映画-Movie Walker > 人物を探す > 荒川輝彦

年代別 映画作品( 1965年 ~ 1991年 まで合計70映画作品)

1991年

首領になった男

  • 1991年5月11日(土)公開
  • 録音

バブル経済下でのし上がっていく一人のヤクザあがりの男の壮絶な生きざまを描くドラマ。松方弘樹の初プロデュース作品で、脚本は「激動の1750日」の中島貞夫と「獅子王たちの夏」の西岡琢也の共同執筆。監督は「遺産相続」の降旗康男。撮影は「アナザーウェイ D機関情報」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
降旗康男
出演キャスト
松方弘樹 十朱幸代 名取裕子 近藤真彦
1986年

極道の妻たち

  • 1986年11月15日(土)公開
  • 録音

暴力抗争下で、様々な境遇を生きる極道の妻たちの姿を描く。『週刊文春』に連載された家田荘子原作の同名ルポタージュの映画化で、脚本は「春の鐘」の高田宏治、監督は「十手舞」の五社英雄、撮影は同作の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
五社英雄
出演キャスト
岩下志麻 かたせ梨乃 佳那晃子 円浄順子

道(1986)

  • 1986年9月6日(土)公開
  • 録音

長距離トラックの中年運転手とドライブインで働く若いウェイトレスの悲しい愛を描く。セルジュ・グルッサール原作の「Dos gens sans importance(しがない人々)」の映画化で、56年に公開されたフランス映画「ヘッドライト」のリメイク。脚本は「花いちもんめ」の松田寛夫、監督は「春の鐘」の蔵原惟繕、撮影はかつての名コンビでベテランの間宮義雄がそれぞれ担当。主題歌は、フランソワーズ・アルディ(「道」)。

監督
蔵原惟繕
出演キャスト
仲代達矢 藤谷美和子 池内淳子 藤奈津子
1985年

夢千代日記

  • 1985年6月8日(土)公開
  • 録音

広島で胎内被爆し、余命いくばくもない芸者のもっと生きたいという願いと、彼女と殺人犯の愛を山陰の温泉町を舞台に描く。脚本は「天国の駅」の早坂暁、監督は「暗室」の浦山桐郎、撮影は「伽耶子のために」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
浦山桐郎
出演キャスト
吉永小百合 名取裕子 田中好子 樹木希林

  • 1985年1月15日(火)公開
  • 録音

大正・昭和の高知を舞台に、女衒一家の波瀾にとんだ事件の数々と、妻と夫の別離を描く。宮尾登美子の同名小説を「北の螢」の高田宏治が脚本化。監督も同作の五社英雄、撮影も同作の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
五社英雄
出演キャスト
緒形拳 十朱幸代 名取裕子 石原真理子
1983年

里見八犬伝(1983)

  • 1983年12月10日(土)公開
  • 録音

里見家の姫と八犬士の一人との恋をベースに、悪の妖怪軍団と戦う犬士達の姿を描く。滝沢馬琴著『南総里見八犬伝』に新解釈を加えた鎌田敏夫原作『新・里見八犬伝』の映画化で脚本は「探偵物語」の鎌田敏夫と「人生劇場(1983)」の深作欣二の共同執筆、監督は「人生劇場(1983)」の深作欣二、撮影は「探偵物語」の仙元誠三がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
薬師丸ひろ子 真田広之 千葉真一 寺田農

伊賀野カバ丸

  • 1983年8月6日(土)公開
  • 録音

伊賀の里から東京の名門校に転入してきた忍者の奇想天外な活躍を描くアクションコメディ。別冊マーガレットに連載された亜月裕の同名漫画の映画化で、脚本は長崎行男と「吼えろ鉄拳」の志村正浩、本作品の監督も兼ねている同作の鈴木則文、撮影は「人生劇場(1983)」の北坂清がそれぞれ担当。主題歌は、黒崎輝、高木淳也、真田広之(「青春まるかじり」)。

監督
鈴木則文
出演キャスト
黒崎輝 高木淳也 武田久美子 森永奈緒美

人生劇場(1983)

  • 1983年1月29日(土)公開
  • 録音

東京に出て作家を目指す青年と、周囲の人々の人生を描く。尾崎士郎の同名小説の今回は十三度目の映画化で、脚本は「真夜中の招待状」の野上龍雄と、この作品を三人で共同監督する「蒲田行進曲」の深作欣二、「制覇」の中島貞夫、「未完の対局」の佐藤純彌の共同執筆、撮影は「コールガール」の安藤庄平、「遥かなる走路」の並木宏之、「冒険者カミカゼ」の北坂清がそれぞれ担当。

監督
深作欣二 佐藤純彌 中島貞夫
出演キャスト
三船敏郎 永島敏行 松坂慶子 中井貴恵
1982年

蒲田行進曲

  • 1982年10月9日(土)公開
  • 録音

撮影所を舞台に、スターと大部屋俳優の奇妙な友情、そしてこの二人の間で揺れ動く女優の姿を描く。第86回直木賞を受賞したつかこうへいの同名小説の映画化、脚本もつか自身が執筆、監督は「道頓堀川」の深作欣二、撮影は北坂清がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
松坂慶子 風間杜夫 平田満 高見知佳

鬼龍院花子の生涯

  • 1982年6月5日(土)公開
  • 録音

大正から昭和にかけての二つの時代に生きた土佐の侠客・鬼龍院政五郎とその周辺の女たちのドラマチックな生き方を描く。原作は高知出身の直木賞作家・宮尾登美子の同名小説。脚本は「影の軍団 服部半蔵」の高田宏治、監督は「雲霧仁左衛門」の五社英雄、撮影は「野菊の墓」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
五社英雄
出演キャスト
仲代達矢 岩下志麻 夏目雅子 仙道敦子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 荒川輝彦