映画-Movie Walker > 人物を探す > 小笠原弘

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1995年 まで合計35映画作品)

1995年

女帝(1995)

  • 1995年2月4日(土)公開
  • 出演(黒石 役)

バブル最盛期に株で大儲けしたある料亭の女将の生き様を描いたドラマ。主人公のモデル問題で話題を呼んだ作品でもある。監督、脚本は「連れ込み旅館の若女将」のすずきじゅんいちが担当。撮影は、やはり同作品や「ただひとたびの人」を手がけた田中一成。主演は「未来の想い出 Last Christmas」の真行寺君枝。スーパー16ミリ。

監督
すずきじゅんいち
出演キャスト
真行寺君枝 山口美也子 高橋悦史 椎名桔平
1980年

さらば、わが友 実録大物死刑囚たち

  • 1980年11月15日(土)公開
  • 出演(戸村所長 役)

一度死刑を宣告されながらも、法律闘争によって出所した囚人と、獄中で共に生活した死刑囚たちの姿を描く。終戦後、暫くして、防衛庁に乗り込み数千万円の公金を強奪した、実在の元死刑囚K・Oの体験をもとにした原作の映画化で、脚本は「真田幸村の謀略」の中島貞夫、「原子力戦争 Lost Love」の鴨井達比古、「トラック野郎 熱風5000キロ」の中島信昭の共同執筆、監督も同作の中島貞夫、撮影は「動乱」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
磯部勉 愛川欽也 永島敏行 高橋昌也

愛の白昼夢

  • 1980年9月6日(土)公開
  • 出演(父・徹 役)

恋人のように父をしたう娘と、再婚相手として出現したひとりの女との間の葛藤を描く。娘に扮する畑中葉子は、平尾昌晃とデュエットで「カナダからの手紙」のヒット曲をだした後、結婚引退、八ヵ月後に離婚、この作品で裸になって再起をはかったことで話題となった。脚本は「宇能鴻一郎の貝くらべ」の中野顕彰、監督は「赤い通り雨」の小原宏裕、撮影は「女高生 夏ひらく唇」の米田実がそれぞれ担当。

監督
小原宏裕
出演キャスト
畑中葉子 小笠原弘 風祭ゆき 今井久
1970年

やくざ非情史 血の決着

  • 1970年2月21日公開
  • 出演(兼松弾 役)

吉寺弾の脚本を萩原遼が監督した任侠もの。撮影は「やくざ非情史 刑務所兄弟」の星信夫が担当した。

監督
萩原遼
出演キャスト
安藤昇 大友柳太朗 瑳峨三智子 南川直
1969年

やくざ非情史 血の盃

  • 1969年10月8日公開
  • 出演(邦塚郷造 役)

「やくざ非情史 刑務所兄弟」の中西隆三が脚本を書き、中川順夫が監督したシリーズ第二作。撮影は、脇野良雄が担当。

監督
中川順夫
出演キャスト
安藤昇 内田良平 木村功 辰巳柳太郎
1968年

艶説 明治邪教伝

  • 1968年7月10日公開
  • 出演(吉蔵 役)

「徳川女系図」の内田弘三が脚本を執筆し、「男の挑戦(1968)」の土居通芳が監督した風俗もの。撮影は「柳ケ瀬ブルース」の坪井誠。

監督
土居通芳
出演キャスト
高橋昌也 内田高子 葵三津子 金井由美
1965年

我が青春

  • 1965年4月28日公開
  • 出演(審判の教師 役)

松浦健郎が原作とシナリオを執筆「サラリーマンの勲章」の堀内真直が監督した歌謡ドラマ。撮影もコンビの加藤正幸。

監督
堀内真直
出演キャスト
西郷輝彦 三上真一郎 夏圭子 五月女マリ
1956年

銀蛇の岩屋(前後篇)

  • 1956年5月24日公開
  • 出演(青桐新九郎 役)

ニッポン放送で連続ラジオ・ドラマとなった高垣眸原作による少年少女冒険時代活劇を「ノイローゼ兄さんガッチリ娘」の内田弘三が脚色し、「身代り紋三 地獄屋敷」の加戸野五郎が監督した。撮影は「背広さんスカートさん」の河崎喜久三。主な出演者は「隠密七生記(1956)」の若山富三郎、小笠原弘の他、「神州天馬侠(1954)」の藤間城太郎、「検事とその妹」の筑紫あけみ、「剣豪対豪傑 誉れの決戦」の藤木の実、「金語楼の兵隊さん」の藤田進など。

監督
加戸野五郎
出演キャスト
若山富三郎 藤間城太郎 林寛 小笠原弘

隠密七生記(1956)

  • 1956年3月27日公開
  • 出演(中納言宗春 役)

吉川英治の原作を「赤城の血祭」の共同脚色者の一人、関沢新一が山辺真と共同で脚色し、「びっくり捕物帖 女いれずみ百万両」のコンビ、渡辺邦男が監督、渡辺孝が撮影を担当した。主なる主演者は、「鍔鳴浪人」の大友柳太朗、「唄祭り 江戸っ子金さん捕物帖」の若山富三郎、「びっくり捕物帖 女いれずみ百万両」の阿部九洲男、宇治みさ子、「姿なき一〇八部隊」の中山昭二、「大学の武勇伝」の島崎雪子、「北海の叛乱」の安西郷子など。(二部作)

監督
渡辺邦男
出演キャスト
大友柳太朗 若山富三郎 阿部九洲男 本郷秀雄

社長三等兵

  • 1956年3月6日公開
  • 出演(劉士忱 役)

「息子一人に嫁八人」を監督した志村敏夫が岡田達門と共同で脚本を書き、同じく志村敏夫が監督、「君ひとすじに」の西垣六郎が撮影を担当した。主なる出演者は、「北海の叛乱」の田崎潤、「森繁の新婚旅行」の遠山幸子、和田孝、「何故彼女等はそうなったか」の池内淳子、「君ひとすじに」の江見渉など。

監督
志村敏夫
出演キャスト
杉寛 小峰千代子 田崎潤 遠山幸子
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 小笠原弘

ムービーウォーカー 上へ戻る