映画-Movie Walker > 人物を探す > 市原悦子

年代別 映画作品( 1957年 ~ 2017年 まで合計83映画作品)

1972年

無宿人御子神の丈吉 川風に過去は流れた

  • 1972年10月10日(火)公開
  • 出演(お加代 役)

笹沢左保原作・小説の映画化二作目。妻と子を惨殺された無宿人御子神の丈吉が仇を求めて復讐の旅をつづける。脚本は「無宿人御子神の丈吉 牙は引き裂いた」の石松愛弘、監督は脚本も執筆している同作の池広一夫、撮影も同作の宮川一夫。

監督
池広一夫
出演キャスト
原田芳雄 中村敦夫 峰岸隆之介 市原悦子

木枯し紋次郎 関わりござんせん

  • 1972年9月14日(木)公開
  • 出演(お光 役)

笹沢左保原作・小説の映画化二作目。今回は原作より離れ、紋次郎の人間形成の秘密を探る。拭い難い苛酷な過去を背負い、厳しい現実に耐えて生きていく紋次郎の孤独と哀感を描く。脚本は「博奕打ち外伝」の野上龍雄、監督は「まむしの兄弟 傷害恐喝十八犯」の中島貞夫、撮影は「木枯し紋次郎」のわし尾元也がそれぞれ担当。

監督
中島貞夫
出演キャスト
菅原文太 市原悦子 田中邦衛 大木実

あゝ声なき友

  • 1972年4月29日(土)公開
  • 出演(町よしの 役)

戦友たちの遺書をあずかって一人生還した男が、残りの人生を犠牲にして、全国の遺族を訪れ歩く。この訪問を通して戦争のもたらした悲劇を描く。原作は有馬頼義の「遺書配達人」の映画化。脚本は「辻が花」の鈴木尚之。監督は「婉という女」の今井正。撮影は「喜劇 花嫁戦争」の堂脇博がそれぞれ担当。

監督
今井正
出演キャスト
渥美清 森次浩司 北村和夫 小川真由美

喜劇 女売り出します

  • 1972年2月5日(土)公開
  • 出演(竜子 役)

「新宿芸能社」を舞台に、藤原審爾原作の「女」シリーズ第三作。脚本は「女番長ブルース 牝蜂の挑戦」の掛札昌裕と「生まれかわった為五郎」の吉川憲一。監督森崎東。撮影も同作の吉川憲一が、それぞれ担当。

監督
森崎東
出演キャスト
森繁久彌 市原悦子 夏純子 米倉斉加年
1971年

黒の斜面

  • 1971年8月25日(水)公開
  • 出演(川上妙子 役)

飛行機事故から題材を得たもので、日常的な安定の中で、物質的にも性的にも微妙なバランスを保っていた人間関係が、ある偶然によってバランスを失った時、どんなスリリングでめくらめく恐怖が姿を現わすか、をテーマにしたサスペンス映画。脚本は「明日また生きる」の菊島隆三。撮影は「開運旅行」の丸山恵司がそれぞれ担当。

監督
貞永方久
出演キャスト
加藤剛 岩下志麻 市原悦子 山口果林

刑事物語 兄弟の掟

  • 1971年3月6日(土)公開
  • 出演(岩淵あき子 役)

表面的には、繁栄と平和を続けながらも、断絶、倦怠が渦巻く現代日本の世相を、一刑事の家庭の兄弟関係に投影させながら現代の風俗を描いていく。脚本・監督は、松竹で主に小林正樹監督につき「人間の条件 第1・2部」などの助監督を勤め、TVの「男はつらいよ」「風林火山」の脚本を書いた新人稲垣俊。撮影は「俺の空だぜ! 若大将」の逢沢譲が担当。

監督
稲垣俊
出演キャスト
田中邦衛 栗原千里 加山雄三 野際陽子
1970年

たぬき坊主

  • 1970年4月8日(水)公開
  • 出演(妻おるい 役)

「ミヨちゃんのためなら 全員集合!!」の渡辺祐介と、「吸血髑髏船」の下飯坂菊馬が脚本を共同執筆、渡辺祐介が監督した喜劇。撮影は「ミヨちゃんのためなら 全員集合!!」の荒野諒一が担当。

監督
渡辺祐介
出演キャスト
フランキー堺 市原悦子 中川加奈 江頭武典

ちびっ子レミと名犬カピ

  • 1970年3月17日(火)公開
  • 出演(バルブラン 役)

エクトル・マロー原作「家なき子」をもとに、「縁結び旅行」の瀬川昌治が脚本を書き、芹川有吾が演出にあたった長編まんが映画。作画監督は、大工原章が担当。

出演キャスト
朝井ゆかり 三島雅夫 馬渕晴子 市原悦子

富士山頂(1970)

  • 1970年2月28日(土)公開
  • 出演(茂子 役)

新田次郎の同名小説(文芸春秋社刊)を「風林火山」の国弘威雄が脚色し、「闇を裂く一発」の村野鐵太郎がメガホンをとった人生もの。撮影は「栄光への5000キロ」の金宇満司が担当。

監督
村野鐵太郎
出演キャスト
石原裕次郎 山崎努 渡哲也 芦田伸介
1969年

恋にめざめる頃

  • 1969年3月29日(土)公開
  • 出演(雪子 役)

昭和十年PCLで映画化された成瀬巳喜男脚本・監督の「妻よ薔薇のやうに」の再映画化。原作は中野実の『二人妻』。脚色は大野靖子で、時代を現代におきかえ、娘の目からみた父親像が今度の作品の焦点になっている。監督は「街に泉があった」でデビューした浅野正雄。撮影は「コント55号 世紀の大弱点」を担当した中井朝一。

監督
浅野正雄
出演キャスト
酒井和歌子 土屋嘉男 草笛光子 東山敬司

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 市原悦子