映画-Movie Walker > 人物を探す > 役所広司

年代別 映画作品( 1979年 ~ 2020年 まで合計81映画作品)

1988年

アナザーウェイ D機関情報

  • 1988年9月17日(土)公開
  • 出演(関谷直人 役)

第二次世界大戦末期にヨーロッパへ渡った海軍中佐が軍務遂行か和平工作かの選択を迫られ苦悩する姿を描く。西村京太郎原作の小説『D機関情報』の映画化で、脚本は「おれは男だ! 完結編」の石倉保志が執筆。監督は「竜馬を斬った男」の山下耕作、撮影は赤塚滋がそれぞれ担当。日本・スイス合作。

監督
山下耕作
出演キャスト
役所広司 いしだあゆみ 高橋英樹 永島敏行
1987年

女咲かせます

  • 1987年12月26日(土)公開
  • 出演(三枝高志 役)

美女泥棒のデパート襲撃事件と恋の転末を描く。結城昌治原作「白昼堂々」の映画化で、脚本は「塀の中の懲りない面々」の梶浦政男と「生きてるうちが花なのよ死んだらそれまでよ党宣言」の森崎東が共同で執筆。監督は「塀の中の懲りない面々」の森崎東、撮影は同作の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
松坂慶子 役所広司 川谷拓三 名古屋章
1985年

タンポポ

  • 1985年11月23日(土)公開
  • 出演(白服の男 役)

タンクローリーの運転手が、さびれたラーメン屋の美しい未亡人に惹かれるまま、そのラーメン屋を町一番の店にするまでを、奇想天外の食物がらみのエピソードを混ぜて描く。脚本、監督は「お葬式」の伊丹十三、撮影は「火まつり」の田村正毅がそれぞれ担当。

監督
伊丹十三
出演キャスト
山崎努 宮本信子 役所広司 渡辺謙
1982年

遠野物語

  • 1982年12月17日(金)公開
  • 出演(初太郎 役)

道ならぬ恋に悩みながらも、愛を貫いた二人の男女が来世で結ばれるまでを描く。柳田國男の同名物語の映画化で、脚本は「月山」の高山由紀子、監督も同作の村野鐵太郎、撮影は吉岡康弘がそれぞれ担当。

監督
村野鐵太郎
出演キャスト
隆大介 原陽子 江波杏子 藤村志保

ひめゆりの塔(1982)

  • 1982年6月12日(土)公開
  • 出演(大高見習士官 役)

太平洋戦争末期、全島が戦場と化した沖縄で、ひめゆり部隊と呼ばれ陸軍病院に配属された乙女たちのはかない青春を描く。28年ぶりの再映画化は脚本・水木洋子、監督・今井正と同じコンビ。前作では果たせなかった沖縄現地ロケを行ない、撮影は「裸の大将放浪記」の原一民が担当。

監督
今井正 神山征二郎
出演キャスト
栗原小巻 古手川祐子 大場久美子 斉藤とも子

鬼龍院花子の生涯

  • 1982年6月5日(土)公開
  • 出演(近藤 役)

大正から昭和にかけての二つの時代に生きた土佐の侠客・鬼龍院政五郎とその周辺の女たちのドラマチックな生き方を描く。原作は高知出身の直木賞作家・宮尾登美子の同名小説。脚本は「影の軍団 服部半蔵」の高田宏治、監督は「雲霧仁左衛門」の五社英雄、撮影は「野菊の墓」の森田富士郎がそれぞれ担当。

監督
五社英雄
出演キャスト
仲代達矢 岩下志麻 夏目雅子 仙道敦子
1981年

日本の熱い日々 謀殺・下山事件

  • 1981年11月7日(土)公開
  • 出演(新聞記者 役)

昭和二十四年に起きて今だに多くの謎を残す、国鉄初代総裁下山定則が列車線路上に轢断死体で発見された“下山事件”を改めて追求する。矢田喜美雄の原作「日本の熱い日々 謀殺・下山事件」の映画化で、脚本は「犬笛」の菊島隆三、監督は「天平の甍」の熊井啓、撮影は「翔べイカロスの翼」の中尾駿一郎がそれぞれ担当。

