映画-Movie Walker > 人物を探す > 山本又一朗

年代別 映画作品( 1974年 ~ 2009年 まで合計29映画作品)

1987年

あいつに恋して

  • 1987年5月30日(土)公開
  • 製作

道産子と共に北海道の日高から、九州の鹿児島まで2600kmの日本縦断に挑む青年の姿を描く。島崎保久の体験記「馬のゴン太の背にゆられ…」の映画化で、脚本は田山忍、監督は「ザ・オーディション」の新城卓、撮影は「プルシアンブルーの肖像」の大岡新一がそれぞれ担当。

監督
新城卓
出演キャスト
風見慎吾 植木等 森高千里 高品格
1986年

RUNNING BOY スター・ソルジャーの秘密

  • 1986年7月20日(日)公開
  • 製作

ライバルと対決するファミコン少年の姿を描くファミコン・アニメ。脚本は石原純一と岡かすみの共同執筆。監督は「11ぴきのねことあほうどり」の小華和ためおが担当。

監督
小華和ためお
出演キャスト
山田栄子 藤田淑子 塩沢兼人 田中秀幸

GAME KING 高橋名人VS毛利名人激突!大決戦

  • 1986年7月20日(日)公開
  • 製作

ファミコンブームが生んだヒーロー高橋名人と、彼のライバル毛利名人との(究極のテクニック)を駆使しての対決を描く。“裏ワザ”という流行語まで作った高橋名人の神秘的テクニックがみもの。頂点にたつのは二人もいらない、と無配を誇る両名人がどんな攻防を見せるのか、どちらも絶対に負けられぬサバイバル・マッチ。製作は山本又一朗、監督は神澤信一、監修は深沢清澄が担当。

監督
神澤信一 野原光男
出演キャスト
高橋俊幸 毛利公信 志賀正治
1985年

宇宙からの帰還

  • 1985年8月31日(土)公開
  • 製作総指揮

宇宙の謎と神秘をNASAの秘蔵フィルムで構成したドキュメンタリー。アポロ1号の火災による宇宙飛行士死亡事故の真相。宇宙に飛びかう閃光の謎。宇宙飛行士たちの驚愕の変貌。16年間NASAで待機し続けた宇宙飛行士。緊急帰還の壁=大気圏突入。宇宙飛行士オルドリン発狂の怪現象。無重力環境での人間は? 宇宙飛行士ジェラルドが体験した新事実。深夜、ヒューストンに緊急招集を受けた30人の科学者。宇宙的誕生(コズミック・ボーン)を経験した男の至福。隠されていた月面活動の問題のシーン。NASAが確認したUFO。一秒間に11Km、時速39000Kmで軌道を回る人間衛星。宇宙から地球へ送信実験し、証明された超能力。死の空間にただひとり、人類史上最も苛酷な孤独体験。記録に賭ける男の超人的執念。性格を宿したロケットなど、宇宙に潜む19の謎と衝撃を描く。立花隆原作の同名小説の映画化で、脚本は監督も担当している「だいじょうぶマイ・フレンド」の中島紘一と同じく監督担当のテオドール・トーマスの共同執筆。構成は「小説吉田学校」を遺作として亡くなった森谷司郎、撮影はエリック・ダーステッドがそれぞれ担当。日米合作映画

監督
中島紘一 テオドール・トーマス

愛・旅立ち

  • 1985年1月26日(土)公開
  • 製作

死に瀕した少女と生に絶望した青年の短い愛情を描く。人気アイドルの近藤真彦と中森明菜の初共演作品。脚本は「零戦燃ゆ」の笠原和夫と舛田利雄の共同。監督も同作の舛田利雄。撮影はこれがデビュー作の山田健一がそれぞれ担当。

監督
舛田利雄
出演キャスト
近藤真彦 中森明菜 勝野洋 萩尾みどり
1984年

ザ・オーディション

  • 1984年11月17日(土)公開
  • 製作総指揮

明日のスターをめざす4人の少女と青年マネージャーの戦いを描く青春映画。脚本は川村俊明と「夜明けのランナー」の中岡京平の共同執筆。監督は「OKINAWAN BOYS オキナワの少年」の新城卓、撮影は「キタキツネ物語 THE_FOX_IN_THE_QUEST_OF_THE_NORTHERN_SUN」の栃沢正夫がそれぞれ担当。

監督
新城卓
出演キャスト
世良公則 志穂美悦子 平田満 浜田範子

旅芝居行進曲

  • 1984年9月22日(土)公開
  • 製作総指揮

旅回りの役者たちの姿を、一座の若き座長を中心に描く。脚本は杉村のぼる、沢竜二、高橋勝の共同執筆。監督はこの作品がデビュー作となるTV出身の高橋勝、撮影監督は「北の螢」の森田富士郎、撮影は渡辺貢がそれぞれ担当。

監督
高橋勝
出演キャスト
古尾谷雅人 阿木燿子 川島なお美 藤岡重慶

プロ野球を10倍楽しく見る方法PART2

  • 1984年4月21日(土)公開
  • 製作

昨年、上映された「プロ野球を10倍楽しく見る方法」の続篇。今回は、“マルチラウンド新方式”を導入。全篇をゲーム同様“9イニング”に編集、実写とアニメが一回交代される。また、日・米大決戦の現地取材、ベンチ入り選手、審判員全員に超小型マイクロフォンをつけ、グラウンド内外での実況生中継などを盛り込んで描く。脚本は、金春智子、市川靖、「プロ野球を10倍楽しく見る方法」の石原純一、同作の岩井田利治の共同執筆。監督も同作の鈴木清がそれぞれ担当。

監督
鈴木清
出演キャスト
江本孟紀 佐々木信也 みのもんた 玉置宏
1983年

ゴルゴ13(1983)

  • 1983年5月28日(土)公開
  • 製作、CG総指揮

“ゴルゴ13”と呼ばれる男が緻密なブレーンで、依頼を受けた殺人美学を執行していく姿をコンピュータ・グラフィックスを導入して描く、さいとうたかおの同名漫画のアニメーション。脚本は「小説吉田学校」の長坂秀佳、監督は「コブラ」の出崎統がそれぞれ担当。主題歌は、シンディー・ウッド(「プレイ・フォー・ユー」)。

監督
出崎統
出演キャスト
瑳川哲朗 武藤礼子 藤田淑子 納谷悟朗

プロ野球を10倍楽しく見る方法

  • 1983年4月29日(金)公開
  • 製作

プロ野球の傑作エキサイト・シーン、爆笑シーンを盛り込んだプレー集。プロ野球の人気スターたちのソックリアニメが、実名で登場しくりひろげる爆笑エピソードの数々、キャラクター・アニメコーナー。試合中のグランド内、ベンチ等でどんな会話やひとりごとが言われているのかという話題のマイクロフォン野球。この3本の柱が、ある時はほかを押しのけ、ある時は仲良く肩を組んで三位一体に全篇を構成し、9イニング独立完結方式で描く。江本孟紀の同名原作の映画化で、脚色は石原純一と岩井田利治。脚本は「キャプテン」の城山昇、渡辺麻実、飛鳥めい、岩井田利治、石原純一の共同執筆、監督はアニメーション部分が「がんばれ!!タブチくん!!」の芝山努、実写部分は鈴木清がそれぞれ担当。

監督
芝山努 鈴木清
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 山本又一朗