TOP > 映画監督・俳優を探す > メイ・アリソン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1927年 まで合計8映画作品)

1927年

電話姫

  • 1927年
  • 出演(Grace_Robinson 役)

ウィリアム・C・デミル氏作の舞台劇「女」を映画化したもので、エリザベス・ミーハン女史が脚色し、「ボー・ジェスト(1927)」「神我に二十銭を賜う」等と同じくハーバート・ブレノン氏が監督した。主役俳優は「お針娘バーサ」「大山鳴動」等出演のマッジ・ベラミー嬢、「或る男の一生」「南海のアロマ」等出演のワーナー・バクスター氏、「百貨店」「当たり狂言」等出演のローレンス・グレイ氏、「鉄腕の男」「ウィーンの狂乱」等出演のメイ・アリソン嬢及び「ロジタ(1923)」「荒野の孤児」等出演のホルブルック・ブリン氏で、ヘール・ハミルトン氏、ハミルトン・レヴェル氏等も出演している。

監督
ハーバート・ブレノン
出演キャスト
マッジ・ベラミー ホルブルック・ブリン ワーナー・バクスター メイ・アリソン
1926年

ウィーンの狂乱

  • 1926年
  • 出演(Corinne 役)

エディス・オショーネッシー女史作の小説に題材を得てジューン・メイシス女史が書き下した台本により女史推薦の新監督カート・レーフェルド氏が監督したジューン・メイシス・プロダクションである。主役は「幸運の風」「女名捕手」等出演のアンナ・Q・ニルソン嬢と「白蛾は舞う」「妖婦馴らし」等出演のコヌェイ・タール氏で、最近映画界に復帰したメイ・アリソン嬢、「恋の荒野」等出演のアイアン・キース氏、「愛の闇路」等出演のジーン・ハーショルト氏、ルーシー・ボーモン嬢、ナイジェル・ド・ブルリエ氏、マーシャ・メイノン嬢、ジョン・セント・ポリス氏、エドワード・アール氏、ヘール・ハミルトン氏等が共演している。

監督
カート・レーフェルド
出演キャスト
コンウェイ・タール アンナ・Q・ニルソン メイ・アリソン アイアン・キース
1925年

大洋は怒る

  • 1925年
  • 出演(Rene_Jordan 役)

イゾラ・フォレスター女史作の小説をアグネス・パーソン女史が脚色し「妻の秘密」「鉄血騎手」と同じくスコット・ダンラップ氏が監督したものである「ヴェニスの一夜」「明日は晴れ」等出演のメイ・アリスン嬢が主役を演じ、ホームズ・ハーバート氏、ローズメリー・セビー嬢、ジェームズ・モリソン等の腕利き連が出演している。

監督
スコット・ダンラップ
出演キャスト
メイ・アリソン ホームズ・ハーバート ローズマリー・セビー ジェームズ・モリソン
1921年

ウィリアムの結婚

  • 1921年
  • 出演(Kitty 役)

ハンフリー・ワード夫人原作の小説及びマーガレット・メイヨ脚色の舞台劇に基づきルス・アン・ボールドウィンが脚色しエドワード・スローマンが監督したもの。主役は「ワッフル焼」「神の悪戯」等主演のメイ・アリソン。対手役は「鉄拳の治むる国」等主演のウィンダム・スタンディングである。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
メイ・アリソン ウィンダム・スタンディング Ziffie Tillbury フランク・エリオット
1920年

ヘルド・イン・トラスト

  • 1920年
  • 出演(Mary_Manchester 役)

ジョージ・キッブ・ターナー氏が或雑誌に連載したものを、「其夜の懺悔」等を監督したジョン・E・インス氏が監督した人情劇。貧しい乙女メリー・マンチェスターが、ジャスパー・ヘイグという心良くない男のために、ルーザフォード夫人と容貌が似ているを幸い、その財産を横領するため夫人の身代わりとしてルーザフォード家に送られてから経験する数々の冒険やローマンスが展げられる。そして遂にメリーの力で悪人が取り押えられるというところで劇は終わっている。ただしニュース誌は不釣合と悲劇的分子は興味を減殺するが、アリスン嬢の美しい容姿と、美しい天然背景は良いと評している。

監督
ジョン・E・インス
出演キャスト
メイ・アリソン ダレル・フォス ウォルター・ロング John H. Elliot

男性は一様か

  • 1920年
  • 出演(Theodora_Hayaden 役)

「神の悪戯」等と同様久し振りのメトロ社メイ・アリソン嬢主演映画であってアーサー・ストリンジャー氏の雑誌小説をA・P・ヤンガー氏が脚色し、其後パラマウントで「大陸突破」「ヤング・ラジャー」等を監督したフィリップ・E・ローゼン氏の監督である。相手役は「爆弾児」等のウォーレス・マクドナルド氏、其他「罪は我に」「奇襲」等のルース・ストンハウス嬢、ウィニフレッド・グリーンウッド嬢等が出演している。

監督
フィリップ・E・ローゼン
出演キャスト
メイ・アリソン ウォーレス・マクドナルド ジョン・エリオット ウィニフレッド・グリーンウッド

乙女の憧れ

  • 1920年
  • 出演(Kathleen_Rutherford 役)

フレデリック・ハットン氏夫妻の合作に成つた舞台劇を、メトロ社専属のジューン・メイシス女史が脚色し、ナツィモーワ夫人の「死よりも強し」等を監督したハーバート・ブラッシュ氏が監督して撮影した人情劇で、主役は故ロックウッド氏の対手として「帰り来て」「男の一言」等に出演したメイ・アリソン嬢と、青島劇「此血潮」「妾の腕前」其他に出演したエモリー・ジョンソン氏。其他ダレル・フォス氏やジョセフ・キルゴアー氏、クレアー・デュブレイ嬢等も顔を見せる。

監督
ハーバート・ブラッシュ
出演キャスト
メイ・アリソン エモリー・ジョンソン Effie Conley ダレル・フォス
1919年

彼女の霊感

  • 1919年
  • 出演(Kate_Kendall 役)

ジョージ・D・ベイカーとトム・ジェラティーが共同で原作および脚色した人情喜劇で、ロバート・ソーンビーの監督、メイ・アリソンとハーバート・ヘイスの共演である。

監督
ロバート・ソーンビー
出演キャスト
メイ・アリソン ハーバート・ヘイス Charles Edler Allen D. Sears
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > メイ・アリソン

ムービーウォーカー 上へ戻る