映画-Movie Walker > 人物を探す > 渥美清

年代別 映画作品( 1958年 ~ 2019年 まで合計126映画作品)

2019年

男はつらいよ お帰り 寅さん

  • 2019年12月27日(金)公開予定
  • 出演

寅次郎の甥・満男と、満男がかつて思いを寄せたイズミのその後を描くシリーズ第50作

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 前田吟 吉岡秀隆
2005年

砂の器(デジタルリマスター)

  • 2005年6月18日(土)公開
  • 出演(ひかり座・支配人 役)

2005年4月に急逝した名匠・野村芳太郎監督の代表作をリバイバル上映。2人の刑事が追う殺人事件の真相と、そこに秘められた天才音楽家の衝撃的な半生を叙情的に描出。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
丹波哲郎 森田健作 加藤剛 加藤嘉
1997年

男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花 特別篇

  • 1997年11月22日(土)公開
  • 出演(車寅次郎 役)

渥美清の死去により終了した「男はつらいよ」シリーズ全48作の中から、シリーズの大半を演出した山田洋次が特に好きな一編という第25作「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」を、コンピュータ・グラフィックの導入、ドルビー・ステレオ・システムで録音し直すなど、最新技術を駆使してリニューアルさせた特別篇。冒頭部分には、寅次郎の甥の満男にふんする吉岡秀隆の登場シーンを新たに追加して、満男が寅さんの想い出を回想するという形に仕上げている。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 浅丘ルリ子 倍賞千恵子 吉岡秀隆
1995年

男はつらいよ 寅次郎紅の花

  • 1995年12月23日(土)公開
  • 歌、出演(車寅次郎 役)

松竹のお正月の顔“寅さん”の活躍を描くシリーズ第48作は、奄美大島を舞台にした物語。監督は「男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様」の山田洋次。脚本は山田と朝間義隆の共同。撮影は「時の輝き」の長沼六男で、先頃永眠した高羽哲夫の名も撮影監督としてクレジットされている。マドンナは、本シリーズには「男はつらいよ 寅次郎ハイビスカスの花」以来15年ぶりに登場の浅丘ルリ子で、今回で4回目となる当たり役・リリーを演じている。出演は倍賞千恵子、吉岡秀隆らおなじみのメンバーのほかに、「キャンプで逢いましょう」の後藤久美子が泉役で3年ぶり5度目の登場を果たした。翌年49作目の撮影を前に渥美清が死去したことにより、今作がシリーズ最終作となった。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 浅丘ルリ子 吉岡秀隆
1994年

男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様

  • 1994年12月23日(金)公開
  • 出演(車寅次郎 役)

滋賀県長浜を舞台に、寅と甥の満男、2人の恋を描くシリーズ第47作。監督は前作「男はつらいよ 寅次郎の縁談」以来1年ぶりとなる山田洋次、脚本は山田と朝間義隆の共同、撮影監督は高羽哲夫、撮影は池谷秀行が担当。マドンナ役はかたせ梨乃、牧瀬里穂、小林幸子の3人で、いずれも初出演となる。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 かたせ梨乃 小林幸子
1993年

男はつらいよ 寅次郎の縁談

  • 1993年12月25日(土)公開
  • 出演(車寅次郎 役)

「男はつらいよ」シリーズ四十六作目。香川県の瀬戸内海を舞台に、おなじみの寅さんが真剣に結婚を考える。マドンナは二十七作目「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」で共演した松坂慶子。その父親役には新国劇の大御所・島田正吾、御前様の娘役には一作目のマドンナ光本幸子が配された。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 吉岡秀隆 下絛正巳

学校(1993)

  • 1993年11月6日(土)公開
  • 出演(八百屋の親父 役)

東京・下町にある夜間中学校を舞台に、様々な境遇を持つ生徒たちと先生との交流を描くドラマ。監督・脚本は「男はつらいよ 寅次郎の青春」の山田洋次で、彼の十五年来暖めていた企画の映画化。脚本は山田と「スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち」の朝間義隆の共同。撮影は「男はつらいよ 寅次郎の青春」の高羽哲夫と「夢の女」の長沼六男の共同。キネマ旬報ベストテン第六位。

監督
山田洋次
出演キャスト
西田敏行 竹下景子 萩原聖人 中江有里
1992年

男はつらいよ 寅次郎の青春

  • 1992年12月26日(土)公開
  • 出演(車寅次郎 役)

宮崎を舞台に、寅次郎と甥の満男のそれぞれの恋の行方を描く「男はつらいよ」シリーズ第45作。スタッフ、キャストは前作「男はつらいよ 寅次郎の告白」とほぼ同じメンバーで、監督・原作・脚本は山田洋次、共同脚本は朝間義隆、撮影は高羽哲夫と花田三史が担当。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 風吹ジュン 永瀬正敏
1991年

男はつらいよ 寅次郎の告白

  • 1991年12月23日(月)公開
  • 出演(車寅次郎 役)

甥っこの恋の手ほどきに奮闘する寅さんの奮闘を描くシリーズ第44作。原作・脚本・監督は「息子(1991)」の山田洋次。共同脚本は同作の朝間義隆。撮影は同作の高羽哲夫と「おあずけ」の花田三史が共同でそれぞれ担当。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 後藤久美子 吉岡秀隆
1990年

男はつらいよ 寅次郎の休日

  • 1990年12月22日(土)公開
  • 主題歌、出演(車寅次郎 役)

甥の初恋のために再び奮闘するフーテンの寅次郎の姿を描くシリーズ第43作。原作・脚本・監督は山田洋次。共同脚本は朝間義隆。撮影は高羽哲夫と、前作「男はつらいよ ぼくの伯父さん」と同じスタッフがそれぞれ担当。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 後藤久美子 吉岡秀隆

関連ニュース

殺伐とした時代だからこそ永遠の愛されキャラ・寅さんに癒されたい
殺伐とした時代だからこそ永遠の愛されキャラ・寅さんに癒されたい(2011年1月23日)

「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です」の、あまりにも有名な口上で知られる人情ドラマ『男はつらいよ』。渥美清演じる主人公の“寅さん”こと車寅次郎が毎回、様々な騒…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 渥美清