映画-Movie Walker > 人物を探す > 亜湖

年代別 映画作品( 1978年 ~ 2018年 まで合計34映画作品)

2018年

明日にかける橋 1989年の想い出

  • 2018年6月30日(土)公開
  • 出演(喫茶店のママ 役)

静岡県袋井・磐田両市・森町を舞台にした家族ドラマ。弟の事故死をきっかけに家庭は荒み、みゆきは一人で家を支えていた。父の葬儀の夜、願いが叶うと伝わる明日橋を駆け抜けたみゆきは、事故の前日にタイムスリップする。市民有志が中心となり製作された。浜松市で撮影した「青い青い空」、湖西市の「朝日のあたる家」、島田市の「向日葵の丘・1983年夏」と、静岡県内を舞台にした作品を多く手がける太田隆文がメガホンを取る。家族を救おうとする主人公みゆきを「軽蔑」の鈴木杏が演じるほか、「火花」の監督などマルチな才能を発揮する板尾創路、「向日葵の丘・1983年夏」でも太田監督と組んだ田中美里、映像・舞台で活躍し続ける宝田明らが出演。

監督
太田隆文
出演キャスト
鈴木杏 板尾創路 田中美里 宝田明
2008年

夢のまにまに

  • 2008年10月18日(土)公開
  • 出演

美術監督として有名な木村威夫が、豪華キャストを迎えて製作した初長編監督作。映画学校長の老人と、心に傷を負った青年の交流を静かに映し、生と死、老いと若さを見つめる。

監督
木村威夫
出演キャスト
長門裕之 有馬稲子 井上芳雄 永瀬正敏
1990年

おあずけ

  • 1990年11月10日(土)公開
  • 出演(岡本さえこ 役)

バイオテクノロジーによって生まれた二人の少女とサイコパワーを持つ悪意に満ちた科学者との対決を描く。脚本は「ほしをつぐもの」の小水一男が執筆。監督は新人の内田琢磨。撮影は花田三史がそれぞれ担当。

監督
内田琢磨
出演キャスト
桜井幸子 中川彩 新島弥生 大西史子

十六歳のマリンブルー

  • 1990年3月24日(土)公開
  • 出演(平塚正子 役)

“いちご族”と呼ばれる10代の若者たちの人生観や価値観、生活の真実をひとりの少女の眼を通して描く。本城美智子原作の同名小説の映画化で、脚本は「ラブ・ゲームは終わらない」の藤長野火子が執筆、監督は「りぼん RE-BORN」の今関あきよし、撮影は喜久村徳章がそれぞれ担当。

監督
今関あきよし
出演キャスト
古谷玲香 菊池健一郎 薬丸裕英 松原智恵子
1989年

出張

  • 1989年9月30日(土)公開
  • 出演(飲み屋の女 役)

突然、ゲリラに誘拐された一人のサラリーマンの非哀をブラックユーモアで描く。脚本・監督は「ニュー・ジャック&ベティ」の沖島勲で、撮影は「泪橋」の大津幸四郎がそれぞれ担当。

監督
沖島勲
出演キャスト
石橋蓮司 松尾嘉代 原田芳雄 志賀圭二郎
1987年

メイク・アップ

  • 1987年公開
  • 出演(ファンシー美希 役)

ドサ回りのストリッパーと知的障害の少年の心の交流を描く。若一光司原作の「海に夜を重ねて」の映画化で、脚本は「火宅の人」の神波史男、監督は「ボクの女に手を出すな」の中原俊、撮影は「ビー・バップ・ハイスクール 高校与太郎行進曲」の森勝がそれぞれ担当。

監督
中原俊
出演キャスト
烏丸せつこ 尾美としのり 吉行和子 亜湖

待ち濡れた女

  • 1987年12月19日(土)公開
  • 出演(スナックの女 役)

台風が近づいた日に、別れた夫から突然復縁を迫られ揺れ動く女の心理を描く。高橋揆一郎の原作「雨ごもり」の映画化で、脚本は「恋人たちの時刻」の荒井晴彦が執筆。監督は「美姉妹・喘ぐ」の上垣保朗、撮影は「子象物語 地上に降りた天使」の安藤庄平がそれぞれ担当。

監督
上垣保朗
出演キャスト
中村晃子 高橋長英 浅野なつみ 柄沢次郎

極道の妻たちII

  • 1987年10月10日(土)公開
  • 出演(影山の妻 役)

極道の妻たちの世界を描いた「極道の妻たち」の第二弾。家田荘子の同名ルポルタージュの映画化で、脚本は前作の高田宏治、監督は「燃える勇者」の土橋亭、撮影は水巻祐介がそれぞれ担当。

監督
土橋亨
出演キャスト
十朱幸代 かたせ梨乃 木村一八 竹内力

親鸞 白い道

  • 1987年5月9日(土)公開
  • 出演(しいな 役)

僧侶、親鸞の半生を描く。三國連太郎原作の同名小説の映画化で、脚本は劇作家の藤田傅と本作品で監督デビューした三國連太郎が共同執筆。撮影は「離婚しない女」の山崎善弘が担当。

監督
三國連太郎
出演キャスト
森山潤久 大楠道代 泉谷しげる ガッツ石松
1985年

(金)(び)の金魂巻

  • 1985年4月20日(土)公開
  • 出演(渡辺ひろ子 役)

中学の同窓会で数年ぶりに再会した昔の仲間たちの暮しぶりを描く一般映画。イラストレーター、渡辺和博のエッセイ「金魂巻」の映画化で、脚本は「団地妻 ニュータウン禁猟区」の西岡琢也、監督は「晴れ、ときどき殺人」の井筒和幸、撮影は「刺青(1984)」の森勝がそれぞれ担当。

監督
井筒和幸
出演キャスト
九十九一 小林まさひろ 川上麻衣子 大門正明
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 亜湖