映画-Movie Walker > 人物を探す > 永島敏行

年代別 映画作品( 1977年 ~ 2018年 まで合計79映画作品)

1991年

真夏の地球

  • 1991年6月1日(土)公開
  • 出演(丸山瞳(スイカ男) 役)

海沿いの田舎町を舞台に、ひょんなことからビーチバレーボール大会に出場することになる3人の高校生の奮闘をさわやかに描く青春映画。脚本は「東京上空いらっしゃいませ」の榎祐平が執筆。監督は「STAY GOLD ステイ・ゴールド」の村上修。撮影は「櫻の園」の藤沢順一がそれぞれ担当。

監督
村上修
出演キャスト
菊池健一郎 深津絵里 筒井道隆 山口祥行
1990年

ドンマイ

  • 1990年3月3日(土)公開
  • 出演(田代英介 役)

東京の下町を舞台に弱体少年野球チーム“ちどりボーイズ”の活躍とそこに住む庶民たちの姿を描く。原作・脚本は「さくら隊散る」の新藤兼人が執筆、監督は「伊勢湾台風物語」の神山征二郎、撮影は伊藤嘉宏がそれぞれ担当。

監督
神山征二郎
出演キャスト
桃井かおり 永島敏行 池上竜馬 浜田光夫
1989年

ゴジラVSビオランテ

  • 1989年12月16日(土)公開
  • 出演(山本精一 役)

大怪獣ゴジラと謎の新怪獣ビオランテの対決を描く。小林晋一郎のゴジラ・ストーリー応募作品を基に、脚本・監督は「花の降る午後」の大森一樹、特技監督は「ガンヘッド」の川北紘一、撮影は「ピラミッドの彼方に ホワイト・ライオン伝説」の加藤雄大がそれぞれ担当。

監督
大森一樹
出演キャスト
三田村邦彦 田中好子 高橋幸治 金田龍之介

危ない話

  • 1989年7月8日(土)公開
  • 出演(風間丈太郎 役)

悪夢のような“危なさ”をオムニバス形式で三者三様に描く。第一話の脚本は「凌辱!制服処女」の阪本順治、監督は「犬死にせしもの」の井筒和幸、撮影は「SO WHAT」の篠田昇。第二話の脚本・監督は「スウィートホーム」の黒沢清、共同脚本は「DOOR」の及川中、撮影は「ゴンドラ」の瓜生敏彦。第三話の脚本は武井法政、監督は「DOOR」の高橋伴明、撮影は「爆裂都市 バースト・シティ」の笠松則通がそれぞれ担当。

監督
井筒和幸 黒沢清 高橋伴明
出演キャスト
竹中直人 室田日出男 佐野史郎 小川美那子
1988年

アナザーウェイ D機関情報

  • 1988年9月17日(土)公開
  • 出演(矢部将幸 役)

第二次世界大戦末期にヨーロッパへ渡った海軍中佐が軍務遂行か和平工作かの選択を迫られ苦悩する姿を描く。西村京太郎原作の小説『D機関情報』の映画化で、脚本は「おれは男だ! 完結編」の石倉保志が執筆。監督は「竜馬を斬った男」の山下耕作、撮影は赤塚滋がそれぞれ担当。日本・スイス合作。

監督
山下耕作
出演キャスト
役所広司 いしだあゆみ 高橋英樹 永島敏行

異人たちとの夏

  • 1988年9月15日(木)公開
  • 出演(間宮一郎 役)

中年のシナリオ・ライターが、幼い頃死んだはずの両親と再会する不思議な体験を描く。山田太一原作の同名小説の映画化で、市川森一が脚色。監督は「日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群」の大林宣彦、撮影は「PARIS-DAKAR 15 000 栄光への挑戦」の阪本善尚がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
風間杜夫 秋吉久美子 片岡鶴太郎 永島敏行

噛む女(1988)

  • 1988年7月1日(金)公開
  • 出演(古賀雄一 役)

団塊の世代の夫が妻の陰謀により、死へ追いやられる恐怖を描く。結城昌治原作の同名小説の映画化で、脚本は「待ち濡れた女」の荒井晴彦が執筆。監督は「ベッドタイムアイズ」の神代辰巳。撮影は「パイレーツによろしく」の篠田昇がそれぞれ担当。

監督
神代辰巳
出演キャスト
桃井かおり 永島敏行 平田満 余貴美子

日本殉情伝 おかしなふたり ものくるほしきひとびとの群

  • 1988年3月29日(火)公開
  • 出演(成田和美 役)

永遠の女性像を求めて彷徨う男たちの姿を描く。やまさき十三、さだやす圭原作の劇画「おかしな2人」の映画化で、脚本は「さびしんぼう」の剣持亘と「漂流教室」(潤色)の小倉洋二、大林宣彦と薩谷和夫が共同で執筆。監督は同作の大林宣彦、撮影は長野重一がそれぞれ担当。

監督
大林宣彦
出演キャスト
竹内力 永島敏行 南果歩 原泉
1987年

愛はクロスオーバー

  • 1987年11月14日(土)公開
  • 出演(梶山潤 役)

かつてサーキットで火花を散らした男たちの愛と友情を、稲垣潤一の音楽を全編に織り込みながら描く。脚本は長瀬未代子、監督は栗原剛志で共にこれが劇場用映画第一回作品。撮影は「ベッドタイムアイズ」の川上皓市がそれぞれ担当。

監督
栗原剛志
出演キャスト
名取裕子 永島敏行 平田満 稲垣潤一

次郎物語(1987)

  • 1987年7月4日(土)公開
  • 出演(喜さぶ 役)

親と子の心のふれあいを描いた古典的名作の映画化。原作は下村湖人の同名小説、脚本は「白い野望」の井手雅人、監督は「きみが輝くとき」の森川時久、撮影は「親鸞 白い道」の山崎善弘がそれぞれ担当。

監督
森川時久
出演キャスト
加藤剛 高橋恵子 伊勢将人 樋口剛嗣

関連ニュース

永島敏行が『HESOMORI』で幕末の志士から感銘を受ける
永島敏行が『HESOMORI』で幕末の志士から感銘を受ける(2012年5月24日)

和紙発祥の地・福井県越前市を舞台にした映画『HESOMORI ヘソモリ』(5月26日公開)で主演を務めた永島敏行。福井でオールロケを敢行した本作は、友情、家族愛…

永島敏行、渡辺いっけい、佐野史郎ら出演『HESOMORI』が東京・大阪・愛知で公開決定
永島敏行、渡辺いっけい、佐野史郎ら出演『HESOMORI』が東京・大阪・愛知で公開決定(2012年3月24日)

福井県で先行公開されている『HESOMORI ヘソモリ』が、5月26日(土)よりシネ・リーブル池袋、シネ・リーブル梅田、名古屋・中川コロナシネマワールドで公開す…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 永島敏行