映画-Movie Walker > 人物を探す > 伴淳三郎

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1982年 まで合計317映画作品)

1969年

昇り竜やわ肌開帳

  • 1969年7月12日公開
  • 出演(神崎 役)

「残酷おんな私刑」の山崎巌が脚本を書き、石井輝男門下の葛生雅美の監督昇進第一作の女仁侠もの。撮影は「愛するあした」の北泉成が担当。

監督
葛生雅美
出演キャスト
扇ひろ子 郷えい治 藤竜也 川地民夫

とめてくれるなおっ母さん

  • 1969年6月7日公開
  • 出演(食堂の親父 役)

新人の田向正健と南部英夫が脚本を執筆し、田向が監督した青春喜劇。撮影は「吸血髑髏船」の加藤正幸が担当。

監督
田向正健
出演キャスト
佐藤蛾次郎 大野しげひさ 大橋壮多 宝生あやこ

超高層のあけぼの

  • 1969年5月14日公開
  • 出演(出稼ぎ人夫星野 役)

菊島隆三の原作を岩佐氏寿と工藤栄一が共同脚色し、「いれずみ無残」の関川秀雄がメガホンをとった霞が関ビル完成までのドラマ。撮影は「人生劇場 飛車角と吉良常」の仲沢半次郎が担当した。

監督
関川秀雄
出演キャスト
佐野周二 三宅邦子 中村伸郎 山本豊三

でっかいでっかい野郎

  • 1969年4月26日公開
  • 出演(原田辰吉 役)

「コント55号と水前寺清子の神様の恋人」の野村芳太郎と「男なら振りむくな」の永井素夫が脚本を共同執筆し、野村芳太郎がメガホンをとった喜劇。撮影は「黒薔薇の館」の川又昂。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
渥美清 長門裕之 岩下志麻 伴淳三郎

喜劇 婚前旅行

  • 1969年4月26日公開
  • 出演(田村吉五郎 役)

「喜劇 大安旅行」の舟橋和郎、瀬川昌治、高羽哲夫が脚本・監督・撮影を担当した喜劇。

監督
瀬川昌治
出演キャスト
フランキー堺 森田健作 伴淳三郎 ミヤコ蝶々

喜劇 駅前桟橋

  • 1969年2月15日公開
  • 出演(伴野孫作 役)

「セックス・チェック 第二の性」の池田一朗がシナリオを執筆し、「落語野郎 大爆笑」の杉江敏夫が監督した“駅前”シリーズ第二四作目。撮影は「君に幸福を センチメンタル・ボーイ」の岡崎宏三。

監督
杉江敏男
出演キャスト
森繁久彌 松山英太郎 フランキー堺 左卜全
1968年

喜劇 大安旅行

  • 1968年12月28日公開
  • 出演(並木甚吉 役)

「夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース」の舟橋和郎がシナリオを執筆し、「喜劇 “夫”売ります!!」の瀬川昌治がメガホンをとった旅行喜劇。撮影は「吹けば飛ぶよな男だが」の高羽哲夫が担当した。

監督
瀬川昌治
出演キャスト
フランキー堺 伴淳三郎 新珠三千代 笠置シヅ子

コント55号と水前寺清子の神様の恋人

  • 1968年12月28日公開
  • 出演(鶴田亀吉 役)

「白昼堂々」を共同執筆した吉田剛と野村芳太郎に山根優一郎が加ってシナリオを執筆し、同じく野村芳太郎が監督したコメディ。撮影は同作品を担当した川又昂。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
萩本欽一 坂上二郎 悠木千帆 伴淳三郎

夜の歌謡シリーズ 伊勢佐木町ブルース

  • 1968年12月7日公開
  • 出演(大倉 役)

「尼くずれ」の舟橋和郎がシナリオを執筆し、「(秘)トルコ風呂」の村山新治が監督した夜の歌謡シリーズ第四作。撮影は「荒野の渡世人」の星島一郎が担当した。

監督
村山新治
出演キャスト
梅宮辰夫 宮園純子 伴淳三郎 吉田輝雄

女賭博師奥ノ院開帳

  • 1968年11月16日公開
  • 出演(疾風の辰 役)

「縄張はもらった」の石松愛弘が脚本を執筆し、「フリーセックス 十代の青い性」の井上芳夫が監督した女賭博師シリーズ第十作。撮影は「女賭博師尼寺開帳」の中川芳久が担当した。

監督
井上芳夫
出演キャスト
江波杏子 伴淳三郎 八代順子 見明凡太朗
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 伴淳三郎