TOP > 人物を探す > Lydia Yeamans Titus

年代別 映画作品( 年 ~ 1927年 まで合計19映画作品)

1927年

夜稼ぎ二人組

  • 1927年
  • 出演(Landlady 役)

アルバート・シェルビー・ル・ヴィノ氏のオリジナル・ストーリーを映画化したものでガートルード・オール女史が脚色し、「鉄腕の男」と同じくジョージ・アーチェンボード氏が監督したものである。主役を演ずるのは、「絹の靴下」「娘一人に婿百人」のジョニー・ハロン氏、「ギャング・ワー」のエディ・グリッボン氏、「ゴリラ(1927)」「踊子フィリス」のアリス・デイ嬢、この3人であるが、そのほかに「速力時代」のウォルター・ハイアース氏、等も出演している。キャメラは「アマゾンの紅薔薇」のチェスター・ライオンズス氏。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
アリス・デイ ジョニー・ハロン エディ・グリッボン ウォルター・ハイアース
1926年

お洒落娘

  • 1926年
  • 出演(Mrs_Cheston 役)

ジェームズ・モントゴメアリー氏作のミュージカル・コメディーを映画化したもので、レックス・テイラー氏が脚本を書き、「踊り子サリー」「滑稽ホリウッド」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「踊り子サリー」「女名捕手」等主演のコリーン・ムーア嬢で、相手役は「踊り子サリー」「青春に浴して」等出演のジョージ・K・アーサー氏、エヴァ・ノヴァク嬢、チャールズ・マレイ氏、エドワード・アール氏等が助演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
コリーン・ムーア ロイド・ヒューズ ジョージ・K・アーサー チャールズ・マレイ
1925年

屑屋の大将

  • 1925年
  • 出演(Mrs._Malloy 役)

「少年ロビンソン」と同じくウィラード・マック氏が特に書き下ろした脚本により 、エドワード・クライン氏が監督したもので、「フランダースの少年」「少年ロビンソン」等主演のジャッキー・クーガン君が主演しロバート・エディソン氏、ウィリアム・コンクリン氏、マックス・デイヴィッドソン氏が助演している。

監督
エドワード・クライン
出演キャスト
ジャッキー・クーガン マックス・デイヴィッドソン Lydia Yeamans Titus ロバート・エディソン
1924年

子守唄(1924)

  • 1924年
  • 出演(Mary 役)

リリアン・デュシーの原作を、ホープ・ロアリングとルイス・D・ライトンとが脚色し、「離婚」「雪靴の跡」等と同じくチェスター・ベネットが監督、ジェーン・ノヴァックが主演したもので、ノヴァックは二役を演出する。対手役は「君国の為に」「幸福」等出演のロバート・アンダーソンで「良人の危険時代」出演のクレオ・マディソンも出演する。母性愛高唱の映画である。

監督
チェスター・ベネット
出演キャスト
ジェーン・ノヴァック ロバート・アンダーソン フレッド・マラテスタ Dorothy Marion Mack
1923年

豪傑ダン

  • 1923年
  • 出演(Aunt_Kate_Walsh 役)

フレデリック・ハットン及びファニー・ハットンの共作になり、ウィリアム・A・ウェルマンが監督「死線突破」「巡業の群れ」等と同じくチャールズ・ジョーンズが主演したもの。対手役はマリアン・ニクソン。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
チャールズ・ジョーンズ マリアン・ニクソン ベン・ヘンドリックス トリルビー・クラーク
1921年

無謀な結婚

  • 1921年
  • 出演(Mrs._Boggs 役)

マージョリー・ベントン・クック女史原作「シンデレラ・ジェーン」Cinderella Janeをマリオン・フェアファックス女史が脚色した人情劇で、ユ社の新進ローリン・スタージョン氏の監督、カーメル・マイアース嬢の主演になったものである。

監督
ローリン・スタージョン
出演キャスト
カーメル・マイヤース Truman Van Dyke William Brunton Virginia Ware

見えざる力(1921)

  • 1921年
  • 出演(Giggling_Neighbor 役)

「イソベル」「偽りの唇」など主演のハウス・ピータース主演のゴールドウィン、フランク・ロイド監督映画で「吹雪の道」「狼の心」など出演のアイリーン・リッチが相手役である。

監督
フランク・ロイド
出演キャスト
ハウス・ピータース アイリーン・リッチ デウィット・ジェニングス シドニー・エインスウォース

シェンストーンの女主人

  • 1921年
  • 出演(Suzannnah_Murgatroyd 役)

フローレス・バークレー女史原作の同名の小説を脚色したもので、「花婿入用」「妄執の影」等を監督したヘンリー・キング氏が監督の任に当たり、ポーリン・フレデリック嬢が主演したロマンスで、劇中嬢は今までと異なったロマンティックな役を演じている。対手はロイ・スチュアート氏である。ニュース誌の評によると「動きは少ないが、しかもそのロマンスと背景によって人を魅する力がある」作品だそうである。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ポーリン・フレデリック ロイ・スチュアート エメット・C・キング アーサー・クレイトン

計画破れぬ

  • 1921年
  • 出演(Angelico his wife 役)

「胡蝶すみれ」「痛快市長」などと同じくトム・ムーア主演のゴールドウィン映画である。相手役は昔キーストン喜劇でよく見たヘイゼル・デイリー。「暴風雨の夜」主演のディック・ロッスンも出演する。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
トム・ムーア ヘイゼル・デイリー デウィット・ジェニングス ディック・ロッスン

男嫌ひ女嫌ひ

  • 1921年
  • 出演(Housekeeper 役)

マリー・プレヴォーの第2回目のユ社映画である。監督は第1回の「月光の夢」と同じくキング・バゴットである。ローイ・クレメンツの原作をドリス・シュローダーが脚色した。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
マリー・プレヴォー Helen Harris Vernon Snively P. Henry Grey
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/6更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > Lydia Yeamans Titus