映画-Movie Walker > 人物を探す > 金田正

年代別 映画作品( 1965年 ~ 2008年 まで合計137映画作品)

1994年

男はつらいよ 拝啓 車寅次郎様

  • 1994年12月23日(金)公開
  • スチール

滋賀県長浜を舞台に、寅と甥の満男、2人の恋を描くシリーズ第47作。監督は前作「男はつらいよ 寅次郎の縁談」以来1年ぶりとなる山田洋次、脚本は山田と朝間義隆の共同、撮影監督は高羽哲夫、撮影は池谷秀行が担当。マドンナ役はかたせ梨乃、牧瀬里穂、小林幸子の3人で、いずれも初出演となる。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 かたせ梨乃 小林幸子

忠臣蔵外伝 四谷怪談

  • 1994年10月22日(土)公開
  • スチール

鶴屋南北原作の怪談「東海道四谷怪談」を、原点に帰って忠臣蔵の物語と融合させ、元赤穂藩侍の民谷伊右衛門と湯女・お岩との恋愛劇の中に四十七士の吉良邸討ち入りのドラマを織り込んだ時代劇。監督は「いつかギラギラする日」の深作欣二。脚本は深作と古求の共同、撮影は石原興が担当。94年度キネマ旬報日本映画ベストテン第2位、同読者選出日本映画ベストテン第2位。

監督
深作欣二
出演キャスト
佐藤浩市 高岡早紀 荻野目慶子 石橋蓮司

雷電(1994)

  • 1994年5月28日(土)公開
  • スチール

常人よりも体内電流を多く発する特異体質を武器にして、パチスロに人生を賭ける男を描く異色のギャンブル・ドラマ。監督は「幕末純情伝」の薬師寺光幸。「パチンカーワールド」(白夜書房・刊)連載の同名漫画(作・北鏡太、画・一の瀬正)を原作に、脚本は「結婚(1993)」の[中井・鷲尾両家編]の桃井章、「凶銃ルガーP08」の伊藤秀裕、薬師寺光幸の共同。撮影は長沼六男が担当。主演は「王手」の赤井英和。

監督
薬師寺光幸
出演キャスト
赤井英和 水野美紀 香坂みゆき 高沢順子
1993年

男はつらいよ 寅次郎の縁談

  • 1993年12月25日(土)公開
  • スチール

「男はつらいよ」シリーズ四十六作目。香川県の瀬戸内海を舞台に、おなじみの寅さんが真剣に結婚を考える。マドンナは二十七作目「男はつらいよ 浪花の恋の寅次郎」で共演した松坂慶子。その父親役には新国劇の大御所・島田正吾、御前様の娘役には一作目のマドンナ光本幸子が配された。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 吉岡秀隆 下絛正巳

学校(1993)

  • 1993年11月6日(土)公開
  • スチール

東京・下町にある夜間中学校を舞台に、様々な境遇を持つ生徒たちと先生との交流を描くドラマ。監督・脚本は「男はつらいよ 寅次郎の青春」の山田洋次で、彼の十五年来暖めていた企画の映画化。脚本は山田と「スペインからの手紙 ベンポスタの子どもたち」の朝間義隆の共同。撮影は「男はつらいよ 寅次郎の青春」の高羽哲夫と「夢の女」の長沼六男の共同。キネマ旬報ベストテン第六位。

監督
山田洋次
出演キャスト
西田敏行 竹下景子 萩原聖人 中江有里

夢の女

  • 1993年5月29日(土)公開
  • スチール

侍の娘ながら、娼婦に身を落とした女・お浪の儚い半生を描く。永井荷風の同名の初期小説を久保田万太郎が新派のために脚色した舞台用の台本をもとにしてモノクロームの映画で描いた、松竹=セゾングループ提携作品。「外科室」の坂東玉三郎が、再び吉永小百合を主演にして描く監督第二作。

監督
坂東玉三郎
出演キャスト
吉永小百合 永島敏行 佐々木すみ江 片岡京子
1992年

男はつらいよ 寅次郎の青春

  • 1992年12月26日(土)公開
  • スチール

宮崎を舞台に、寅次郎と甥の満男のそれぞれの恋の行方を描く「男はつらいよ」シリーズ第45作。スタッフ、キャストは前作「男はつらいよ 寅次郎の告白」とほぼ同じメンバーで、監督・原作・脚本は山田洋次、共同脚本は朝間義隆、撮影は高羽哲夫と花田三史が担当。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 風吹ジュン 永瀬正敏

いつかギラギラする日

  • 1992年9月12日(土)公開
  • スチール

現金強奪後、仲間割れした男女の姿を追うピカレスク映画。脚本は「女がいちばん似合う職業」の丸山昇一、監督は「華の乱」の深作欣二、撮影は「病院へ行こう」の浜田毅がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
萩原健一 木村一八 荻野目慶子 多岐川裕美
1991年

男はつらいよ 寅次郎の告白

  • 1991年12月23日(月)公開
  • スチール

甥っこの恋の手ほどきに奮闘する寅さんの奮闘を描くシリーズ第44作。原作・脚本・監督は「息子(1991)」の山田洋次。共同脚本は同作の朝間義隆。撮影は同作の高羽哲夫と「おあずけ」の花田三史が共同でそれぞれ担当。

監督
山田洋次
出演キャスト
渥美清 倍賞千恵子 後藤久美子 吉岡秀隆

息子(1991)

  • 1991年10月12日(土)公開
  • スチール

田舎に住む父親と都会でフリーアルバイター生活を送る息子との対立と和解を通して、家族の真の幸福を描くドラマ。椎名誠原作『倉庫作業員』を基にした映画化で、脚本・監督は「男はつらいよ 寅次郎の休日」の山田洋次。共同脚本は同作の朝間義隆。撮影は同作の高羽哲夫がそれぞれ担当。主な出演者は「釣りバカ日誌3」の三國連太郎、「喪の仕事」の永瀬正敏など。

監督
山田洋次
出演キャスト
三國連太郎 永瀬正敏 和久井映見 原田美枝子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 金田正