映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィルトン・タイラー

年代別 映画作品( 1914年 ~ 1923年 まで合計10映画作品)

1923年

砂塵千里

  • 1923年
  • 出演(Henry_Locke 役)

リージェント会社で製作しホドキンスンが発売した自動車活劇で、原作はW・F・スターム氏、脚色はH・H・ヴァン・ローン氏、監督は「狐」「狼の心」等と同じくロバート・ソーンビー氏で、主役は古い喜劇俳優で久し振りに映画に復帰したウォーリー・ヴァン氏で、対手は「我が恋せし乙女」「ノートルダムのせむし男(1923)」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢である。

監督
ロバート・ソーンビー
出演キャスト
ウォーリー・ヴァン アレック・B・フランシス パッシー・ルス・ミラー ウィルトン・タイラー
1922年

白日の下に

  • 1922年
  • 出演(Detetive_Marks 役)

特にパラマウント社からユ社がロイス・ウィルソン嬢を借り主演せしめたものである。「巴里の山猫」等の原作者ハーヴェイ・ゲイツ氏原作脚色、「情熱地獄」同様アーヴィング・カミングス氏の監督で、相手役にはユ社へ復帰のジャック・マルホール氏、「征服の力」等のラルフ・ルイス氏も活躍している。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ロイス・ウィルソン ジャック・マルホール ラルフ・ルイス ウィルトン・タイラー

シャーロック・ブラウン

  • 1922年
  • 出演(Chief_Bard 役)

「唖娘と跛男」の監督をしたベイヤード・ヴェイラーが原作と監督をした喜活劇で、主役は「野心満々」「失うべからず」等主演のバート・ライテルで「大馬鹿者」出演のオーラ・ケイリュー、「吹雪の野辺に」「バヴー」出演のシルヴィア・ブリーマーが対手役である。

監督
ベイヤード・ヴェイラー
出演キャスト
バート・ライテル オーラ・ケイリュー シルヴィア・ブリーマー デウィット・ジェニングス

愛着の道

  • 1922年
  • 出演(Joe_Lajeunesse 役)

「運命の孤児」等のアグネス・エイアース嬢がパラマウント社における主役としての出演の第一回映画である。ギルバート・パーカー卿の原作をユージーン・マリン氏が脚色し、ヴィクター・フレミング氏が監督したもの。相手役は「愚か者の楽園」「緑の誘惑」等で人気を博したセオドア・コスロフ氏及びマーロン・ハミルトン氏である。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
アグネス・エイアース セオドア・コスロフ マーロン・ハミルトン ウィルトン・タイラー
1921年

野性の女(1921)

  • 1921年
  • 出演(J._T._Bates 役)

大作品、「ホワイト・シスター(1923)」や「ブライト・ショール」等の製作会社として今羽振りの良いインスピレーション会社が製作を初めた第一回の作品がこれである。原作はガイ・ボルトン氏とジョージ・ミドルトン氏の合作になる舞台劇。主役を演じているテディー・ジェラード嬢はロンドン及パリの劇壇で「アメリカの代表的美人」として人気を博した女優だそうである。嬢の映画界への御目見得映画である、「女性を讃えよ」「搖籃」等出演のチャールズ・メレディス氏が相手役である。

監督
出演キャスト
テディー・ジェラード チャールズ・メレディス ウィルトン・タイラー リリアン・タッカー

法の外(1921)

  • 1921年
  • 出演(Inspector 役)

