映画-Movie Walker > 人物を探す > 西田敏行

年代別 映画作品( 1974年 ~ 2020年 まで合計94映画作品)

1984年

天国の駅

  • 1984年6月9日(土)公開
  • 出演(田川一雄 役)

二人の夫を殺し、戦後唯一人の女死刑囚として処刑された女の半生を描く。脚本は「空海」の早坂暁、監督は「パリの哀愁」の出目昌伸、撮影は「空海」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
出目昌伸
出演キャスト
吉永小百合 西田敏行 三浦友和 真行寺君枝

地平線(1984)

  • 1984年2月11日(土)公開
  • 出演(二世青年ヨシダ 役)

実家の倒産を救うため、二十歳で渡米結婚した女性を中心に、アメリカの大地に生き抜いた日本移民たちの姿を描く。「北斎漫画」の新藤兼人が、実姉をモデルに書き下した「祭りの声」をもとに、彼自身が脚本化、監督した。撮影も同作の丸山恵司がそれぞれ担当。

監督
新藤兼人
出演キャスト
乙羽信子 藤谷美和子 永島敏行 時任三郎
1982年

刑事物語

  • 1982年4月17日(土)公開
  • 出演(種井 役)

長髪に膝の抜けたズボン、一見刑事には見えないが実は蟷螂拳の名手という異色刑事と聾唖者の娘の人間的な絆を通して、男のやさしさを描く。片山蒼(武田鉄矢のペンネーム=サンリオ刊)の原作を「新宿馬鹿物語」の渡辺祐介と武田自身が脚本化、監督は渡辺祐介、撮影はTV出身の矢田行男がそれぞれ担当。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
武田鉄矢 有賀久代 仲谷昇 北村和夫
1981年

北斎漫画

  • 1981年9月12日(土)公開
  • 出演(左七(曲亭馬琴) 役)

『富嶽三十六景』の他に『北斎漫画』で春画の大家としても知られる葛飾北斎と娘・お栄の一生、ふんけいの友、滝沢馬琴との交流を描く。矢代静一の同名の戯曲の映画化で、脚本・監督は「絞殺」の新藤兼人、撮影は丸山恵司がそれぞれ担当。

監督
新藤兼人
出演キャスト
緒形拳 西田敏行 田中裕子 樋口可南子
1980年

がんばれ!!タブチくん!! あゝツッパリ人生

  • 1980年12月13日(土)公開
  • 出演(声)(タブチくん 役)

今や、すっかりお馴染となってしまったタブチくんシリーズの第三作目。「週刊漫画アクション」に連載されていたいしいひさいちの原作の映画化で、脚本は「がんばれ!!タブチくん!! 激闘ペナントレース」の高屋敷英夫、監督は「まことちゃん」の芝山努がそれぞれ担当。長嶋監督の辞任、王選手の引退と大揺れに揺れた今年のプロ野球界。前二作は一話完結、九話で構成されていたが、今回はペナント終了直後に起こったこのハプニングを延長戦に追加しての十話の構成となっている。タブチくん、ヤスダ投手などのレギュラー・キャラクターに加えて、今年のペナント・レースをわかせたスーパー・ルーキー、キダ投手、「ゼッコーチョー!」のナカハタ、さらに、“ミノブタ・カメラ”のミヤザキ・ヨシコちゃんが、プロ野球ニュースのCFで登場する。

監督
芝山努
出演キャスト
西田敏行 二木てるみ 青野武 内海賢二

がんばれ!!タブチくん!! 激闘ペナントレース

  • 1980年5月3日(土)公開
  • 出演(声)(タブチくん 役)

昨年、公開と同時に大ヒットを記録、すっかりお馴染となったタブチくんシリーズの第二作目。『週刊漫画アクション』に連載中のいしいひさいちの原作の映画化で、脚本は「がんばれ!!タブチくん!!」の辻真先、金子裕、金春智子、川島三郎、水谷龍二、高橋英樹、高屋敷英夫の共同執筆、監督も同作の芝山努がそれぞれ担当。前作同様、人気者タブチくん、ヤスダ選手、ヒロオカさんをはじめ今年プロ入りしたドカベンくんなどのニューキャラクターを混えて、一話完結の九話で構成されている。

監督
芝山努
出演キャスト
西田敏行 二木てるみ 青野武 肝付兼太
1979年

がんばれ!!タブチくん!!

