映画-Movie Walker > 人物を探す > 加藤純平

年代別 映画作品( 1980年 ~ 2017年 まで合計6映画作品)

2017年

母 小林多喜二の母の物語

  • 2017年2月25日(土)公開
  • 出演

プロレタリア作家・小林多喜二の母・小林タキの半生を綴った三浦綾子の小説『母』の映画化。秋田県の貧しい小作農の娘・タキは、15歳で小林家に嫁いで三男三女を出産。次男の多喜二は小説家になったものの、危険思想の持ち主として国家権力に殺害され……。出演は「キャタピラー」の寺島しのぶ、「アウターマン」の塩谷瞬。監督は「山本慈昭 望郷の鐘 満豪開拓団の落日」の山田火砂子。

監督
山田火砂子
出演キャスト
寺島しのぶ 塩谷瞬 趣里 山口馬木也
2016年

土佐の一本釣り 久礼発 17歳の旅立ち

  • 2016年12月25日(日)公開
  • 出演

1980年にも映画化された青柳裕介のコミック『土佐の一本釣り』を、21世紀の現代に舞台を置き換えて再映画化。故郷の土佐に帰ってきた若者が、カツオ漁師として成長してゆく姿を、幼なじみの女性との恋を交えて描く。出演は「渇き。」の中島広稀。監督は「RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ」の蔵方政俊。

監督
蔵方政俊
出演キャスト
中島広稀 森永沙良 阿藤快 山田邦子
1994年

超能力者 未知への旅人

  • 1994年6月11日(土)公開
  • 出演(山路 役)

突然″気″の力を身につけた平凡なサラリーマンの数奇な運命を描く、超能力者タカツカヒカル氏の実話をベースにしたドラマ。監督は「私を抱いてそしてキスして」の佐藤純彌、脚本は早坂暁、撮影は「眠らない街・新宿鮫」の浜田毅が担当。主演のタカツカ役には三浦友和が扮するが、タカツカ本人も出演し、彼が気のパワーを込めたというラスト4分間のリラックス効果も話題となった。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
三浦友和 原田美枝子 長谷川初範 安永亜衣
1988年

龍飛岬

  • 1988年1月6日(水)公開
  • 出演(寺山 役)

生後間もない自分を捨て母を自殺へ追い込んだ父親に復讐の念を燃やす女性の人生を描く。木村元保原作の映画化で脚本は芹宮靖が執筆。監督はこれが第一作の中津川勲で、撮影は相原義晴がそれぞれ担当。

監督
中津川勲
出演キャスト
島崎恵 馬渕晴子 高岡健二 草野大悟
1983年

この子を残して

  • 1983年9月17日(土)公開
  • 出演(松田陽一 役)

長崎の原爆で妻を失くし、自らも被爆した医学博士が、自分の体験を後世に残すため書き綴る姿を描く。永井隆原作のノンフィクションの映画化で、脚本は山田太一と「父よ母よ!」の木下恵介の共同執筆。監督も木下恵介、撮影は「南十字星」の岡崎宏三がそれぞれ担当。

監督
木下恵介
出演キャスト
加藤剛 十朱幸代 中林正智 西嶋真未
1980年

土佐の一本釣り(1980)

  • 1980年12月27日(土)公開
  • 出演(純平 役)

中学を卒業すると、海に生きる漁師に憧れ、カツオ船に乗った若者と、二歳年上の恋人を中心に土佐の人々の生きる姿を描く。「ビッグコミック」に連載中の青柳裕介の人気漫画を映画化したもので、脚本は「神様のくれた赤ん坊」の前田陽一と松原信吾の共同執筆、監督も同作の前田陽一、撮影は「サッちゃんの四角い空」の長沼六男がそれぞれ担当。

監督
前田陽一
出演キャスト
田中好子 加藤純平 加藤武 樹木希林
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 加藤純平