探す > 渡瀬恒彦

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2010年 まで合計119映画作品)

1980年

影の軍団 服部半蔵

  • 1980年2月23日(土)公開
  • 出演(下服部の半蔵 役)

徳川三代将軍・家光の急死による政情混乱を契機に、それぞれの野望を達成しようとする忍者たちの戦いを描く。脚本は「日本の黒幕」の高田宏治、「らしゃめん」の志村正浩と山田隆之の共同執筆、監督は「その後の仁義なき戦い」の工藤栄一、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。

監督
工藤栄一
出演キャスト
西郷輝彦 渡瀬恒彦 山村聡 三浦洋一
1979年

神様のくれた赤ん坊

  • 1979年12月28日(金)公開
  • 出演(三浦晋作 役)

子供を押しつけられた同棲中のカップルの父親捜しの旅を描く。脚本は「坊っちゃん(1977)」の前田陽一と同作の南部英夫と「MR.ジレンマン 色情狂い」の荒井晴彦の共同執筆、監督も同作の前田陽一、撮影は「夜叉ヶ池」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
前田陽一
出演キャスト
桃井かおり 渡瀬恒彦 曽我廼家明蝶 河原崎長一郎

戦国自衛隊

  • 1979年12月5日(水)公開
  • 出演(矢野隼人 役)

四百年前の戦国時代にタイム・スリップした演習中の自衛隊一個小隊の姿を描く。半村良の同名の小説の映画化で、脚本は鎌田敏夫、監督は「悪魔が来たりて笛を吹く(1979)」の斎藤光正、撮影も同作の伊佐山巌がそれぞれ担当。千葉真一芸能生活20周年作品。

監督
斎藤光正
出演キャスト
千葉真一 中康次 江藤潤 速水亮

配達されない三通の手紙

  • 1979年10月6日(土)公開
  • 出演(峰岸検事 役)

美しい三姉妹の住む地方の上流家庭で起こった殺人事件を描く。エラリー・クイーンの小説「災厄の町」の映画化で脚本は「絞殺」の新藤兼人、監督は「鬼畜」の野村芳太郎、撮影は「俺は上野のプレスリー」の川又昂がそれぞれ担当。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
佐分利信 乙羽信子 小川真由美 栗原小巻
1978年

赤穂城断絶

  • 1978年10月28日(土)公開
  • 出演(小林平八郎 役)

日本人にとって民族の大ロマンとして語り継がれ、小説、演劇、映画など多くのジャンルで数々の名作を生んできた“忠臣蔵”の25回目の映画化。原作・脚本は「野性の証明」の高田宏治、監督は「宇宙からのメッセージ MESSAGE_from_SPACE」の深作欣二、撮影監督は宮島義勇、撮影は仲沢半次郎がそれぞれを担当している。

監督
深作欣二
出演キャスト
萬屋錦之介 島英津夫 藤岡琢也 峰岸徹

皇帝のいない八月

  • 1978年9月23日(土)公開
  • 出演(藤崎顕正 役)

もし現代の日本で自衛隊のクーデターが起こったらという構想のもとに、その恐怖と巨大なうねりに翻弄される人間の姿を描く小林久三の原作の映画化。脚本は「不毛地帯」の山田信夫、渋谷正行、「不毛地帯」を監督した山本薩夫の共同執筆、監督は同作の山本薩夫、撮影は「ワニと鸚鵡とおっとせい」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
山本薩夫
出演キャスト
渡瀬恒彦 山本圭 吉永小百合 滝沢修

事件

  • 1978年6月3日(土)公開
  • 出演(宮内辰造 役)

姉妹で一人の青年を愛し奪い合ったことからおこった殺人事件を中心に、現代の不安な青春の姿を描く、大岡昇平原作の同名小説の映画化。脚本は「危険な関係(1978)」の新藤兼人、監督は「八つ墓村(1977)」の野村芳太郎、撮影は「夜が崩れた」の川又昂がそれぞれ担当。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
永島敏行 松坂慶子 大竹しのぶ 佐分利信
1977年

恐竜・怪鳥の伝説

  • 1977年4月29日(金)公開
  • 出演(芦沢節 役)

日本に恐竜が存在したのか。この疑問を否定する材料は何もない。毎年八月二日に竜神祭りを行う富士山麓の西湖に恐竜が出現。というもので、ミステリアスに描く。脚本は伊上勝と「ピラニア軍団 ダボシャツの天」の松本功と「広島仁義 人質奪回作戦」の大津一郎の共同、監督は「飛び出す冒険映画 赤影」の倉田準二、撮影は「広島仁義 人質奪回作戦」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
倉田準二
出演キャスト
渡瀬恒彦 林彰太郎 沢野火子 清島智子

やくざ戦争 日本の首領

  • 1977年1月22日(土)公開
  • 出演(野溝武司 役)

全国制覇を目指す暴力団・中島組。政界・財界・右翼の大物とコネをつけ、組織強化を計る半面、二人の娘に手を焼く父親でもある組織の首領を描く。脚本は「沖縄やくざ戦争」の高田宏治、監督も同作の中島貞夫、撮影は「夜明けの旗 松本治一郎伝」の増田敏雄がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
鶴田浩二 林彰太郎 小田部通麿 野口貴史
1976年

沖縄やくざ戦争

  • 1976年9月4日(土)公開
  • 出演(嘉手刈宏 役)

本土復帰を翌年に控えた沖縄を舞台に、沖縄やくざ組織の凄惨な内部抗争と、沖縄やくざ対本土系暴力団の血みどろな戦いを、ドキュメンタルに描くハード・アクション篇。脚本は「新仁義なき戦い 組長最後の日」の高田宏治と「ウルフガイ 燃えろ狼男」の神波史男の共同、監督は「狂った野獣」の中島貞夫、撮影は「ラグビー野郎」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
松方弘樹 渡瀬恒彦 千葉真一 地井武男

関連ニュース

閲覧注意!トラウマ必至なあの伝説的カルト映画の恐怖がよみがえる
閲覧注意!トラウマ必至なあの伝説的カルト映画の恐怖がよみがえる(2011年11月21日)

誰しも、幼い頃に見てトラウマになるほどの衝撃を受けた映画の記憶をお持ちではないだろうか? そんなトラウマ映画を語る時に、“最恐”として必ず話題に挙がるのが、19…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 渡瀬恒彦