TOP > 人物を探す > 佐生哲雄

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2007年 まで合計19映画作品)

2007年

やじきた道中 てれすこ

  • 2007年11月10日(土)
  • プロデューサー

古典落語の「てれすこ」などを下敷きに、弥次・喜多が珍道中を繰り広げる人情喜劇。歌舞伎の中村勘三郎が弥次、柄本明が喜多に扮し、小泉今日子演じる花魁と東海道を旅する。

監督
平山秀幸
出演キャスト
十八代目中村勘三郎 柄本明 小泉今日子 ラサール石井
2002年

カタクリ家の幸福

  • 2002年2月23日(土)
  • プロデューサー

「殺し屋1」の鬼才・三池崇史監督が、韓国製ブラック・コメディをリメイク。死人が続出するペンションの騒動を、歌と踊り満載で描く異色のホラー・ミュージカルだ。

監督
三池崇史
出演キャスト
沢田研二 松坂慶子 西田尚美 武田真治
2001年

本日またまた休診なり

  • 2001年2月17日(土)
  • 企画協力

 山城新伍監督・主演のハートフルな人間ドラマ。戦後の京都を舞台に、人気者の町医者を父親にもつ少年の成長ドラマをほのぼのと描く。

監督
山城新伍
出演キャスト
山城新伍 松坂慶子 尾上寛之 久野雅弘
1998年

花のお江戸の釣りバカ日誌

  • 1998年12月23日(水)
  • プロデューサー

おなじみハマちゃんとスーさんのコンビが繰り広げる人情喜劇シリーズの第12弾となる、時代劇作品。監督は「釣りバカ日誌10」の栗山富夫。脚本は「学校III」の山田洋次と朝間義隆、撮影は藤原三郎。主演は「釣りバカ日誌10」の西田敏行と三國連太郎、「SADA」の黒木瞳。

監督
栗山富夫
出演キャスト
西田敏行 酒井法子 山田純大 三國連太郎
1996年

サラリーマン専科 単身赴任

  • 1996年12月28日(土)
  • 製作

単身赴任となったサラリーマンが、隣人の美女の巻き起こす騒動にあたふたと対していく様を描いたコメディ。『週刊現代』連載の漫画を原作とするシリーズ第2弾で、監督は前作と同じ朝原雄三が担当。脚本は山田洋次、朝原、鈴木敏夫の共同。主演も前作と同じ三宅裕司がつとめ、「八つ墓村(1996)」の萬田久子がヒロインにふんしている。「虹をつかむ男」の併映作品。

監督
朝原雄三
出演キャスト
三宅裕司 萬田久子 田中好子 藤岡琢也

さすらいのトラブルバスター

  • 1996年8月10日(土)
  • 製作総指揮

テレビ局の裏側で起こる揉めごとの処理係となった元テレビディレクターの奮闘を描くコメディ活劇。監督は「岸和田少年愚連隊」の井筒和幸。景山民夫の小説『トラブルバスター』を井筒と「ゴト師株式会社スペシャル」の西岡琢也が共同脚色した。撮影も「岸和田少年愚連隊」の浜田毅。主演は「ウルトラマンゼアス」の鹿賀丈史。「釣りバカ日誌8」の併映作品。

監督
井筒和幸
出演キャスト
鹿賀丈史 村田雄浩 小林恵 山城新伍

陽炎2

  • 1996年2月10日(土)
  • 企画

女胴師と彼女の姉貴分の確執を中心に、ヤクザの抗争を描いた娯楽時代劇。故・五社英雄監督が「陽炎」で創りあげた主人公はそのままに、前作とは違った内容で展開する。監督・脚本は「帝都物語外伝」の橋本以蔵。撮影も「帝都物語外伝」の藤石修が担当している。主演は「集団左遷」の高島礼子。敵役の女博徒に小柳ルミ子がふんしている。

監督
橋本以蔵
出演キャスト
高島礼子 小柳ルミ子 田村英里子 原田芳雄
1995年

サラリーマン専科

  • 1995年12月23日(土)
  • 製作

平凡なサラリーマンの男が、同居する自由人の弟のために波乱に富んだ体験をさせられる様を描いたコメディ。監督は「時の輝き」の朝原雄三。原作は 『週刊現代』に連載中の東海林さだおの同名漫画で、これを山田洋次、朝原雄三、梶浦政男が共同脚色している。主演は「哭きの竜」の三宅裕司。

監督
朝原雄三
出演キャスト
三宅裕司 加勢大周 西村晃 田中好子

鬼平犯科帳

  • 1995年11月18日(土)
  • プロデューサー

小説・テレビ・舞台でと、幅広くその人気を誇る鬼平こと長谷川平蔵の活躍を描いたチャンバラ時代劇。監督は同テレビシリーズの監督もつとめている小野田嘉幹。原作は池波正太郎の同名ベストセラー。主演はテレビシリーズでもおなじみの中村吉右衛門。松竹創業100周年記念作品。

監督
小野田嘉幹
出演キャスト
中村歌昇 二代目中村吉右衛門 岩下志麻 藤田まこと
1994年

忠臣蔵外伝 四谷怪談

  • 1994年10月22日(土)
  • プロデューサー

鶴屋南北原作の怪談「東海道四谷怪談」を、原点に帰って忠臣蔵の物語と融合させ、元赤穂藩侍の民谷伊右衛門と湯女・お岩との恋愛劇の中に四十七士の吉良邸討ち入りのドラマを織り込んだ時代劇。監督は「いつかギラギラする日」の深作欣二。脚本は深作と古求の共同、撮影は石原興が担当。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第2位、同読者選出日本映画ベストテン第2位。

監督
深作欣二
出演キャスト
佐藤浩市 高岡早紀 荻野目慶子 石橋蓮司

佐生哲雄の関連人物

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/9更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 佐生哲雄