映画-Movie Walker > 人物を探す > 市田勇

年代別 映画作品( 1972年 ~ 1993年 まで合計85映画作品)

1979年

総長の首

  • 1979年3月24日(土)公開
  • 編集

昭和十年代の浅草を舞台に、凄まじいヤクザ抗争の渦中で、死にもの狂いに動きまわる男たちの群像を描く。脚本は「白昼の死角」の神波史男と「日本の首領 完結篇」の中島貞夫の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は「水戸黄門(1978)」の増田敏雄がそれぞれ担当している。

監督
中島貞夫
出演キャスト
菅原文太 清水健太郎 ジョニー大倉 三浦洋一
1978年

赤穂城断絶

  • 1978年10月28日(土)公開
  • 編集

日本人にとって民族の大ロマンとして語り継がれ、小説、演劇、映画など多くのジャンルで数々の名作を生んできた“忠臣蔵”の25回目の映画化。原作・脚本は「野性の証明」の高田宏治、監督は「宇宙からのメッセージ MESSAGE_from_SPACE」の深作欣二、撮影監督は宮島義勇、撮影は仲沢半次郎がそれぞれを担当している。

監督
深作欣二
出演キャスト
萬屋錦之介 島英津夫 藤岡琢也 峰岸徹

宇宙からのメッセージ MESSAGE from SPACE

  • 1978年4月29日(土)公開
  • 編集

宇宙人に侵略された惑星から救出の願いをこめて放たれた木の実。その実を拾い、救出の願いに応えるべく立ちあがった八人の勇者の活躍を描く。脚本は「柳生一族の陰謀」の松田寛夫、監督も同作の深作欣二、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。音響はSPACE SOUND4方式。

監督
深作欣二
出演キャスト
ビック・モロー フィリップ・カズノフ ペギー・リー・ブレナン 真田広之

柳生一族の陰謀

  • 1978年1月21日(土)公開
  • 編集

権力に生きる柳生一族の存続を賭けた陰謀が、骨肉の争いへと展開していく姿を描く。脚本は「トラック野郎 度胸一番星」の野上龍雄と「仁義と抗争」の松田寛夫と「ドーベルマン刑事」の深作欣二の共同執筆、監督も同作の深作欣二、撮影は「仁義と抗争」の中島徹がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
萬屋錦之介 松方弘樹 西郷輝彦 山田五十鈴
1977年

ゴルゴ13 九竜の首

  • 1977年9月15日(木)公開
  • 編集

アメリカ麻薬組織の代表の依頼を受けたゴルゴが、香港支部長暗殺のため、九竜に潜入し、香港から麻薬を一掃するべく命を賭ける捜査官スミニーと、対決する姿を描く。脚本は「トラック野郎 天下御免」の中島信昭と「ピラニア軍団 ダボシャツの天」の松本功、監督は「激殺! 邪道拳」の野田幸男、撮影は「恐竜・怪鳥の伝説」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
野田幸男
出演キャスト
千葉真一 嘉倫 ジェリー伊藤 ジョアナ・トース

ドーベルマン刑事(1977)

  • 1977年7月2日(土)公開
  • 編集

千葉真一、深作欣二監督が十一年ぶりにコンビを組んだアクション映画。少年雑誌に連載されている同名原作をもとにしているが、この作品は劇画になる以前の主人公のプロローグ篇。今日のスター歌手誕生の裏で繰り広げられるスキャンダルを中心に描く。脚本は「北陸代理戦争」の高田宏治、監督も同作の深作欣二、撮影も同作の中島徹がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
千葉真一 ジャネット八田 松田暎子 鈴木康弘

恐竜・怪鳥の伝説

  • 1977年4月29日(金)公開
  • 編集

日本に恐竜が存在したのか。この疑問を否定する材料は何もない。毎年八月二日に竜神祭りを行う富士山麓の西湖に恐竜が出現。というもので、ミステリアスに描く。脚本は伊上勝と「ピラニア軍団 ダボシャツの天」の松本功と「広島仁義 人質奪回作戦」の大津一郎の共同、監督は「飛び出す冒険映画 赤影」の倉田準二、撮影は「広島仁義 人質奪回作戦」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
倉田準二
出演キャスト
渡瀬恒彦 林彰太郎 沢野火子 清島智子
1976年

広島仁義 人質奪回作戦

  • 1976年12月4日(土)公開
  • 編集

虚弱な連合体を辛うじて守り抜こうとする兄貴分と、典型的な広島やくざの弟分の殺し合いを、企業を餌食にする現代やくざの実態を背景に描く。脚本は「女必殺五段拳」の松本功と「徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑」の大津一郎の共作、監督は同じ「徳川女刑罰絵巻 牛裂きの刑」の牧口雄二、撮影は「沖縄やくざ戦争」の赤塚滋がそれぞれ担当。

監督
牧口雄二
出演キャスト
松方弘樹 中島ゆたか 佐藤友美 三上真一郎

やくざの墓場 くちなしの花

  • 1976年10月30日(土)公開
  • 編集

暴力抗争から政略戦争へ政策を転換する現代やくざ社会と、それを取り締る警察官僚機構の黒い癒着の狭間で、はみだしていく一匹狼の刑事の生きざまを描く。脚本は「バカ政ホラ政トッパ政」の笠原和夫、監督は「新仁義なき戦い 組長最後の日」の深作欣二、撮影は同じ「新仁義なき戦い 組長最後の日」の中島徹がそれぞれ担当。

監督
深作欣二
出演キャスト
渡哲也 梶芽衣子 藤岡琢也 今井健二

バカ政ホラ政トッパ政

  • 1976年10月1日(金)公開
  • 編集

東京は花の銀座を舞台に、生まれたところは違っても骨は銀座に埋めるべく、死ぬまで五分のつき合いを誓った銀座の三政の活躍を描く。脚本は「暴力金脈」の笠原和夫と「女必殺五段拳」の鳥居元宏と中島貞夫の共同、監督は「沖縄やくざ戦争」の中島貞夫、撮影は「狂った野獣」の塚越堅二がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
菅原文太 中山仁 ケーシー高峰 倍賞美津子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 市田勇