映画-Movie Walker > 人物を探す > 市原悦子

年代別 映画作品( 1957年 ~ 2017年 まで合計83映画作品)

2017年

しゃぼん玉

  • 2017年3月4日(土)公開
  • 出演(スマ 役)

阪本順治や和泉聖治の下で助監督を務めた東伸児が、乃南アサのベストセラー小説を映画化した劇場用監督デビュー作。親に見捨てられ、犯罪を繰り返してきた青年・伊豆見は、逃亡先で出会った老婆スマや村の人々との出会いを経て、人間らしさを取り戻していく。出演は「グッドモーニングショー」の林遣都、「あん」の市原悦子、「デスノート Light up the NEW world」の藤井美菜。

監督
東伸児
出演キャスト
林遣都 市原悦子 藤井美菜 綿引勝彦
2007年

筆子・その愛 天使のピアノ

  • 2007年1月20日(土)公開
  • ナレーション

障害を持つ子供たちの生活を守り、教育を施すための活動に生涯を捧げた石井筆子の半生を描く感動ドラマ。“障害児教育の母”と呼ばれた彼女の姿を常盤貴子が熱演する。

監督
山田火砂子
出演キャスト
常盤貴子 市川笑也 渡辺梓 星奈優里
2006年

バルトの楽園(がくえん)

  • 2006年6月17日(土)公開
  • 出演(すゑ 役)

ベートーベンの第九を日本で初めて演奏したドイツ人捕虜の実話を壮大なスケールで映画化。真の正義感にあふれた人情派の収容所所長を「暴れん坊将軍」の松平健が熱演!

監督
出目昌伸
出演キャスト
松平健 ブルーノ・ガンツ 阿部寛 國村隼
2005年

あらしのよるに

  • 2005年12月10日(土)公開
  • 出演(メイのおばあちゃん 役)

幅広い層から支持される、ベストセラー絵本を映画化した感動アニメ。オオカミとヤギの危うい友情をユーモラスにつづる。中村獅童&成宮寛貴が声優で参加。

監督
杉井ギサブロー
出演キャスト
中村獅童 成宮寛貴 林家正蔵 山寺宏一

風林火山

  • 2005年10月29日(土)公開
  • 出演(諏訪岩根 役)

生誕100周年を記念し、名匠・稲垣浩監督の名作の数々をニュープリント版で再上映する。「風林火山」は、戦国時代に活躍した武田軍の名参謀・山本勘助の波乱の半生を描く。

監督
稲垣浩
出演キャスト
三船敏郎 佐久間良子 大空真弓 中村錦之助
1997年

うなぎ(1997)

  • 1997年5月24日(土)公開
  • 出演(服部フミエ 役)

妻の浮気によって人間不信に陥り、唯一飼っているうなぎだけに心を開く中年男と、そんな彼をとりまく人たちの交流を描いた人間喜劇。監督は前作「黒い雨」から8年ぶりにメガホンを取った今村昌平。吉村昭の『闇にひらめく』を、冨川元文と「罠」の天願大介、そして今村自身が共同脚色している。撮影は「BAD GUY BEACH」の小松原茂。主演は「失楽園」の役所広司と、「義務と演技」の清水美砂。第50回カンヌ国際映画祭グランプリ(パルム・ドール)受賞作で、今村は83年の「楢山節考」に続く2度目の受賞となった。97年度キネマ旬報ベスト・テン第1位。

監督
今村昌平
出演キャスト
役所広司 清水美砂 柄本明 田口トモロヲ
1996年

エンジェルがとんだ日

  • 1996年7月27日(土)公開
  • 出演(声)(ヒサコ(声) 役)

監督で原作者でもある山田火砂子が、知的障害者の娘と健常に生まれた次女との3人で過ごした30年間の実話をもとに、差別社会への疑問をユーモアを交えてつづった長編アニメーション。声の出演はテレビでも活躍の市原悦子をはじめ、坂本千夏、飛田展男、千葉繁らがそれぞれの持味を発揮している。

監督
山田火砂子 則座誠
出演キャスト
市原悦子 坂本千夏 飛田展男 千葉繁
1992年

一杯のかけそば

  • 1992年2月15日(土)公開
  • 出演(ナレーション 役)

一杯のかけそばを巡る、貧しい母子とそば屋夫婦との心の交流をほのぼのと描いた栗良平原作の同名童話の映画化で、脚本は永井愛が執筆。監督は「マイフェニックス」の西河克己。撮影は「死線を越えて 賀川豊彦物語」の高村倉太郎がそれぞれ担当。

監督
西河克己
出演キャスト
渡瀬恒彦 市毛良枝 泉ピン子 鶴見辰吾
1990年

人間の砂漠

  • 1990年4月28日(土)公開
  • 出演(緒方恭子 役)

刑務所という極度の場に送られた女性を通して、現代社会の本質を描く。早瀬圭一原作のノンフィクション小説『長い午後』の映画化で、「夢千代日記」の故・浦山桐郎の脚本を「花の季節」の中岡京平が脚色化、監督は「青い山脈'88」の斎藤耕一、撮影は同作の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
斎藤耕一
出演キャスト
加納みゆき 市原悦子 渡辺典子 永島暎子
1989年

黒い雨

  • 1989年5月13日(土)公開
  • 出演(閑間シゲ子 役)

原爆による黒い雨を浴びたために人生を狂わせられてしまった女性と、それを暖かく見守る叔父夫婦とのふれあいを描く。井伏鱒二原作の同名小説の映画化で、脚本・監督は「女衒」の今村昌平、共同脚本は「ジャズ大名」の石堂淑朗、撮影は「危険な女たち」の川又昂がそれそれ担当。

監督
今村昌平
出演キャスト
田中好子 北村和夫 市原悦子 原ひさ子

関連ニュース

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 市原悦子