映画-Movie Walker > 人物を探す > 浜村純

年代別 映画作品( 1954年 ~ 2005年 まで合計264映画作品)

1967年

父子草

  • 1967年12月6日公開
  • 出演(平井の父 役)

「妻の日の愛のかたみに」の木下恵介がシナリオを執筆、「太平洋奇跡の作戦 キスカ」の丸山誠治が監督した人情もの。撮影は「海の若大将」の梁井潤。

監督
丸山誠治
出演キャスト
渥美清 淡路恵子 石立鉄男 星由里子

河 あの裏切りが重く

  • 1967年8月31日公開
  • 出演(老人 役)

新人森弘太が製作・脚本・監督を担当して自主製作をし、広島を素材としたセミ・ドキュメンタリー・タッチの社会ドラマである。撮影は「日本春歌考」の高田昭。

監督
森弘太
出演キャスト
灰地順 富田公子 佐藤慶 浜村純

日本のいちばん長い日(1967)

  • 1967年8月3日公開
  • 出演(筧庶務課長 役)

大宅壮一名義(実際の著者は当時編集者だった半藤一利)で当時の政治家宮内省関係、元軍人や民間人から収録した実話を編集した同名原作(文芸春秋社刊)を、「上意討ち -拝領妻始末-」の橋本忍が脚色し、「殺人狂時代」の岡本喜八が監督した終戦秘話。撮影は「喜劇 駅前競馬」の村井博。

監督
岡本喜八
出演キャスト
宮口精二 戸浦六宏 笠智衆 山村聡

花を喰う蟲

  • 1967年6月15日公開
  • 出演(佐伯 役)

「週刊新潮」に連載された黒岩重吾の同名原作を、「あゝ君が愛」の中島丈博が脚色し、「青春の海(1967)」の西村昭五郎が監督した風俗ドラマ。撮影は新人安藤庄平。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
二谷英明 太地喜和子 郷えい治 花ノ本寿

ひき裂かれた盛装

  • 1967年6月10日公開
  • 出演(鈴木善太郎 役)

黒岩重吾の原作『夜間飛行』(光文社刊)を、「陽のあたる坂道(1967)」の池田一朗が脚色、「兵隊やくざ 俺にまかせろ」の田中徳三が監督した女性もの。撮影は「大魔神逆襲」の森田富士郎。

監督
田中徳三
出演キャスト
藤村志保 安田道代 成田三樹夫 小沢栄太郎

上意討ち 拝領妻始末

  • 1967年5月27日公開
  • 出演(塩見兵右衛門 役)

『城』(28号)に掲載された滝口康彦の原作『拝領妻始末』を「白い巨塔」の橋本忍が脚色し、「怪談」以来二年間の沈黙を破って小林正樹が監督した時代劇。撮影は「ゼロ・ファイター 大空戦」の山田一夫。1967年6月3日より全国公開。

監督
小林正樹
出演キャスト
三船敏郎 加藤剛 江原達怡 大塚道子

青春の海(1967)

  • 1967年1月3日公開
  • 出演(校長 役)

石坂洋次郎の原作を「青春のお通り 愛して泣いて突走れ!」の三木克巳が脚色、「涙くんさよなら」の西村昭五郎が監督した青春もの。撮影は「私は泣かない」の姫田真佐久。

監督
西村昭五郎
出演キャスト
吉永小百合 和泉雅子 高須賀夫至子 小倉一郎
1966年

おゆきさん

  • 1966年12月3日公開
  • 出演(佐伯教授 役)

原作・塩田良平の同名小説を「私、違っているかしら」の倉本聰が脚色、鍛冶昇が第一回監督する純情メロドラマ。撮影は「星のフラメンコ」の藤岡粂信。

監督
鍛冶昇
出演キャスト
和泉雅子 笠智衆 小夜福子 松尾嘉代

暗黒航路

  • 1966年11月20日公開
  • 出演(西尾船医 役)

「二人の世界」の小川英と新鋭三芳加也がシナリオを執筆し、「殺るかやられるか」の野村孝がシナリオにも参加して監督した海洋アクションもの。撮影はコンビの峰重義。

監督
野村孝
出演キャスト
和田浩治 宍戸錠 深江章喜 高木均

湖の琴

  • 1966年11月13日公開
  • 出演(岩田嘉平 役)

水上勉の原作を「沓掛時次郎 遊侠一匹」の鈴木尚之が脚色し、「冷飯とおさんとちゃん」の田坂具隆が監督した文芸もの。撮影はコンビの飯村雅彦。

監督
田坂具隆
出演キャスト
佐久間良子 中村賀津雄 中村鴈治郎 山岡久乃
最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 浜村純

ムービーウォーカー 上へ戻る