映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョーン・ハケット

年代別 映画作品( 1966年 ~ 1982年 まで合計9映画作品)

1982年

マジック・ボーイ

  • 1982年8月14日(土)公開
  • 出演(Aunt_Sibyl 役)

天才奇術師の息子が市長の汚職の証拠となる財布をすり取ったことから起きる騒動を描く。監督は「少年の黒い馬」(78)のカメラマンから転向しこれが演出第1作となるキャレブ・デシャネル。製作はダグ・クレイボーン、バック・ホートン、製作指揮はフランシス・フォード・コッポラとフレッド・ルース。デイヴィッド・ワグナーの原作に基づき、「少年の黒い馬」「E.T.」のメリッサ・マシソンとスティーブン・ジトーが脚色した。撮影はスティーブン・H・ブラム、音楽はジョルジュ・ドルリューが担当。出演はグリフィン・オニール、ラウル・ジュリア、テリー・ガー、ジョーン・ハケットなど。

監督
カレブ・デシャネル
出演キャスト
グリフィン・オニール ラウル・ジュリア テリー・ガー ジョーン・ハケット
1981年

泣かないで(1981)

  • 1981年当年公開
  • 出演(Toby 役)

アル中専門の療養所を退院した舞台女優の母とその娘の触れ合いを描く。製作はロジャー・M・ロススタインとニール・サイモン、監督はTV出身のグレン・ジョーダン、脚本は・ニール・サイモン、撮影はデイヴィッド・M・ウォルシュ、音楽はデイヴィッド・シャイアーが各各担当。出演はマーシャ・メイソン、クリスティ・マクニコル、ジェームズ・ココ、ジョーン・ハケット、デイヴィッド・デュークスなど。

監督
グレン・ジョーダン
出演キャスト
マーシャ・メイソン クリスティ・マクニコル ジェームズ・ココ ジョーン・ハケット
1977年

マタクンベの黄金

  • 1977年1月15日(土)公開
  • 出演(Lauriette 役)

フロリダ半島マタクンベに眠る黄金に魅せられた少年達の探険譚を描く。製作はビル・アンダーソン、監督は「ファイヤークリークの決斗」のヴィンセント・マックヴィーティ、脚本はドン・テイト、原作はピュリッツァー賞作家ロバート・ルイス・テーラーの小説、撮影はフランク・フィリップス、音楽はバディ・ベイカーが各々担当。出演はロバート・フォックスワース、ジョーン・ハケット、ピーター・ユスチノフ、ヴィック・モローなど。

監督
ヴィンセント・マックヴィーティ
出演キャスト
ロバート・フォックスワース ジョーン・ハケット ピーター・ユスティノフ ヴィック・モロー
1974年

電子頭脳人間

  • 1974年10月12日(土)公開
  • 出演(Dr.Janet_Ross 役)

脳外科の手術を受け、コンピューターによって精神をコントロールされた男が起こす事件を描くSF映画。製作・監督・脚本はTV出身の新人マイク・ホッジス、原作は「ウエストワールド」を監督した作家マイケル・クライトンのSF恐怖小説。撮影はリチャード・H・クライン、音楽はJ・S・バッハによるゴールドバーグ・バリエーションNo25、編集はニコラス・スチーブンソンが各々担当。出演はジョージ・シーガル、ジョーン・ハケット、リチャード・A・ダイサート、ジル・クレイバーグ、ドナルド・モファット、マット・クラーク、マイケル・グウィン、ノーマン・バートン、ウィリアム・ハンセン、ジェームズ・シッキング、イアン・ウォルフなど。

監督
マイク・ホッジス
出演キャスト
ジョージ・シーガル ジョーン・ハケット リチャード・A・ダイサート ジル・クレイバーグ
1973年

シーラ号の謎

  • 1973年9月14日(金)公開
  • 出演(Lee 役)