監督
熊井啓
出演キャスト
仲代達矢 山本圭 浅茅陽子 岩崎加根子
1980年

さらば、わが友 実録大物死刑囚たち

  • 1980年11月15日(土)公開
  • 出演(金井厳 役)

一度死刑を宣告されながらも、法律闘争によって出所した囚人と、獄中で共に生活した死刑囚たちの姿を描く。終戦後、暫くして、防衛庁に乗り込み数千万円の公金を強奪した、実在の元死刑囚K・Oの体験をもとにした原作の映画化で、脚本は「真田幸村の謀略」の中島貞夫、「原子力戦争 Lost Love」の鴨井達比古、「トラック野郎 熱風5000キロ」の中島信昭の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は「動乱」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
磯部勉 愛川欽也 永島敏行 高橋昌也

森は生きている(1980)

  • 1980年3月15日(土)公開
  • 出演(声)(若い兵 役)

不幸な境遇に負けず、明るく心やさしく生きる少女が思いがけない幸福を得るまでを描く。ソビエトの詩人、サムエル・マルシャークの児童劇の映画化で、脚本は隆巴と矢吹公郎の共同執筆、監督も矢吹公郎がそれぞれ担当。

監督
矢吹公郎
出演キャスト
大竹しのぶ 杉山とく子 向井真理子 神崎愛
1979年

英霊たちの応援歌 最後の早慶戦

  • 1979年11月3日(土)公開
  • 出演

昭和十八年十月十六日戸塚球場で行なわれた最後の早慶戦の後、出陣学徒として散華していった若者たちを描く。東京12チャンネルが開局十五周年を記念して製作。神山圭介の同名の小説の映画化で、脚本は「炎の舞」の山田信夫と「ダイナマイトどんどん」の岡本喜八の共同執筆、監督も同作の岡本喜八、撮影は「青春の門 自立篇(1977)」の村井博がそれぞれ担当。

監督
岡本喜八
出演キャスト
永島敏行 勝野洋 本田博太郎 中村秀和

関連ニュース

松坂桃李、本木雅弘は「まさに天皇陛下でした」と絶賛
松坂桃李、本木雅弘は「まさに天皇陛下でした」と絶賛(2015年8月7日)

甘いマスクで高身長、爽やかで礼儀正しいナイスガイの松坂桃李。勢い良くスター街道を駆け上がってきた彼は、2015年、『マエストロ!』を皮切りに5本の出演映画が公開…

宮崎あおい、まさかの北海道推しに大泉洋が大興奮!
宮崎あおい、まさかの北海道推しに大泉洋が大興奮!(2015年7月11日)

『おおかみこどもの雨と雪』(12)の細田守監督作『バケモノの子』の初日舞台挨拶が、7月11日にTOHOシネマズスカラ座で開催。声優を務めた役所広司、宮崎あおい、…

師弟役の役所広司&宮崎あおいが語る『バケモノの子』
師弟役の役所広司&宮崎あおいが語る『バケモノの子』(2015年7月8日)

細田守監督3年ぶりの長編アニメとして注目の『バケモノの子』(7月11日公開)。一人ぼっちの少年・九太の声優を務めたのは、前作『おおかみこどもの雨と雪』(12)に…

役所広司、『蜩ノ記』でこれまでの時代劇とは違った礼儀作法を体験!
役所広司、『蜩ノ記』でこれまでの時代劇とは違った礼儀作法を体験!(2014年10月3日)

NHK大河ドラマ「徳川家康」(83)の織田信長役で脚光を浴びて以降、時代劇でさまざまな侍を演じ、日本の武士道を体現してきた役所広司。『雨あがる』(00)の小泉堯…

役所広司、岡田准一の頼もしさを語る!『蜩ノ記』で初共演
役所広司、岡田准一の頼もしさを語る!『蜩ノ記』で初共演(2014年10月2日)

中島哲也監督作『渇き。』(公開中)で、史上最低のクレイジーなオヤジ役の熱演が話題となった役所広司。次なる出演作は、がらりと趣向を変えて挑んだ『雨あがる』(00)…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 役所広司