映画-Movie Walker > 人物を探す > 河崎義祐

年代別 映画作品( 1971年 ~ 1985年 まで合計18映画作品)

1985年

クララ白書 少女隊PHOON

  • 1985年2月9日(土)公開
  • 監督、脚本

寄宿舎で過ごす三人の少女の学園生活を描く。氷室冴子原作の『クララ白書』『アグネス白書』の映画化で、脚本は鹿水晶子と、この作品で監督も手がけている「プルメリアの伝説 天国のキッス」の河崎義祐の共同執筆。撮影は同作の古山正がそれぞれ担当。

監督
河崎義祐
出演キャスト
安原麗子 市川三恵子 藍田美豊 大村波彦
1983年

プルメリアの伝説 天国のキッス

  • 1983年7月2日(土)公開
  • 監督、脚本

ハワイの日系二世の女子大生と、ウインドサーフィンに青春を賭ける青年との出逢いと別離を描くラブ・ロマンス、原案は中岡京平、脚本は中岡京平と「グッドラックLOVE」の田波靖男と安斉あゆ子、本作品で監督も兼ねている「ウィーン物語 ジェミニ・YとS」河崎義祐、撮影は古山正がそれぞれ担当。主題歌は、松田聖子(「天国のキッス」)。

監督
河崎義祐
出演キャスト
松田聖子 中井貴一 小野みゆき 山下真司
1982年

ウィーン物語 ジェミニ・YとS

  • 1982年12月18日(土)公開
  • 監督、脚本

ウィーンの都を舞台に宿命の星の下に生まれた双子の兄と弟の謎を描く。脚本は高橋玄洋と藤公之介と「グッドラックLOVE」の河崎義祐の共同執筆、監督も河崎義祐、撮影も同作の上田正治がそれぞれ担当。

監督
河崎義祐
出演キャスト
田原俊彦 野村義男 近藤真彦 山村聡
1981年

グッドラックLOVE

  • 1981年12月20日(日)公開
  • 監督

年上の女性との哀しい純愛、自分を捨てた父親との再会の中で悩み成長していく青年の姿を描く。脚本は「ブルージーンズメモリー」の田波靖男と同作の安西あゆ子の共同執筆、監督も同作の河崎義祐、撮影は「帰ってきた若大将」の上田正治がそれぞれ担当。

監督
河崎義祐
出演キャスト
田原俊彦 近藤真彦 野村義男 真野響子

ブルージーンズメモリー

  • 1981年7月11日(土)公開
  • 監督

横浜の港を舞台に、三人の若者の友情を描く。今、人気の頂点にあるたのさんトリオが出演する第二作日。脚本は「青春グラフィティ スニーカーぶるーす」の田波靖男と同作の安斉あゆ子の共同執筆、監督も同作の河崎義祐、撮影は「裸の大将放浪記」の原一民がそれぞれ担当。

監督
河崎義祐
出演キャスト
近藤真彦 野村義男 田原俊彦 小松政夫

青春グラフィティ スニーカーぶるーす

  • 1981年2月11日(水)公開
  • 監督

話題のアイドル近藤真彦、野村義男、田原俊彦の“たのきんトリオ”が出演する、硬い友情で結ばれた定時制高校に通う三人の若者の姿を描く。脚本は「帰ってきた若大将」の田波靖男と安斉あゆ子の共同執筆、監督は「炎の舞」の河崎義祐、撮影は「惑星大戦争 THE WAR IN SPACE」の逢沢譲がそれぞれ担当。

監督
河崎義祐
出演キャスト
近藤真彦 野村義男 田原俊彦 岡田奈々
1978年

炎の舞

  • 1978年12月16日(土)公開
  • 監督

百恵・友和のコンビによる文芸シリーズ第九作目の今回は、太平洋戦争を背景に、狂おしいまでの激しい愛に生き、そして殉じた女と男を描く。原作は加茂菖子の「執炎」で、一九六四年に日活で蔵原惟繕監督、浅丘ルリ子、伊丹一三主演で映画化されている。今作品は、脚本は「不毛地帯」の山田信夫と渋谷正行の共同執筆、監督は「残照」の河崎義祐、撮影は「果てしなき絶頂」の萩原憲治がそれぞれ担当している。

監督
河崎義祐
出演キャスト
山口百恵 三浦友和 細川俊夫 木暮実千代

残照

  • 1978年4月29日(土)公開
  • 監督、製作

大宅歩著『詩と反逆と死』、『ある永遠の序奏』を素材として、しのびよる死の幻影と闘いながら、限りある日々を必死に生きようとした青春を描く。脚本は「四年三組のはた」の勝目貴久と「夏の栄光」で城戸賞を受賞した中岡京平の共同執筆、監督は「若い人(1977)」の河崎義祐、撮影は「告訴せず」の福沢康道がそれぞれ担当。

監督
河崎義祐
出演キャスト
三浦友和 小林桂樹 司葉子 五十嵐めぐみ
1977年

若い人(1977)

  • 1977年4月29日(金)公開
  • 監督

過去に三度映画化された石坂洋次郎原作の同名小説の映画化。新任教師と女学生の恋を描く。脚本は「裸足のブルージン」の長野洋、監督は「あいつと私(1976)」の河崎義祐、撮影も同作の逢沢譲のそれぞれが担当。

監督
河崎義祐
出演キャスト
桜田淳子 小野寺昭 三林京子 左幸子
1976年

あいつと私(1976)

  • 1976年4月24日(土)公開
  • 監督

それぞれ環境の異った家庭で育った男女が、色々な問題を乗り越え親密になっていく姿を描く青春映画。原作は石坂洋次郎の同名小説の二回目の映画化。脚本は「(秘)セックス恐怖症」の池田一朗、監督は「挽歌(1976)」の河崎義祐、撮影は「どてらい男」の逢沢譲がそれぞれ担当。

監督
河崎義祐
出演キャスト
三浦友和 有島一郎 高峰三枝子 檀ふみ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 河崎義祐