  • 1979年11月10日(土)公開
  • 出演(声)(タブチくん 役)

『週刊漫画アクション』で現在も連載中のいしいひさいちの人気漫画を映画化したもの。四コマないし八コマの漫画を短篇のストーリーに編集し、野球のように九話に構成している。脚本は「キャプテン・フューチャー」の辻真先、金子裕、城山昇、出崎哲、金春智子の共同執筆、監督は芝山努がそれぞれ担当。

監督
芝山努
出演キャスト
西田敏行 二木てるみ 内海賢二

太陽を盗んだ男

  • 1979年10月6日(土)公開
  • 出演(サラ金の男 役)

原爆を作りあげ国家を脅迫する中学の物理の教師の姿を描く。脚本は「ザ・ヤクザ」のレナード・シュレーダーと「青春の殺人者」の長谷川和彦の共同執筆、監督も同作の長谷川和彦、撮影は鈴木達夫がそれぞれ担当。

監督
長谷川和彦
出演キャスト
沢田研二 菅原文太 池上季実子 北村和夫

白昼の死角

  • 1979年4月7日(土)公開
  • 出演(西田(常陽精工社員) 役)

戦後の歴史と経済を背景に、現行の法律の死角と盲点を突く東大出身者の集団、光クラブの遂行した完全犯罪の実話を描く高木彬光の同名の小説を映画化したもので、脚本は「日本の仁義」の神波史男、監督は「殺人遊戯」の村川透、撮影も同作の仙元誠三がそれぞれ担当している。

監督
村川透
出演キャスト
夏木勲 竜崎勝 中尾彬 岸田森

悪魔が来りて笛を吹く(1979)

  • 1979年1月20日(土)公開
  • 出演(金田一耕肋 役)

元子爵、椿家の乱れた人間関係によって生まれた兄妹の起こす連続殺人事件を解決する金田一耕肋の活躍を描く。角川春樹事務所の企画で復活した金田一耕助は東宝で石坂浩二の主演で四本製作されたが、今回は、同じ角川春樹事務所の企画だが、西田敏行の主演で東映で製作された。脚本は「柳生一族の陰謀」の野上龍雄、監督はにっかつで「女の意地」を監督した後「太陽にほえろ!」「青春ド真中!」などのテレビ・シリーズを手がけている斎藤光正、撮影もテレビで活躍している伊佐山巌がそれぞれ担当している。

監督
斎藤光正
出演キャスト
西田敏行 夏木勲 仲谷昇 鰐淵晴子

関連ニュース

松坂桃李らが明かす、音楽映画の“珍”裏話
松坂桃李らが明かす、音楽映画の“珍”裏話(2015年1月30日)

さそうあきらの同名人気コミックの映画化作品『マエストロ!』(1月31日公開)で共演した松坂桃李、miwa、西田敏行にインタビュー。本作は、西田扮する謎の指揮者の…

松坂桃李、miwa、西田敏行がクラシック音楽に苦戦!
松坂桃李、miwa、西田敏行がクラシック音楽に苦戦!(2015年1月29日)

オーケストラをモチーフにした音楽映画はたくさんあれど、『マエストロ!』(1月31日公開)の本気度はかなりすごい!世界的な指揮者・佐渡裕やピアニストの辻井伸行など…

君塚良一、3.11の遺体安置所を撮った覚悟「嘘を一切つかないこと」
君塚良一、3.11の遺体安置所を撮った覚悟「嘘を一切つかないこと」(2013年2月20日)

『踊る大捜査線』シリーズなど、数多くのヒット作の脚本を手がけ、『容疑者 室井慎次』 (05)や『誰も守ってくれない』(09)で監督としてメガホンも取ってきた君塚…

男女逆転『大奥』の堺雅人、肉食系で挑んだラブシーンに菅野美穂の反応は?
男女逆転『大奥』の堺雅人、肉食系で挑んだラブシーンに菅野美穂の反応は?(2012年12月20日)

男女逆転の大奥という斬新な設定で人気を誇る、よしながふみの人気コミック「大奥」。その映画化第2弾『大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇』(12月22日公開)と、現在放映…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 西田敏行