映画-Movie Walker > 人物を探す > 西田敏行

年代別 映画作品( 1974年 ~ 2020年 まで合計94映画作品)

1991年

リトル・シンドバッド 小さな冒険者たち

  • 1991年7月20日(土)公開
  • 出演(マスダ 役)

日本人マレーシア人の二人の少年の冒険と友情を描く。小松阿礼原作の同名小説の映画化で、脚本は「結婚案内ミステリー」の小野竜之助と三村渉の共同執筆。監督は新人の花田深。監修は「敦煌」の佐藤純彌。撮影監督は「八月の狂詩曲」の斎藤孝雄がそれぞれ担当。日本=サウジアラビア合作。

監督
花田深
出演キャスト
白倉慎介 ズルキフリー・アザリ トルキー・ハリド・アル・ユーセフ 中江有里
1990年

釣りバカ日誌3

  • 1990年12月22日(土)公開
  • 出演(浜崎伝助 役)

グータラ社員とワンマン社長という異色釣り馬鹿コンビの友情をユーモラスに描いたやまさき十三、北見けんいち原作の同名漫画の映画化第三弾。脚本は山田洋次と堀本卓。監督は栗山富夫。撮影は安田浩助と、前作「釣りバカ日誌2」と同じスタッフがそれぞれ担当。

監督
栗山富夫
出演キャスト
西田敏行 三國連太郎 石田えり 五月みどり
1989年

釣りバカ日誌2

  • 1989年12月27日(水)公開
  • 出演(浜崎伝助 役)

釣りを通して親しくなった鈴木建設社員浜崎伝助と社長鈴木一之助との珍騒動を描く。やまさき十三と北見けんいち原作の同名漫画の映画化第2弾で、脚本は、「ハラスのいた日々」の山田洋次と堀本卓が共同執筆、監督は同作の栗山富夫、撮影は同作の安田浩助がそれぞれ担当。

監督
栗山富夫
出演キャスト
西田敏行 石田えり 谷啓 アパッチけん

映画ドラえもん のび太の日本誕生

  • 1989年3月11日(土)公開
  • 主題歌

7万年前の日本でドラえもんやのび太らが冒険を繰りひろげる「ドラえもん」シリーズ第11作。原作・脚本は「ドラえもん のび太のパラレル西遊記」の藤子・F・不二雄、監督は同作の芝山努がそれぞれ担当。主題歌は、大杉久美子(「ドラえもんのうた」)、西田敏行(「時の旅人」)。

監督
芝山努
出演キャスト
大山のぶ代 小原乃梨子 野村道子 たてかべ和也
1988年

釣りバカ日誌

  • 1988年12月24日(土)公開
  • 出演(浜崎伝助 役)

釣りキチの会社員と初老の社長とのふれあいを描く。やまさき十三、北見けんいちの同名漫画の映画化で、脚本は「ダウンタウンヒーローズ」の山田洋次と、桃井章が共同で執筆。監督は「愛しのチィパッパ」の栗山富夫、撮影は安田浩肋がそれぞれ担当。

監督
栗山富夫
出演キャスト
西田敏行 石田えり 谷啓 山瀬まみ

童謡物語

  • 1988年7月16日(土)公開
  • 出演(現場主任 役)

花を求めて九州から北海道へと日本を旅する養蜂一家の生活と人々とのふれあいを描く。吉村昭の小説『蜜蜂乱舞』の映画化で、脚本は「潮騒(1985)」の剣持亘が執筆。監督は「次郎物語(1987)」の森川時久、撮影は「嵐が丘」の林淳一郎がそれぞれ担当。

監督
森川時久
出演キャスト
井川比佐志 倍賞美津子 雨笠利幸 井戸沼純子

敦煌

  • 1988年6月25日(土)公開
  • 出演(朱王礼 役)

戦乱の世、11世紀のシルクロードで、敦煌の文化遺産を守ろうとした青年の活躍を描く。井上靖原作の同名小説の映画化で、脚本は「必殺! ブラウン館の怪物たち」の吉田剛と「植村直己物語」の佐藤純彌が共同で執筆。監督は同作の佐藤、撮影は「春の鐘」の椎塚彰がそれぞれ担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
西田敏行 佐藤浩市 中川安奈 新藤栄作
1986年

植村直己物語

  • 1986年6月7日(土)公開
  • 出演(植村直己 役)

世界的冒険家、植村直己の生涯を描く。原作は植村直己、脚本は岩間芳樹と佐藤純彌の共同執筆。監督は「空海」の佐藤純彌。撮影は「人生劇場(1983)」の並木宏之がそれぞれ担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
西田敏行 倍賞千恵子 大滝秀治 丹阿弥谷津子
1984年

高原に列車が走った

  • 1984年9月29日(土)公開
  • 出演(順子に求婚する男 役)

軽井沢の高校に赴任してきた音楽担当の若い女性教師が、高校の非行グループに接していくうち、過疎ダイヤの悪影響を知って列車増発運動に打ち込んでいく姿を描く。中沢憲一の同名小説の映画化で、脚本は本田英郎、監督は脚本も執筆している「どろ犬」の佐伯孚治、撮影は林七郎がそれぞれ担当。

監督
佐伯孚治
出演キャスト
美保純 尾藤イサオ 萩尾みどり 牧口昌代

ロケーション

  • 1984年9月22日(土)公開
  • 出演(小田部子之助 役)

女優を妻とするピンク映画のカメラマンを中心に、一本の映画を完成させるロケ隊の姿を描く。津田一郎原作の『ザ・ロケーション』の映画化で、脚本は近藤昭二、監督は脚本も執筆している「時代屋の女房」の森崎東、撮影は水野征樹がそれぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
西田敏行 大楠道代 美保純 柄本明

関連ニュース

松坂桃李らが明かす、音楽映画の“珍”裏話
松坂桃李らが明かす、音楽映画の“珍”裏話(2015年1月30日)

さそうあきらの同名人気コミックの映画化作品『マエストロ!』(1月31日公開)で共演した松坂桃李、miwa、西田敏行にインタビュー。本作は、西田扮する謎の指揮者の…

松坂桃李、miwa、西田敏行がクラシック音楽に苦戦!
松坂桃李、miwa、西田敏行がクラシック音楽に苦戦!(2015年1月29日)

オーケストラをモチーフにした音楽映画はたくさんあれど、『マエストロ!』(1月31日公開)の本気度はかなりすごい!世界的な指揮者・佐渡裕やピアニストの辻井伸行など…

君塚良一、3.11の遺体安置所を撮った覚悟「嘘を一切つかないこと」
君塚良一、3.11の遺体安置所を撮った覚悟「嘘を一切つかないこと」(2013年2月20日)

『踊る大捜査線』シリーズなど、数多くのヒット作の脚本を手がけ、『容疑者 室井慎次』 (05)や『誰も守ってくれない』(09)で監督としてメガホンも取ってきた君塚…

男女逆転『大奥』の堺雅人、肉食系で挑んだラブシーンに菅野美穂の反応は?
男女逆転『大奥』の堺雅人、肉食系で挑んだラブシーンに菅野美穂の反応は?(2012年12月20日)

男女逆転の大奥という斬新な設定で人気を誇る、よしながふみの人気コミック「大奥」。その映画化第2弾『大奥 永遠 右衛門佐・綱吉篇』(12月22日公開)と、現在放映…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 西田敏行