映画-Movie Walker > 人物を探す > 相馬剛三

年代別 映画作品( 1957年 ~ 2002年 まで合計171映画作品)

1974年

女必殺拳

  • 1974年8月31日(土)公開
  • 出演(毛楊徳 役)

日本で少林寺拳法の修業をつんだ娘が、失踪した兄の行方を捜しながら麻薬組織に挑戦するアクション映画。脚本は「聖獣学園」の鈴木則文と「色情トルコ日記」の掛札昌裕、監督は「ネオンくらげ 新宿花電車」の山口和彦、撮影は「色情トルコ日記」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
志穂美悦子 早川絵美 大堀早苗 謝秀容

ルバング島の奇跡 陸軍中野学校

  • 1974年6月15日(土)公開
  • 出演(小森伍長 役)

情報収集、遊撃戦、破壊工作、殺傷戦など軍隊とは異質の教育を行った陸軍中野学校の全貌を描く。脚本は高久進と「女囚さそり 701号怨み節」の神波史男、監督は「ゴルゴ13(1973)」の佐藤純彌、撮影は「女囚さそり 701号怨み節」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
千葉真一 若林豪 夏八木勲 沢田情児

色情トルコ日記

  • 1974年6月1日(土)公開
  • 出演(大石 役)

アメリカのポルノ女優シャロン・ケリーが特別出演して、梅宮辰夫と濃厚なセックス戦を展開するポルノ喜劇。脚本は「暴力街(1974)」の掛札昌裕と中島信昭。監督は「ネオンくらげ 新宿花電車」の山口和彦、撮影は「セックスドキュメント 金髪コールガール」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
梅宮辰夫 佐藤蛾次郎 鈴木サミ 田島晴美

0課の女 赤い手錠

  • 1974年5月21日(火)公開
  • 出演(所轄署長 役)

目的のためには、殺しもやり、自分の体を武器にしてまで犯罪者を追いつめる女刑事の活躍を描く。原作は篠原とおるの劇画「0課の女」。脚本は「女囚さそり 701号怨み節」の神波史男と松田寛夫、監督は「不良番長 骨までしゃぶれ」の野田幸男、撮影は「セックスドキュメント 金髪コールガール」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
野田幸男
出演キャスト
杉本美樹 郷えい治 小原秀明 菅原直行

非情学園ワル ネリカン同期生

  • 1974年3月30日(土)公開
  • 出演(刑事 役)

“ワル”シリーズ三作目。非情・残忍の一匹狼ワルこと氷室洋二が、今作では鷹の台高校を飛び出し、少年院と夜の街を舞台に暴れまくる。脚本は「色魔狼」の松本功と「番格ロック」の山本英明、監督は「非情学園ワル 教師狩り」の三堀篤、撮影は「色魔狼」の稲田喜一がそれぞれ担当。

監督
三堀篤
出演キャスト
谷隼人 中川三穂子 川村真樹 中丸忠雄
1973年

ネオンくらげ 新宿花電車

  • 1973年12月18日(火)公開
  • 出演(万来軒の親爺 役)

“ネオンくらげ”シリーズ二作目。ネオン華やかな盛り場の片隅で、何度も挫折しながらも逞しく生きるバイタリティー溢れる少女を描く。脚本は、「ポルノの女王 にっぽんSEX旅行」の金子武郎、監督は脚本も執筆している「夜の歌謡シリーズ 女のみち」の山口和彦、撮影は「ネオンくらげ」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
山口和彦
出演キャスト
山内えみ子 沢田情児 地井武男 葵三津子

ボディガード牙 必殺三角飛び

  • 1973年10月13日(土)公開
  • 出演(鬼興流 役)

“ボディガード牙”シリーズ第二作。全身凶器をつけたような超人牙が、その空手の威力を発揮して、大暴れするアクション映画。脚本は、「ボディガード牙」の中西隆三、監督は脚本も執筆している同作の鷹森立一、撮影は「夜の歌謡シリーズ なみだ恋」の山沢義一がそれぞれ担当。

監督
鷹森立一
出演キャスト
千葉真一 渡瀬恒彦 水原麻記 深江章喜

非情学園ワル 教師狩り

  • 1973年7月29日(日)公開
  • 出演(刈田稔 役)

“ワル”シリーズ第二作目。非情で残忍な“ワル”と呼ばれる少年が、学校=権威に敢然と挑む姿を描く。脚本は「釜ヶ崎極道」の松本功と「非情学園 ワル」の山本英明、監督も同作の三堀篤、撮影は「ボディガード牙」の中島芳男がそれぞれ担当。

監督
三堀篤
出演キャスト
谷隼人 渥美マリ 佐藤允 三角八郎

温泉おさな芸者

  • 1973年7月4日(水)公開
  • 出演(別所 役)

三人の女子高校生が、旅行の費用を作るためアルバイト芸者に扮し伊豆の温泉街を舞台に大活躍するポルノ喜劇。脚本は今子正義、監督は脚本も執筆している「ボディガード牙」の鷹森立一、撮影は「麻薬売春Gメン 恐怖の肉地獄」の星島一郎がそれぞれ担当。

監督
鷹森立一
出演キャスト
田辺節子 沢リミ子 深田ミミ 南廣

やくざと抗争 実録安藤組

  • 1973年3月3日(土)公開
  • 出演(医者 役)

「やくざと抗争」シリーズ第二作。二作目も安藤昇原作・小説の映画化であるが、前作と違って、安藤昇自身がモデルとなっている。不良学生グループのリーダーだった安藤昇がやくざ、テキヤを相手に血で血を争う抗争を繰り返しながら、“安藤組”を結成するまでを描く。脚本は「やくざと抗争」の石松愛弘、監督も同作の佐藤純彌、撮影は「人斬り与太 狂犬三兄弟」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
佐藤純彌
出演キャスト
安藤昇 袋正 江守徹 佐藤蛾次郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 相馬剛三