映画-Movie Walker > 人物を探す > 樹木希林

年代別 映画作品( 1966年 ~ 2018年 まで合計119映画作品)

2018年

日日是好日

  • 2018年10月13日(土)公開予定
  • 出演

森下典子の人気エッセイを「光」の大森立嗣監督が、黒木華主演で映画化。20歳の大学生・典子は、突然母親から茶道を勧められる。戸惑いながらも従姉妹の美智子と共に、タダモノではないとうわさの茶道教室の先生・武田のおばさんの指導を受けることになるが……。共演は「万引き家族」の樹木希林、「あやしい彼女」の多部未華子、「海を駆ける」の鶴田真由、「ばぁちゃんロード」の鶴見辰吾。撮影を「リバーズ・エッジ」の槇憲治、音楽を「羊と鋼の森」の世武裕子が務める。

監督
大森立嗣
出演キャスト
黒木華 樹木希林 多部未華子

万引き家族

第71回カンヌ国際映画祭で最高賞パルムドールに輝いた、是枝裕和監督による人間ドラマ。祖母の年金を頼りに、足りないものを万引きで賄っている一家が、ひとりの少女を迎え入れたのを機にバラバラになっていくさまがつづられる。一家の主をリリー・フランキー、その妻を安藤サクラが演じるなど、個性派たちの熱演が物語をより一層味わい深いものにしている。

監督
是枝裕和
出演キャスト
リリー・フランキー 安藤サクラ 松岡茉優 池松壮亮

モリのいる場所

「祈りの幕が下りる時」の山崎努と「あん」の樹木希林が洋画家・熊谷守一夫妻を演じるヒューマンドラマ。守一の自宅の庭には様々な動植物が生きている。守一は30年以上、それらをじっと眺めるのを日課にしていた。守一の家には毎日のように人が訪ねてくる。監督・脚本は、「モヒカン故郷に帰る」の沖田修一。出演は、「3月のライオン」前・後編の加瀬亮、「谷崎潤一郎原案/TANIZAKI TRIBUTE『悪魔』」の吉村界人。

監督
沖田修一
出演キャスト
山﨑努 樹木希林 加瀬亮 吉村界人
2017年

人生フルーツ

東海テレビが製作したドキュメンタリーシリーズ第10弾。敗戦をきっかけに戦後復興のために日本住宅公団に入社し、高度経済成長期を通じて数々の都市計画に関わってきた90歳の建築家・津端修一と87歳の妻・英子の信念ある丁寧な暮らしぶりを追う。ナレーションを務めるのは、「海よりもまだ深く」の樹木希林。監督は「神宮希林 わたしの神様」の伏原健之。2017年第91回キネマ旬報ベスト・テン文化映画1位。

監督
伏原健之
出演キャスト
津端修一 津端英子
2016年

海よりもまだ深く

  • 2016年5月21日(土)公開
  • 出演

是枝裕和監督が、ダメな中年男とその元妻と息子という不器用な家族の姿を描く家族ドラマ。台風でひさびさに一夜を一緒に過ごす事になった家族の思いを映しだす。叶わぬ夢を追い続ける主人公を阿部寛、その元妻を真木よう子が演じるほか、母親役の樹木希林や小林聡美、リリー・フランキーなど実力派たちが物語を彩る。

監督
是枝裕和
出演キャスト
阿部寛 真木よう子 小林聡美 リリー・フランキー
2015年

海街diary

  • 2015年6月13日(土)公開
  • 出演(菊池史代 役)

海の見える街で暮らす個性的な4姉妹と周囲の人々との交流を描いた吉田秋生の同名コミックを『そして父になる』の是枝裕和監督が映画化した人間ドラマ。綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずという日本映画界を代表する女優たちが4姉妹に扮する。3人の母親役の大竹しのぶをはじめ、堤真一、加瀬亮ら豪華キャストが集結。

