映画-Movie Walker > 人物を探す > 光石研

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2018年 まで合計201映画作品)

2018年

羊と鋼の森

2016年の第13回本屋大賞に輝くなど、数々の賞を受賞した宮下奈都の同名小説を、山崎賢人主演で映画化した青春ストーリー。将来の夢をもっていなかった一人の少年が、高校で出会ったピアノ調律師に感銘を受けて、調律の世界に足を踏み入れ、ピアノに関わる人々と出会い、成長していく。上白石萌音と上白石萌歌が姉妹役で映画初共演する。

監督
橋本光二郎
出演キャスト
山崎賢人 三浦友和 上白石萌音 上白石萌歌

友罪

第35回吉川英治文学新人賞に輝いた薬丸岳のベストセラー小説を、生田斗真&瑛太の主演で映画化したサスペンス。町工場で共に働き、少しずつ友情を育んできた2人の男が、近所で起きた児童殺人事件を機にそれぞれが起こした17年前の事件と向き合うさまがつづられる。監督は『64-ロクヨン-』など重厚な人間ドラマを得意とする瀬々敬久。

監督
瀬々敬久
出演キャスト
生田斗真 瑛太 佐藤浩市 夏帆

モリのいる場所

「祈りの幕が下りる時」の山崎努と「あん」の樹木希林が洋画家・熊谷守一夫妻を演じるヒューマンドラマ。守一の自宅の庭には様々な動植物が生きている。守一は30年以上、それらをじっと眺めるのを日課にしていた。守一の家には毎日のように人が訪ねてくる。監督・脚本は、「モヒカン故郷に帰る」の沖田修一。出演は、「3月のライオン」前・後編の加瀬亮、「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE『悪魔』」の吉村界人。

監督
沖田修一
出演キャスト
山﨑努 樹木希林 加瀬亮 吉村界人

悪と仮面のルール

  • 2018年1月13日(土)公開
  • 出演(探偵・榊原 役)

愛する人を守るため、悪事を重ねる男の葛藤を描いた、芥川賞作家・中村文則による同名小説を映画化したクライム・サスペンス。顔を変え、まったくの別人になりすましてまでも愛する人のために自らを捧げる男を玉木宏がクールに演じる。ロックバンド、UVERworldの長編ドキュメンタリーやPV、CMなどを手がけてきた中村哲平が監督を務める。

監督
中村哲平
出演キャスト
玉木宏 新木優子 吉沢亮 中村達也
2017年

南瓜とマヨネーズ

  • 2017年11月11日(土)公開
  • 出演(安原 役)

揺れる心情を繊細に描写した魚喃キリコの代表的恋愛コミックを「ローリング」の冨永昌敬が映画化。ミュージシャン志望のせいいちとの生活を支えるため、キャバクラで働くツチダ。忘れられない元恋人ハギオと再会し、過去にすがるように彼にのめり込んでいく。2つの恋に揺れるツチダを「愚行録」の臼田あさ美が、スランプに陥り働かないせいいちを「走れ、絶望に追いつかれない速さで」の太賀が、ツチダが引きずる元恋人ハギオを「オーバー・フェンス」のオダギリジョーが演じる。また、冨永昌敬監督作「乱暴と待機」の主題歌にも参加したやくしまるえつこが音楽監修を手がける。

監督
冨永昌敬
出演キャスト
臼田あさ美 太賀 浅香航大 若葉竜也

おじいちゃん、死んじゃったって。

  • 2017年11月4日(土)公開
  • 出演(清二 役)

数々のヒットCMを手掛けてきた森ガキ侑大の長編映画監督デビュー作。ある夏の地方都市。吉子の祖父が亡くなり、父を始めとした家族が葬儀のために集まる。悲しむ間もなく、葬儀の準備を進めていた最中、それぞれの厄介な事情が明らかになるが……。主演は「太陽を掴め」の岸井ゆきの。共演は「22年目の告白-私が殺人犯です-」の岩松了、「ポエトリーエンジェル」の美保純、『ひよっこ』の岡山天音、「彼女の人生は間違いじゃない」の光石研。

