映画-Movie Walker > 人物を探す > 梶原一騎

年代別 映画作品( 1969年 ~ 1982年 まで合計40映画作品)

1982年

巨人の星(1982)

  • 1982年8月21日(土)公開
  • 製作総指揮、原作

プロ野球のスターを夢見る少年と、厳しく鍛える父の姿を描く。昭和41年から「週刊少年マガジン」に連載された梶原一騎、川崎のぼる原作による同名劇画のアニメーションで、脚本は「コブラ」の山崎晴哉、監督は長浜忠夫と「キャプテン」の出崎哲の共同でそれぞれ担当。

監督
長浜忠夫 出崎哲
出演キャスト
古谷徹 加藤精三 白石冬美 八奈見乗児
1981年

あしたのジョー2

  • 1981年7月18日(土)公開
  • 製作総指揮、原作

宿敵、力石の死のショックから立ち直り、再びリングに上がったジョーの姿を描く。高森朝雄、ちばてつやの同名の原作のアニメーションで、脚本、監督は「家なき子(1980)」の出崎統、撮影は「じゃりン子チエ」の高橋宏固がそれぞれ担当。

監督
出崎統
出演キャスト
あおい輝彦 藤岡重慶 檀ふみ 岡田眞澄

リトルチャンピオン

  • 1981年6月13日(土)公開
  • 製作総指揮

たった一人でアメリカへ渡り、多くの苦難を乗りこえ、結婚、出産、そしてボストン・マラソンに優勝した日本人女性を描く。ゴーマン・美智子の半生を綴った自伝『走れ!ミキ』を映画化したもので、脚本はリチャード・マーティニ、監督はグエン・アーナー、撮影は「最強最後のカラテ」の木村公明がそれぞれ担当。

監督
グエン・アーナー
出演キャスト
クリス・ミッチャム 島田陽子 アンディ・ロマーノ ドナルド・モファット
1980年

格闘技オリンピック

  • 1980年12月6日(土)公開
  • 製作総指揮

一九八〇年二月に行なわれたアントニオ猪木対ウィリー・ウィリアムスの世界ヘビー級格闘技戦を中心に、世界一を目ざす強者たちの戦いとハードトレーニングの姿を描くドキュメンタリー。監督は「カラテ大戦争」の南部英夫、撮影は小野正がそれぞれ担当。

監督
南部英夫
出演キャスト
アントニオ猪木 ウィリー・ウィリアムス 中村誠 藤原敏男

あしたのジョー(1980)

  • 1980年3月8日(土)公開
  • 製作総指揮、原作

不良少年がドヤ街で知り合ったアル中の元プロボクサーの教えでボクシングの道に進み、宿命のライバルとの戦いを描く。一九六八年一月から一九七三年六月まで『少年マガジン』に連載されて日本中にブームを起こした高森朝雄(梶原一騎)とちばてつやの原作による同名の人気漫画の映画化で、脚本、監督は舞台の「ショーガール」などを演出した福田陽一郎が担当。

監督
福田陽一郎
出演キャスト
あおい輝彦 細川俊之 藤岡重慶 檀ふみ

最強最後のカラテ

  • 1980年1月19日(土)公開
  • 監督、製作、原作

最強のカラテ家をめざして、きびしい荒稽古に汗を流す、世界各国のカラテ家を追い、今まで日本に紹介されなかった強者を取材し、七十九年十一月二十五日から、東京、日本武道館で行なわれた「第二回オープントーナメント全世界空手道選手権大会」をクライマックスに世界に雄飛する極真カラテの真髄を新たな角度から捉えて描くドキュメント。梶原一騎の『週刊少年チャンピオン』に連載された原作の映画化で、監督も梶原一騎、撮影は「地上最強のカラテ」の木村公明がそれぞれ担当。

監督
梶原一騎
出演キャスト
中村誠 三瓶啓二 ウィリー・ウィリアムス 東孝
1979年

激突!格闘技 四角いジャングル

  • 1979年4月7日(土)公開
  • 製作総指揮、原作

プロレス、マーシャルアーツ(全米プロ空手)ムエタイ(タイ式キックボクシング)新格闘術、キックポクシング、日本空手道、ボクシング、柔道、相撲、極真ケンカ空手などで活躍するスパースターの死闘を追い続ける。またストロング・ファイターの猛練習や日常の素顔さらには青春のすべてをこの非情、苛酷な世界に賭けた姿をドキュメンタリー・タッチで描く。原作は梶原一騎と中城健、脚本は真樹日佐夫、監督は「格闘技世界一 四角いジャングル」の後藤秀司、撮影も同作の木村公明がそれぞれ担当。