監督
是枝裕和
出演キャスト
綾瀬はるか 長澤まさみ 夏帆 広瀬すず

あん

「萌の朱雀」でカンヌ国際映画祭カメラドール(新人監督賞)を、「殯の森」では同グランプリを獲得した河瀬直美監督が、作家やパフォーマーとして活躍するドリアン助川が人はなぜ生きるのかという根源的な問いに迫った同名小説を映画化。小さなどら焼き屋で粒あん作りを任された元ハンセン病患者の女性の姿を、四季の情景を織り交ぜながら描く。偏見にさらされ続けても精一杯生きようとする女性を「わが母の記」で第36回日本アカデミー賞最優秀主演女優賞を受賞した樹木希林が、人生につまずいた雇われ店長を「KANO 1931海の向こうの甲子園」の永瀬正敏が、女性の良き理解者を「黒い雨」の市原悦子が演じる。

監督
河瀨直美
出演キャスト
樹木希林 永瀬正敏 市原悦子 内田伽羅

駆込み女と駆出し男

  • 2015年5月16日(土)公開
  • 出演(源兵衛 役)

井上ひさしの時代小説を原案にした、江戸時代の離婚事情をつづる、大泉洋主演のコミカルな時代劇。幕府公認の駆込み寺・東慶寺にある御用宿で離婚を懇願する女たちから聞き取り調査を行う男たちと、さまざまな事情を抱えた女たちとのユニークなやりとりが描かれる。戸田恵梨香や満島ひかりが“駆込み女”を演じる。

監督
原田眞人
出演キャスト
大泉洋 戸田恵梨香 満島ひかり 内山理名
2014年

うまれる ずっと、いっしょ。

  • 2014年11月22日(土)公開
  • ナレーション

35万人以上を動員した2010年製作のドキュメンタリー「うまれる」の続編。血のつながりのない家族、愛する人に先立たれる家族、死と向き合う毎日を生きる家族の姿を通して、自分たちが生まれてきた意味や家族の絆、命の大切さ、幸せのあり方を考える。ナレーションは、「神宮希林 わたしの神様」の樹木希林。

監督
豪田トモ

神宮希林 わたしの神様

  • 2014年4月26日(土)公開
  • 出演

「わが母の記」の女優・樹木希林が、20年に一度の式年遷宮を行う伊勢神宮や、ゆかりの場所を訪ねる旅を追ったドキュメンタリー。東海テレビでドキュメンタリー番組『福祉番長!』などを手掛けた伏原健之がテレビ番組として監督し、劇場公開版として再編集した。音楽は、「銀の匙 Silver Spoon」の村井秀清。

監督
伏原健之
出演キャスト
樹木希林

関連ニュース

本木雅弘が竹原ピストルと樹木希林から得たものとは?
本木雅弘が竹原ピストルと樹木希林から得たものとは?(2016年10月6日)

『ゆれる』(06)、『ディア・ドクター』(09)、『夢売るふたり』(12)など、胸をえぐるような人間ドラマを生み出してきた西川美和監督。最新監督作『永い言い訳』…

河瀬直美監督が「用意スタート!」と言わない理由は?
河瀬直美監督が「用意スタート!」と言わない理由は?(2015年5月29日)

『萌の朱雀』で第50回カンヌ国際映画祭カメラ・ドール(新人監督賞)を史上最年少の27歳で受賞し、『殯の森』(07)で同映画祭の第60回グランプリに輝いた河瀬直美…

河瀬直美監督が語る、樹木希林の賢さと内田伽羅の魅力
河瀬直美監督が語る、樹木希林の賢さと内田伽羅の魅力(2015年5月28日)

第68回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門でオープニング上映された『あん』(5月30日公開)の河瀬直美監督にインタビュー。穏やかな関西弁が印象的な監督だが、あの樹…

大泉洋、樹木希林を「人間国宝の落語家のよう」と表現
大泉洋、樹木希林を「人間国宝の落語家のよう」と表現(2015年5月15日)

笑いと情緒にあふれた演技で、常に観客の心をわしづかみにしてきたエンターテイナーにして人気俳優の大泉洋。『わが母の記』(11)の原田眞人監督による時代劇『駆込み女…

最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 樹木希林

ムービーウォーカー 上へ戻る