監督
森ガキ侑大
出演キャスト
岸井ゆきの 岩松了 美保純 岡山天音

アウトレイジ 最終章

  • 2017年10月7日(土)公開
  • 出演(五味 役)

裏社会の男たちが繰り広げる血で血を洗う激しい抗争の行方を描いた、北野武監督によるバイオレンスアクションのシリーズ第3作。血気盛んな男たちの戦いは日本国内だけでなく、韓国にも飛び火し、国際的な抗争劇へと発展する。西田敏行、白竜、名高達男といったおなじみの面々に加え、大森南朋、ピエール瀧らが新たに参戦。

監督
北野武
出演キャスト
ビートたけし 西田敏行 大森南朋 ピエール瀧

散歩する侵略者

  • 2017年9月9日(土)公開
  • 出演(鈴木社長 役)

黒沢清監督が、劇団イキウメの人気舞台を映画化したミステリアスなドラマ。とある町を襲った異変によって、“侵略者”に乗っ取られ、まったくの別人になってしまった夫に困惑する女性や、事件の真相を追うジャーナリストらの姿が描かれる。ヒロインの鳴海を長澤まさみ、その夫を松田龍平、ジャーナリストの桜井を長谷川博己が演じる。

監督
黒沢清
出演キャスト
長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里

彼女の人生は間違いじゃない

  • 2017年7月15日(土)公開
  • 出演

廣木隆一監督が処女小説を自ら映画化した人間ドラマ。福島で父親と仮説住宅で暮らし、週末だけ東京でデリヘル嬢をするヒロインが、福島と東京を行き来する生活のなかで、光を見出そうとする姿を描く。『日本で一番悪い奴ら』などでも激しい濡れ場に挑戦した瀧内公美がヒロインのみゆきを、廣木監督作の常連である高良健吾らが脇を固める。

監督
廣木隆一
出演キャスト
瀧内公美 高良健吾 光石研 柄本時生
2016年

14の夜

  • 2016年12月24日(土)公開
  • 出演(忠雄 役)

「百円の恋」の脚本家・足立紳の監督デビュー作。1987年の田舎町。悶々とした日々を送る中学生のタカシは、隣に住む幼馴染みで巨乳のメグミのことが気になっている。そんななか、町のレンタルビデオ屋でAV女優がサイン会を開催するという噂が聞こえてきて……。出演は、新人の犬飼直紀、「団地」の濱田マリ、「二重生活」の門脇麦、「起終点駅 ターミナル」の和田正人、女性アイドルグループSUPER☆GiRLSの浅川梨奈、「俺物語!!」の健太郎、「お盆の弟」の光石研。音楽を「百円の恋」の海田庄吾、撮影を「お盆の弟」の猪本雅三が担当する。第29回東京国際映画祭「日本映画スプラッシュ」部門公式出品作品。

監督
足立紳
出演キャスト
犬飼直紀 濱田マリ 門脇麦 和田正人

関連ニュース

菅田将暉、青山真治監督の現場は「突き詰めていくと快感だった」
菅田将暉、青山真治監督の現場は「突き詰めていくと快感だった」(2013年9月4日)

『仮面ライダーW』の菅田将暉から、『共喰い』の菅田将暉へ。菅田が「転機となりました」と公言した主演映画『共喰い』が、9月7日(土)から公開される。田中慎弥の第1…

菅田将暉&青山真治監督が『共喰い』の果敢な性描写の舞台裏を激白
菅田将暉&青山真治監督が『共喰い』の果敢な性描写の舞台裏を激白(2013年9月4日)

第66回ロカルノ国際映画祭で「YOUTH JURY AWARD最優秀作品賞」と「ボッカリーノ賞最優秀監督賞」をダブル受賞した『共喰い』(9月7日公開)。原作は、…

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 光石研

ムービーウォーカー 上へ戻る