映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴木弘子

年代別 映画作品( 1954年 ~ 2007年 まで合計13映画作品)

2007年

鉄人28号 白昼の残月

  • 2007年3月31日(土)公開
  • 出演(萱野月枝 役)

横山光輝の人気漫画が原作のロボット・アニメの劇場版。戦争からの復興が進む東京に隠された爆弾回収に挑む、少年探偵・正太郎と鉄人28号の活躍がレトロな絵柄の中で展開!

監督
今川泰宏
出演キャスト
くまいもとこ 粟野史浩 牛山茂 稲葉実
2000年

映画ドラえもん のび太の太陽王伝説

  • 2000年3月4日(土)公開
  • 出演(声)(女王 役)

古代文明の国を舞台に、おなじみのび太とドラえもんとその仲間たちが冒険を繰り広げるジュブナイル・アニメーションのシリーズ第21作。監督は「ドラえもん のび太の宇宙漂流記」の芝山努。藤子・F・不二雄による原作キャラクターを基に、同じく「ドラえもん のび太の宇宙漂流記」の岸間信明が脚本を執筆。撮影監督に「クレヨンしんちゃん 爆発!温泉わくわく大決戦」の梅田俊之があたっている。声の出演に「ザ★ドラえもんズ ドキドキ機関車大爆走!」の大山のぶ代、「おばあちゃんの思い出」の小原乃梨子ら。ドラえもん誕生30周年記念作品。

監督
芝山努
出演キャスト
大山のぶ代 小原乃梨子 緒方恵美 飯塚雅弓
1999年

スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス

  • 1999年7月10日(土)公開
  • 日本語版出演(声)(シミ・スカイウォーカー 役)

遠い昔、はるか彼方の銀河系で繰り広げられる壮大なスペース・サーガ「スター・ウォーズ」の序章。「スター・ウォーズ(エピソード4 新たなる希望)」(77)「同 エピソード5 帝国の逆襲」(80)「同 エピソード6 ジェダイの復讐」(83)の三部作(「特別篇」公開は97年)の前史の序章にあたり、アナキン・スカイウォーカー(=ダース・ヴェイダー)の若き日を描く。シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスが77年の第1作以来22年ぶりに、自身のルーカス・フィルムの単独資本により、監督・脚本・製作総指揮を一手に手掛け、巨大プロジェクトの実現を果たした。製作は「特別篇」に参加した『インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険』(TV)のリック・マッカラム。撮影は「モル・フランダース」のデイヴィッド・タッターソル。音楽はシリーズの看板である巨匠ジョン・ウィリアムス(「プライベート・ライアン」)。美術は「ジェダイの復讐」「カフカ 迷宮の悪夢」のギャヴィン・ポケット。編集のポール・マーティン・スミス、衣裳のトリシャ・ビガーは『インディ・ジョーンズ 若き日の大冒険』に参加。SFXとアニメーションはルーカス傘下のILM(インダストリアル・ライト&マジック)が手掛け、視覚効果監修を同社の顔であるデニス・ミューレンはじめ、スコット・スクワイアーズ、ジョン・ノールが担当。サウンド・デザインはシリーズ合作を手掛けるベン・バート。出演は「レ・ミゼラブル」のリーアム・ニーソン、「悪魔のくちづけ」のユアン・マクレガー、「マーズ・アタック!」のナタリー・ポートマン、「ミルドレッド」のシェイク・ロイド、「暗殺の瞬間」のペルニラ・アウグスト、舞台俳優・ミュージシャンでもあるアーメド・ベスト、新人のレイ・パーク、「プリシラ」のテレンス・スタンプ、「交渉人」のサミュエル・L・ジャクソンらの新顔に加え、オリジナル三部作のレギュラー陣であるアンソニー・ダニエルズ、ケニー・ベーカー、フランク・オズ、イアン・マクダーミドらが顔をそろえる。日本語吹き替え版も同時公開された。

監督
ジョージ・ルーカス
出演キャスト
リーアム・ニーソン ユアン・マクレガー ナタリー・ポートマン ジェイク・ロイド
1996年

ピノキオ(1996)

