映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・シャバ

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2013年 まで合計12映画作品)

2013年

ムード・インディゴ うたかたの日々(ディレクターズ・カット版)

  • 2013年10月12日(土)
  • 出演(Gouffe 役)

肺に睡蓮が宿る不思議な病に罹る女性とただひたすら彼女を愛する夫との儚いラブストーリー。ボリス・ヴィアンの青春小説『うたかたの日々』の映画化。監督はエターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー。出演は、「スパニッシュ・アパートメント」のロマン・デュリス、「アメリ」のオドレイ・トトゥ、最強のふたり」のオマール・シー、「黄色い星の子供たち」のガッド・エルマレほか。日本では一部映画館でのみ公開。ほかに95分のインターナショナル版が製作されている。

監督
ミシェル・ゴンドリー
出演キャスト
ロマン・デュリス オドレイ・トトゥ ガド・エルマレ オマール・シー

ムード・インディゴ うたかたの日々

  • 2013年10月5日(土)
  • 出演(Gouffe 役)

1946年に発表されて以来世界中で愛され続けているボリス・ヴィアンの青春小説『うたかたの日々』を、「僕らのミライへ逆回転」「エターナル・サンシャイン」のミシェル・ゴンドリー監督が映画化。肺に睡蓮が宿る不思議な病に罹る女性とただひたすら彼女を愛する夫との儚いラブストーリーを、原作のイメージを尊重しながら幻想的に描く。「ハートブレイカー」「スパニッシュ・アパートメント」のロマン・デュリスが苦労知らずだった夫を、「ダ・ヴィンチ・コード」「アメリ」のオドレイ・トトゥが無垢な妻を演じている。ほか、「最強のふたり」のオマール・シー、「黄色い星の子供たち」のガッド・エルマレらが出演。ほかに131分のディレクターズカット版が製作されている。

監督
ミシェル・ゴンドリー
出演キャスト
ロマン・デュリス オドレイ・トトゥ ガド・エルマレ オマール・シー
2012年

ベイビーズ いのちのちから

  • 2012年5月5日(土)
  • 原案、製作

同じ時代に生まれ、全く違う環境で育つ4人の赤ちゃんの1年間を撮り続けたドキュメンタリー。

監督
トマ・バルメ
出演キャスト
2009年

ナイト ミュージアム2

  • 2009年8月12日(水)
  • 出演(ナポレオン 役)

真夜中の博物館で人形や恐竜の骨格といった展示物たちが大暴れするさまを描いた、ファンタジーの第2弾。今回は世界最大の博物館群、スミソニアンの展示物たちも動き出す!

監督
ショーン・レヴィ
出演キャスト
ベン・スティラー エイミー・アダムス オーウェン・ウィルソン ハンク・アザリア
2007年

恋愛睡眠のすすめ

  • 2007年4月28日(土)
  • 出演(ギィ 役)

鬼才ミシェル・ゴンドリ監督によるロマンティックなラブ・ストーリー。夢見がちな青年が、夢の中で思いをかなえようとする姿を幻想的なビジュアルとともに描く。

監督
ミシェル・ゴンドリー
出演キャスト
ガエル・ガルシア・ベルナル シャルロット・ゲンズブール アラン・シャバ ミュウ・ミュウ
2005年

フレンチなしあわせのみつけ方

  • 2005年4月2日(土)
  • 出演(Georges 役)

仏の人気俳優イバン・アタルが妻シャルロット・ゲンズブールを主演に放つ監督作。ある夫婦の悲喜こもごもの日常を、仏流のエスプリを効かせてつづる小粋なラブ・ストーリー。

監督
イヴァン・アタル
出演キャスト
シャルロット・ゲンズブール イヴァン・アタル アラン・シャバ エマニュエル・セニエ
2003年

ミッション・クレオパトラ

  • 2003年12月27日(土)
  • 監督、脚本、出演(Jules Cesar 役)

仏の人気漫画に基づく痛快コメディ。古代エジプトの女王クレオパトラに無理難題を押しつけられた人々の奮戦を描く。ナンセンスなギャグやパロディの連続に爆笑すること必至!

監督
アラン・シャバ
出演キャスト
モニカ・ベルッチ ジェラール・ドパルデュー クリスチャン・クラヴィエ ジャメル・ドゥブーズ
2001年

ムッシュ・カステラの恋

  • 2001年12月22日(土)
  • 出演(Deschamps 役)

仏のセザール賞主要4部門を独占し、世界的に絶賛された注目作。恋によって情熱を取り戻す中年男と周囲の人々の群像劇が、軽妙なユーモアと鋭い人間観察でつづられる。

監督
アニエス・ジャウイ
出演キャスト
アンヌ・アルヴァロ ジャン・ピエール・バクリ アラン・シャバ アニエス・ジャウイ
1998年

ディディエ

  • 1998年4月18日(土)
  • 監督、脚本、出演(Didier 役)

人間に生まれ変わった犬とサッカーチームのマネージャーである中年男との交流を描くハートウォーミング・コメディ。監督・脚本・主演をひとりでこなすのは、「カンヌ映画祭殺人事件」で話題を呼んだお笑いトリオ、レ・ニュルのメンバーであり、「彼女の彼は、彼女」「ボーマルシェ フィガロの結婚」などの出演作があるアラン・シャバ。製作は「愛と宿命の泉」「ジェルミナル」の名監督クロード・ベリで、出演も兼ねている。撮影は「堕ちてゆく女」のローラン・ダイヤン。音楽はフィリップ・シャニー。美術はジャン=マルク・ケルデルエ。編集はロラン・ボボーとアニク・フィレー。衣裳はシルヴィー・ゴトルレ。録音はドミニク・ヴァルヴィエとフレッド・デュボワ。共演は「家族の気分」のジャン=ピエール・バクリ、「ソフィー・マルソーの愛、革命に生きて」のイザベル・ジェリナス、「サロメの季節」のカロリーヌ・セリエほか。他にジョジアーヌ・バラスコ、シャンタル・ロビーらが顔を見せる。

監督
アラン・シャバ
出演キャスト
アラン・シャバ ジャン・ピエール・バクリ イザベル・ジェリナス カロリーヌ・セリエ
1995年

カンヌ映画祭殺人事件

  • 1995年11月25日(土)
  • 脚本、出演(Serge Karamazov 役)

フランスの人気コメディ・トリオ、“レ・ニュル”主演・脚本によるパロディ映画。カンヌ映画祭で殺人が起こったという設定で抱腹絶倒のナンセンスなギャグに満ちた事件が展開される。監督はアラン・バーバリアン、製作はシャルル・ガッソ、エグゼクティヴ・プロデューサーはドミニク・ブルネール、撮影はローラン・ダイアン、音楽はフィリップ・シャニィ、美術はジャン=マルク・ケルデュー、衣装はマイカ・ゲゼルがそれぞれ担当。主演は「トリコロール 青の愛」のシャンタル・ロビー、「ジェルミナル」のアラン・シャバ、ドミニク・ファルジアの3人。特別出演で「ニキータ」などのチェッキー・カリョ、「パルプ・フィクション」のロザンナ・アークェットはじめ思いもよらない(?)スターが顔をみせる。

監督
アラン・バーバリアン
出演キャスト
シャンタル・ロビー アラン・シャバ ドミニク・ファルジア ジェラール・ダーモン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アラン・シャバ