監督
後藤秀司
出演キャスト
アントニオ猪木 ネイビー・ハリケーン 二宮城光 ウィリー・ウィリアムス
1978年

格闘技世界一 四角いジャングル

  • 1978年11月3日(金)公開
  • 総指揮、原作

プロスポーツの花形である格闘技の、それぞれのジャンルでチャンピオン・ベルトを締め、王座に君臨する男たち。彼らを一堂に会して、リングという四角いジャングルの中で闘わせた時に、最後に勝ち残る英雄は誰か? 格闘技世界一は誰か? いわば、この映画を勧進元に、世界一強い男を選び〈格闘技オリンピック〉を映像の中に展開、プロ格闘技のきびしさをとらえる。登場する格闘技は、プロレス、ボクシング、キック・ボクシング、タイ式ボクシング、全米プロ空手(マーシャル・アーツ)日本空手、新格闘術、柔道、相撲など。総指揮、原作は「地上最強のカラテ」の梶原一騎。中城健が原作を共用執筆している。監督は「世紀の真剣勝負 地上最強のカラテ結集篇」の後藤秀司、撮影は「マッハ'78」の木村公明がそれぞれを担当している。

監督
後藤秀司
出演キャスト
新日本プロレス アントニオ猪木 ザ・モンスターマン アンドレ・ザ・ジャイアント

新巨人の星(1978)

  • 1978年3月18日(土)公開
  • 原作

スポーツ宮崎の記者田島は、ユニークなキャンプ記事を狙って、遠投もできないテスト生を秘そかに取材していた。まじめに努力はするが、そのまじめさが裏目に出て、いつもどじを踏んでばかりいるテスト生を、田島は現代のドンキホーテと名付ける。そんなある日、そのテスト生が、数年前、完全試合を達成した星飛雄馬である事を知った田島は、隠し撮りしていた飛雄馬の写真を焼き捨てる。ドンキホーテに思えた飛雄馬の瞳は今も激しく輝いていた。

カラテ大戦争

  • 1978年3月4日(土)公開
  • 製作、原作

海外の支部設立、勢力拡張を悲願とする日本カラテ界の輿望をにない、その先兵として香港、タイでロマンを求める男の姿を描く。脚本は「日本の仁義」の神波史男と「坊っちゃん(1977)」の南部英夫の共同執筆、監督も同作の南部英夫、撮影は満井坦彦がそれぞれ担当。

監督
南部英夫
出演キャスト
真樹日佐夫 大滝秀治 夏樹陽子 金子信雄

関連ニュース

妻夫木、『愛と誠』での学ラン姿について「僕的にはイケる!」
妻夫木、『愛と誠』での学ラン姿について「僕的にはイケる!」(2012年6月16日)

梶原一騎の同名コミックを映画化『愛と誠』の初日舞台挨拶が、6月16日に新宿バルト9で開催。妻夫木聡、武井咲、斎藤工、大野いと、三池崇史監督、エンディングテーマ「…

妻夫木聡が主演作を「臭くなった絆創膏みたいな映画です」と辛口批評!?
妻夫木聡が主演作を「臭くなった絆創膏みたいな映画です」と辛口批評!?(2012年6月13日)

梶原一騎、ながやす巧の巨匠コンビによって描かれ、これまで幾度となく映像化もされてきた伝説的コミック『愛と誠』。その最新映画版(6月16日公開)のジャパンプレミア…

妻夫木聡、『愛と誠』で女優相手にガチの殺陣「殺すか、殺されるかの瀬戸際だった」
妻夫木聡、『愛と誠』で女優相手にガチの殺陣「殺すか、殺されるかの瀬戸際だった」(2012年6月13日)

梶原一騎の同名コミックを映画化した『愛と誠』(6月16日公開)で、誠役を演じた妻夫木聡にインタビュー。『愛と誠』といえば、西城秀樹と早乙女愛を迎えた1974年の…

『愛と誠』が第65回カンヌ国際映画祭に選出!妻夫木聡「やってきたことは間違いじゃなかった」
『愛と誠』が第65回カンヌ国際映画祭に選出!妻夫木聡「やってきたことは間違いじゃなかった」(2012年4月20日)

梶原一騎の同名コミックを三池崇史監督が、妻夫木聡&武井咲のW主演で映画化した『愛と誠』(6月16日公開)。本作が現地5月16日(水)より開催される第65回カンヌ…

妻夫木聡が「よくわからない映画」と語る『愛と誠』イベントで語った本音とは?
妻夫木聡が「よくわからない映画」と語る『愛と誠』イベントで語った本音とは?(2012年4月18日)

梶原一騎の同名コミックを映画化した『愛と誠』(6月16日公開)の試写会が、4月18日に六本木のビルボードライブ東京で開催。ゲストとして妻夫木聡、斎藤工、三池崇史…

妻夫木聡&武井咲が『愛と誠』は「よくわからない映画」と本音を漏らす
妻夫木聡&武井咲が『愛と誠』は「よくわからない映画」と本音を漏らす(2012年3月19日)

故・梶原一騎の同名漫画を原作に映画化した『愛と誠』(6月16日公開)の完成報告会見が3月19日、帝国ホテルで行われ、出演者の妻夫木聡、武井咲と、三池崇史監督が出…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 梶原一騎