映画-Movie Walker > 人物を探す > 日向明子

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2002年 まで合計22映画作品)

2002年

森の学校

  • 2002年7月20日(土)公開
  • 出演(前田絹江 役)

自然豊かな昭和10年代の丹波篠山を舞台に、少年の成長を描く感動作。わんぱくざかりの少年と、彼をとりまく仲間たちや家族との絆を、ノスタルジックに描き出す。

監督
西垣吉春
出演キャスト
三浦春馬 神崎愛 篠田三郎 小峰玲奈
1998年

絆 きずな

  • 1998年6月6日(土)公開
  • 出演(佐恵子 役)

様々な絆で結ばれた愛する者たちの為に、忌まわしい過去を封印しようとする男の姿を描いたドラマ。監督は「乳房」の根岸吉太郎。白川道の「海は涸いていた」を基に、「身も心も」の荒井晴彦が脚色。撮影を「眠る男」の丸池納が担当している。主演は「CURE/キュア」の役所広司。キネマ旬報日本映画ベスト・テン第10位

監督
根岸吉太郎
出演キャスト
役所広司 渡辺謙 麻生祐未 中村嘉葎雄
1990年

女帝 春日局

  • 1990年1月20日(土)公開
  • 出演(竜田野 役)

徳川三百年の歴史の中一代で『女帝』の名を裕しいままにした、本名おふくこと春日局の謎につつまれた半生を描く。原作・脚本は「極道の妻たち 三代目姐」の高田宏治が執筆、監督は「瀬降り物語」の中島貞夫、撮影は「あ・うん」の木村大作がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
十朱幸代 名取裕子 鳥越マリ 草笛光子
1987年

美味しい女たち

  • 1987年8月29日(土)公開
  • 出演(漆原郁代 役)

交通事故で恋人を失くしてしまったクラブ歌手が、その恋人の兄との愛に目覚めるまでを描く。脚本は桂千穂、監督は「花と蛇 -白衣縄奴隷-」の西村昭五郎、撮影は「次郎物語(1987)」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
雨野夕紀 南エミ 日向明子 佐々木勝彦
1985年

女豹

  • 1985年12月27日(金)公開
  • 出演(入鹿貴子 役)

マザーコンプレックスの画家とその妹への肉欲をめぐって起こる連続殺人を描くミステリー。脚本は「俗物図鑑」の内藤誠と後藤大輔の共同執筆。監督は「制服百合族 悪い遊び」の小原宏裕、撮影は「オフィス・ラブ 真昼の禁猟区」の杉本一海がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
田中こずえ 日向明子 佐藤幸彦 河西健司
1983年

女帝(1983)

  • 1983年4月29日(金)公開
  • 出演(小泉 役)

一流デパートの社長の座にのし上った男を踏み台に、会社に“女帝”として君臨した女の、挫折するまでの半生を描く。脚本は「襲われる女教師」の桂千穂と「宇能鴻一郎の姉妹理容室」の内藤誠、監督は「ダンプ渡り鳥」の関本郁夫、撮影は「ピンクカット 太く愛して深く愛して」の鈴木耕一がそれぞれ担当。主題歌は、石原圭子(「椿の館」)。

監督
関本郁夫
出演キャスト
黛ジュン 大木実 新藤恵美 林亜里沙

悪女かまきり

  • 1983年4月8日(金)公開
  • 出演(真沙子の母親 役)

次々と男たちに恐るべき罠を仕掛けて破滅させていく悪女を描く。脚本は「幻魔大戦」の内藤誠と本作品が監督第一回目となる梶間俊一の共同執筆。撮影は奥村正祐が各々担当。

監督
梶間俊一
出演キャスト
五月みどり 豊田真子 岡田英次 長門勇
1982年

青春の門 自立篇(1982)

  • 1982年1月23日(土)公開
  • 出演(GIのオンリー 役)

五木寛之のロングセラー小説の映画化で、前作「青春の門(1981)」に続き、主人公・伊吹信介の上京後の苦悩にみちた青春とその周辺の人々の生き方を描く。脚本は「復活の日」の高田宏治、監督は「青春の門(1981)」の蔵原惟繕、撮影も同作の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
蔵原惟繕
出演キャスト
桃井かおり 佐藤浩市 杉田かおる 風間杜夫
1980年

百恵の唇 愛獣

  • 1980年12月26日(金)公開
  • 出演(楠茉莉 役)

スター同志がし烈な戦いを展開する芸能界を舞台に、人気歌手のスキャンダルをあばく“トリックガール”の暗躍を描く。「日刊スポーツ紙」に連載されている響京介の原作を映画化したシリーズ第二弾。脚本は「団鬼六 薔薇地獄」の桂千穂、監督は「のけぞる女」の加藤彰、撮影は「快楽学園 禁じられた遊び」の米田実がそれぞれ担当。

監督
加藤彰
出演キャスト
日向明子 村川めぐみ 泉じゅん 早川由美

若妻官能クラブ 絶頂遊戯

  • 1980年6月21日(土)公開
  • 出演(小夜子 役)

過去の失敗にコリて、慎重に相手を選んで三度目の結婚をした男と新妻の浮気ゲームを軽妙なタッチで描く。四十一本の作品を監督した林功のプロデューサー転向第一回作品で、脚本は「泉大八の女子大生の金曜日」の那須真知子、監督は「団地妻 肉欲の陶酔」の伊藤秀裕、撮影は「ズームイン 暴行団地」森勝がそれぞれ担当。

監督
伊藤秀裕
出演キャスト
日向明子 鶴岡修 林理恵 宇南山宏
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 日向明子