  • 1996年12月21日(土)公開
  • 出演(声)日本語版

ディズニー・アニメなどでもおなじみ、カルロ・コロディの名作童話『ピノキオ』を、SFXを駆使した実写映像で原作に忠実に映画化したファンタジー。「ベイブ」を手掛けたジム・ヘンソン・クリーチャーズ・ショップの手になる最新のアニマトロクス効果が見どころ。監督はMTV出身で「エレクトリック・ドリーム」「ミュータント・タートルズ」のスティーヴ・バロン。製作は「ジャングル・ブック」のラジュ・パテルとジェフリー・スネラー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ジャングル・ブック」のシャラド・パテル、ピーター・ロック、ドナルド・クシュナーの共同。音楽はスコアを「ケロッグ博士」のレイチェル・ポートマンが書き、主題歌はスティービー・ワンダーの『キス・ロンリー・グッバイ』。美術は「ショーガール」のアラン・キャメロン、衣裳は「オテロ」「ハムレット」のマウリツィオ・ミノレッティが担当。主演と声の出演に、「ライオン・キング」の吹き替えも担当した少年スターのジョナサン・テイラー・トーマスのほか、「エド・ウッド」のマーティン・ランドー、「戦慄の絆」のジュヌヴィエーヴ・ビジョルド、「キングダム」のウド・キアー、「ジュマンジ」のベベ・ニューワースらベテラン勢が脇を固める。日本語字幕版と吹替版が同時公開された。

監督
スティーヴ・バロン
出演キャスト
マーティン・ランドー ジョナサン・テイラー・トーマス ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド ロブ・シュナイダー
1990年

チンプイ エリさま活動大写真

  • 1990年3月10日(土)公開
  • 出演(声)(ママ 役)

マール星から来た不思議な動物チンプイとマール星のお妃候補のエリちゃんのまき起す珍騒動を描くアニメ。藤子・F・不二雄原作の同名漫画の映画化で、脚本は桶谷顕が執筆、監督は本郷みつる、作画監督は高倉佳彦、撮影監督は熊谷正弘がそれぞれ担当。

監督
本郷みつる
出演キャスト
堀絢子 林原めぐみ 佐々木望 鈴木弘子
1983年

ユニコ 魔法の島へ

  • 1983年7月16日(土)公開
  • 出演(声)(西風の精 役)

生き人形にされた人間や動物を救うため、愛と勇気で魔法使いと戦うユニコの姿を描く。一昨年、公開された「ユニコ」の第二弾。前作同様、手塚治虫原作のアニメ化で、脚本、監督は村野守美が担当。主題歌は、白鳥英美子(「ドレミファ・ララバイ」)。

監督
村野守美
出演キャスト
三輪勝恵 常田富士男 池田秀一 島本須美
1980年

サイボーグ009 超銀河伝説

  • 1980年12月20日(土)公開
  • 出演(声)(タマラ 役)

宇宙の母源といわれる超エネルギー、ボルテックスをめぐって、宇宙支配を目ろむゾアとサイボーグたちの戦いを描く。石森章太郎の原作をアニメ化したもので、脚本は中西隆三、脚本協力に「スター・ウォーズ」のジェフ・シーガル、監督は明比正行、撮影は池田重好と細田民男がそれぞれ担当。

監督
明比正行
出演キャスト
白石冬美 野田圭一 杉山佳寿子 山田俊司

家なき子(1980)

  • 1980年3月8日(土)公開
  • 出演(声)(バルブラン・ママ 役)

エクトル・マロー原作の同名の童話を、日本テレビが昭和五十二年から五十三年にかけて放映したテレビアニメーションを劇場用に編集したもの。脚本は「ルパン三世 カリオストロの城」の山崎晴哉、伊東恒久、杉江慧子の共同執筆、監督は「エースをねらえ!(1979)」の出崎統、撮影は「ルパン三世 カリオストロの城」高橋宏固がそれぞれ担当。

監督
出崎統
出演キャスト
菅谷政子 近藤洋介 武藤礼子 松尾佳子
1979年

北極のムーシカ ミーシカ

  • 1979年7月21日(土)公開
  • 出演(マーチ 役)

厳しい北極の自然を舞台に、双児の子熊が母親の手を離れ、成長していく姿を描くアニメーション。国際アンデルセン佳作賞を受賞したいぬいとみこの同名の原作をもとに、脚本は「黄金の犬」の加藤盟、監督はの勝井千賀雄、撮影は吉坂研一がそれぞれ担当。

監督
勝井千賀雄
出演キャスト
菅谷政子 野沢雅子 大山のぶ代 小林修
1975年

花まつり

  • 1975年12月13日(土)公開
  • 出演

昭和50年の4月8日花祭りの日を中心に、二日間にわたって富士山の麓の御殿場にある日本山妙法寺の境内でおこなわれた無料野外コンサートのようすを撮った記録映画。出演バンドはアケト、アシッド・セブン・ファミリー・バンド、久保田真琴と夕焼け楽団、CCCマントラ・バンド、ジュモン、裸のラリーズ、南正人グループなど。25歳の藤枝静樹は、8ミリで「夕陽のガンマン」その他を撮っていた個人映像作家。(16ミリ・イーストマンカラー)

監督
藤枝静樹
出演キャスト
鈴木弘子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 鈴木弘子