映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ウェスト

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1930年 まで合計13映画作品)

1930年

唇の罪

  • 1930年当年公開
  • 出演(Joe 役)

「命を賭ける男(1930)」と同じスタッフによって作られたウィリアム・パウエル氏主演映画である。チャールズ・ファースマン氏作の物語を素材として「命を賭ける男(1930)」「テキサス無宿」のオリヴァー・H・P・ギャレット氏が脚色並びに台詞を担当し、ジョン・クロムウェル氏が監督したもの。キャメラは「法の影」「命を賭ける男(1930)」のチャールズ・ラング氏がクランクしている。助演者は「命を賭ける男(1930)」「ココナッツ」のケイ・フランシス嬢、「愛の復活」のスコット・コルク氏、「ブロードウェイ(1929)」のトーマス・ジャクソン氏、「男の正体」のウィリアム・B・デイヴィッドソン氏等である。

監督
ジョン・クロムウェル
出演キャスト
ウィリアム・パウエル ケイ・フランシス スコット・コルク ウィリアム・B・デイヴィッドソン
1925年

昨日への道

  • 1925年当年公開
  • 出演(Wett_Earnshaw 役)

「金色の寝床」を最後としてパラマウント社を去り制作者としてビー・ティー・シー社に入ったセシル・B・デミル氏の第一回監督作品で、ビューラー・マリー・ディックス女史とエヴェリン・グリーンリーフ・サザーランド氏合作の劇を映画化したもの、例によってジャニー・マクフアソン女史が原作者ディック女史と共同して脚色した。主役は「嵐の孤児」に出演したジョセフ・フィルドクラウト氏と「東へ向く三つの顔」「ブライト・ショール」出演のジェッタ・グーダル嬢が勤め、「金色の寝床」「地獄極楽」出演のヴエラ・レイノルヅ嬢、「地獄極楽」出演のウィリアム・ボイド氏を始め、ジュリア・フェイ嬢、カツソン・ファガソン氏、トリクシー・フリガンザ嬢等が共演している。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ジョゼフ・シルドクラウト ジェッタ・グーダル ヴェラ・レイノルズ ウィリアム・ボイド
1923年

無言の勝利

  • 1923年当年公開
  • 出演(Spider_Welch 役)

ピーター・クラーク・マクファーレイン氏作の小説からウィニフレッド・ダン女史が脚色し「娘十八紅かねけて」と同じくハロルド・ショウ氏が監督したもので、主役は「義賊ラッフルズ」「風に逆いて」等出演のハウス・ピータース氏で対手は「大旋風騎手」「砂漠の星影」等出演のイヴリン・ブレント嬢で、ジェームズ・モリソン氏、ブル・モンタナ氏、グレイス・カーライル嬢等が助演している。

監督
ハロルド・ショウ
出演キャスト
ハウス・ピータース グレイス・カーライル ジョン・セント・ポリス イヴリン・ブレント
1922年

愛着の道

  • 1922年当年公開
  • 出演(Havel 役)

「運命の孤児」等のアグネス・エイアース嬢がパラマウント社における主役としての出演の第一回映画である。ギルバート・パーカー卿の原作をユージーン・マリン氏が脚色し、ヴィクター・フレミング氏が監督したもの。相手役は「愚か者の楽園」「緑の誘惑」等で人気を博したセオドア・コスロフ氏及びマーロン・ハミルトン氏である。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
アグネス・エイアース セオドア・コスロフ マーロン・ハミルトン ウィルトン・タイラー
1921年

丑満時

  • 1921年当年公開
  • 出演(Tom_Denning 役)

オーガスタス・トーマス氏の有名な同名の舞台劇を「緑の誘惑」等と同様ジュリア・クロフォード・アイヴァース・アイヴァース女史が脚色し、故ウィリアム・デスモンド・テイラー氏が監督したパラマウント映画である。珍しい事に多くの同社映画で殆ど相手役としてのみ出演していたエリオット・デクスター氏が主演している。相手役は「氷原の獅子咆」「暗黒部落」等出演のルス・レニック嬢で、その他ウィンター・ホール氏がメアリー・アルデン嬢等立派な顔触れである。 譚りはジャック・ブルックフィールドというケンタッキーの賭博者を中心としたもので、彼の姪の許嫁者クレイ・ホィップルがある殺人事件について嫌疑をかけられた。その真相を明らかにする迷宮の鍵を彼が握っている所から素晴らしく劇的な筋を展開するのである学界に興味ある問題として研究の余地をまだ残している所の睡眠術の不思議を劇中に取り入れてある点については「暁の前1時間」等と同様な趣きがある。

監督
ウィリアム・デスモンド・テイラー
出演キャスト
エリオット・デクスター ウィンター・ホール ルス・レニック ロバート・ケイン

ボッブ・ハムプトン

  • 1921年当年公開
  • 出演(Major_Brant 役)

ランドール・パーリッシュの原作を、「氷原の彼方へ」などを脚色したマリオン・フェアファックスが脚色し、マーシャル・ニーランが自ら監督して製作した活劇で、主役はジェームズ・カークウッドとマージョリー・ドウである。そのほかウェズリー・バリーや、ノア・ビアリー、パット・オマリーも出演する。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ジェームズ・カークウッド ウェズリー・バリー マージョリー・ドゥ パット・オマリー
1920年

千に一つ

  • 1920年当年公開
  • 出演(Jimmy_Monroe 役)

パーカー・リード氏の製作した活劇で、主役はホバート・ボスウォース氏である。対手は新顔のエセル・グレイ・テリー嬢。「一貫せざる劇筋と、暗合とが価値を弱める」とニュース誌は評している。

監督
ローランド・V・リー
出演キャスト
ホバート・ボスウォース エセル・グレイ・テリー チャールズ・ウェスト ランダース・スティーヴンス

氷原の彼方に

  • 1920年当年公開
  • 出演(Peter_Kirkstone 役)

「ふるさと」の作者ジェームズ・オリヴァー・カーウッド氏の名作をマーシャル・ニーラン氏が製作して、同氏の第1回ファーストナショナル映画として本年2月発売した映画。「名誉の祭壇」に出演したルイス・ストーン氏がケイス及びダーウェントの2役を演じ、その他美しいジェーン・ノヴァック嬢、マージョリー・ドウ嬢等が共演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ルイス・ストーン マージョリー・ドゥ ジェーン・ノヴァック J. Barrney Sherry

幻の旋律

  • 1920年当年公開
  • 出演(Giorgetto_Pisani 役)

モンロー氏最後のユ社映画で、亦恐くはこの映画によって当分氏の出演劇には接せない事になろう。イタリアを背景にし恋と復讐の珍らしい劇筋で、予てユ社映画で御馴染みのダグラス・ジェラード氏の監督である。

監督
ダグラス・ジェラード
出演キャスト
Montroe Slisbury J・バーニー・シェリー Ray Gallagher チャールズ・ウェスト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・ウェスト