1艘の豪華ヨットの中で次々に起こる恐怖の殺人事件を描く。製作・総指揮はスタンリー・オトゥール、製作・監督は「ボギー!俺も男だ」のハーバート・ロス、脚本はスチーブン・ソンドハイムと俳優のアンソニー・パーキンス、撮影はジェリー・タービン、音楽はビリー・ゴールドンバーグ、編集はエドワード・A・ワーシルカ・ジュニア。出演はリチャード・ベンジャミン、ダイアン・キャノン、ジェームズ・コバーン、ジョーン・ハケット、ジェームズ・メイスン、イアン・マクシェーン、ラクェル・ウェルチ、イヴォンヌ・ロメイン、ピエロ・ロッソ、サージ・シートン、ロベルト・ロージなど。

監督
ハーバート・ロス
出演キャスト
リチャード・ベンジャミン ダイアン・キャノン ジェームズ・コバーン ジョーン・ハケット
1969年

夕陽に立つ保安官

  • 1969年12月9日(火)公開
  • 出演(Prudy 役)

製作も手がけている「腰抜け二挺拳銃」のウィリアム・バワーズの脚本を「続荒野の七人」のバート・ケネディが監督したユーモラスな西部劇。撮影は、ハリー・ストラドリング・ジュニア、音楽をジェフ・アレクサンダーが担当している。出演は「グラン・ブリ」のジェームズ・ガーナー、「ウィル・ペニー」のジョーン・ハケット、「西部開拓史」のウォルター・ブレナン、「六番目の男」のハリー・モーガンなど。

監督
バート・ケネディ
出演キャスト
ジェームズ・ガーナー ジョーン・ハケット ウォルター・ブレナン ハリー・モーガン

殺しへの委任状

  • 1969年5月8日(木)公開
  • 出演(Dominque 役)

TV出身のシェルダン・レイノルズが脚本を書き、自ら監督にあたったアクション篇。撮影はアメリカのハロルド・リップステインと、イタリアのエンツォ・バルボーニ、音楽は「青春の海」のウィリアム・ラヴァ、美術はジョン・ベックマンが担当した。出演は「ニューヨークの大停電」のパトリック・オニール、「グループ」のジョーン・ハケットほか。製作はウィリアム・コンラッド。

監督
シェルダン・レイノルズ
出演キャスト
パトリック・オニール ジョーン・ハケット ジョン・ギールグッド ハーバート・ロム
1968年

ウィル・ペニー

  • 1968年3月2日(土)公開
  • 出演(Catherine_Allen 役)

映画初登場の新人トム・グリースが監督した西部劇。「エルダー兄弟」のルシエン・バラードが撮影を担当、音楽はデイヴィッド・ラクシンがあたっている。出演は「誇り高き戦場」のチャールトン・ヘストン、「グレープ」のジョーン・ハケット、「007は二度死ぬ」のドナルド・プレザンス、リー・メジャーズ、ベン・ジョンソン、ブルース・ダーンなど。

監督
トム・グリース
出演キャスト
チャールトン・ヘストン ジョーン・ハケット ドナルド・プレゼンス リー・メジャース
1966年

グループ

  • 1966年7月6日(水)公開
  • 出演(Drothy_Renfrew 役)

メアリー・マッカーシーの小説を、製作担当のシドニー・バックマンが脚色、「丘」のシドニー・ルメットが監督した、同級生8人の女性の、卒業後の生活を描いたもの。撮影は「丘」のボリス・カウフマン、音楽はチャールズ・グロス、美術は「アメリカ アメリカ」のジーン・キャラハンが担当した。出演は「いつか見た青い空」のエリザベス・ハートマン、「渇いた太陽」のシャーリー・ナイトのほかはみな新人で、キャンディス・バーゲン、ジョーン・ハケット、ジョアンナ・ペティット、メアリー・ロビン・レッド、ジェシカ・ウォルター、キャスリーン・ウィドースなど。

監督
シドニー・ルメット
出演キャスト
キャンディス・バーゲン ジョーン・ハケット エリザベス・ハートマン シャーリー・ナイト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジョーン・ハケット