TOP > 人物を探す > マーガレット・メイヨ

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1932年 まで合計4映画作品)

1932年

地獄のサーカス

  • 1932年
  • 原作戯曲

「恋愛古典風景」「恋愛戦線」のアリオン・デーヴィスが主演する映画で、「太平洋爆撃隊」「男性の血潮」のクラーク・ゲーブルが相手役を勤める。原作はマーガレット・メイヨの古い舞台劇で、「やくざ者(1930)」「彼の捕えし女」のケイリー・ウィルソンが脚色し、「陽炎の春」「肉と霊」のアルフレッド・サンテルが監督し、「国際盗賊ホテル」「天国の一夜」のジョージ・バーンズが撮影している。助演者は「類人猿ターザン」のC・オープリイ・スミス「七万人の目撃者」のデイヴィッド・ランドー、「砂漠の生霊」のレイモンド・ハットン、ルース・セルウィン、モード・エバーン、ギン・ウィリアム等である。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
マリオン・デイヴィス クラーク・ゲーブル C・オーブリー・スミス レイモンド・ハットン
1929年

私のあなた

  • 1929年
  • 原作

「歓楽地帯」「恋と休暇」「楽天奇術師」等出演のジャック・マルホール氏のスター昇進第一回主演映画で、マーガレット・メイヨ女史とソールズベリー・フィールド氏とが合作した舞台喜劇に基いて「恋と休暇」「美人売約済」のユフ・マッグルー・ウィリス氏が脚色し「高速度娘」「熱血ボクシング手」のアルフレッド・サンテル氏が監督し、「愛欲の人魚」「真紅の海」のソル・ポリート氏が撮影した。助演者は「ニューヨーク狂想曲」「明日の結婚」のパッシー・ルス・ミラー嬢を始め、「私のパパさん」「断想悲曲」のアーマンド・カリス氏、「恋と休暇」「狂言成金」のガートルード・アスター嬢及び「ダミー」「結婚行進曲」ののザス・ピッツ嬢。

監督
アルフレッド・サンテル
出演キャスト
ジャック・マルホール パッシー・ルス・ミラー アーマンド・カリス ガートルード・アスター
1921年

ウィリアムの結婚

  • 1921年
  • 脚色

ハンフリー・ワード夫人原作の小説及びマーガレット・メイヨ脚色の舞台劇に基づきルス・アン・ボールドウィンが脚色しエドワード・スローマンが監督したもの。主役は「ワッフル焼」「神の悪戯」等主演のメイ・アリソン。対手役は「鉄拳の治むる国」等主演のウィンダム・スタンディングである。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
メイ・アリソン ウィンダム・スタンディング Ziffie Tillbury フランク・エリオット
1917年

私の赤ん坊

  • 1917年
  • 原作

人生の苦しみを知らぬ年若い妻のゾイーは華やかな交際社会に憧れているので、真面目な夫のアルフレッドは快くなく別れてしまう。夫の愛を取り戻そうとゾイーは苦肉の計を廻らして男の児が生まれたといってやる。そして夫の帰る前に孤児院から赤ん坊をもらう手筈にして置いたが、子供が来ない中に夫が帰って来る。途方に暮れた妻は夫の友人ジムミーを頼んで赤ん坊を盗んで来てもらう。ところがその母親が取り返しに来るのでジムミーは再び子供を盗んで来たは良いが前の赤ん坊が返してないので仕方なく双児が生まれたのですとごまかしたが、遂にはそれが3つ児になる。この辺りの厭味のない可笑味は鮮かな出来栄だそうだ。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
マツジ・ケンネディー ジョン・カムバーランド フランク・モルガン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/4更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > マーガレット・メイヨ

ムービーウォーカー 上へ戻る