「スタムブールの處女」を完成して以来約1個年を費やしプリシラ・ディーン嬢を主役として製作されたトッド・ブラウニング氏の監督映画で、製作に25万ドルを要したと伝えられる。最近「宝島(1920)」「ヴィクトリー」等でめきめきとその悪役振りを認められたロン・チャニー氏がブラック・マイク・シルヴァという暗黒街の頭分と、ジョー・ワングと言う中国人の下男の2役を、実に明確に演じ分けている。ディーン嬢の相手は夫君ウィーラー・オークマン氏で、最後の辺りの猛烈な格闘は「スタムブールの處女」以上遥かに凄いものであった。壮麗な舞台装置と巧妙を極めた光線の使用は緊張した筋をより以上に引き立たしめている。中華街に用いてある淡紅色の染色が美しい印象を残した。中華街内部のセットにも他の映画に見たようなグロテスクな滑稽味はほとんど見られず、真実味が漂っていた。原作者であり監督者であるトッド・ブラウニング氏の頭の緻密さが全編に見られる。8巻の長尺を息も継がせない。

監督
トッド・ブラウニング
出演キャスト
プリシラ・ディーン ラルフ・ルイス ロン・チャニー ウィーラー・オークマン
1920年

半分の機会

  • 1920年
  • 出演(Jim_Gillett 役)

ジェッス・ハムプトン氏がロバート・ソーンビー氏を監督として1年2本の特作品を撮させることになった。その第1回の作品がこれである。フレデリック・S・アイシャム氏の有名な小説をフレッド・マイトン氏が脚色せるもので、全篇壮快な活劇である。主役マーロン・ハミルトン氏は「情熱の審」その他で快男子振りを発揮せる人、相手のリリアン・リッチ嬢は「暁の前1時間」にも出演していたが、英国生れの喜歌劇の花形で、1917年ポーツマスで興行中、飛行家ニコルスン大尉と恋仲となり結婚したというロマンスを持った人。大尉が除隊になってから米国へ来て映画界の人となったのである。

監督
ロバート・ソーンビー
出演キャスト
マーロン・ハミルトン メアリー・マカリスター リリアン・リッチ シドニー・エインスウォース

宝島(1920)

  • 1920年
  • 出演(Black_Dog 役)

ジェキル博士とハイド氏の原作者ロバート・ルイズ・スティヴンソン氏原作を、スティーブン・フォックス氏が脚色し、様式化せる映画劇の創設によって名声あるモーリス・トゥールヌール氏自ら監督した映画劇である。主役ジム・ホウキンスには、ヴァイオラ・ダナ嬢の実妹シャーリー・メイスン嬢が扮している。ただし嬢は女であるから、原作のジムという少年を描写するには先天的に不適当である。しかし他の俳優のすべて、ことに盲目のピウに扮するロン・チャニー氏のごときは実に立派な演技である。とニュース誌は報じている。スペインの海賊船の上に起こる活劇とローマンスは監督者独特の美しい撮影法によって印象深く観者に迫るであろう。

監督
モーリス・トゥールヌール
出演キャスト
シャーリー・メイスン Josie Melville アル・W・フィルソン ウィルトン・タイラー

恐怖島

  • 1920年
  • 出演(Job_Mordaunt 役)

ハウディニ氏の第二回パ社映画で原作は前回と同じくリーヴ氏とグレイ氏の合作。監督は今度は「百万ドルの秘密」等出演のジェームズ・クルーズ氏である。対手役は「男性と女性」で可憐な芸風を示したライラ・リー嬢。其他ローズマリー・セビー嬢も出演して居る。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
ハリー・ハウディニ Jack Brammall ライラ・リー ローズマリー・セビー
1914年

人類の心

  • 1914年
  • 出演(Warden 役)

「嵐」の次に製作されたユ社ジウエル作品ハウス・ピータース氏主演映画である。もの原作は死んだウォーレス・リード氏の父君ハル・リード氏作のかつて大当たりを取った有名な舞台劇である。「野に咲く花」同様ルシェン・ハバート氏が脚色し、ユ社へ復帰のキング・バゴット氏が監督した。ユ社社長カール・レンムル氏が米国婦人連盟の優良映画要求の声明に答えてこの映画を提供したという、力を入れた作品。母の慈愛、家庭の暖かさを讃えた映画。ピータース氏の外にエディス・ホーラー嬢、ガートルード・クレイアー夫人が達者な所を見せ、尚その他ラッセル・シムズン氏ジョージ・ハッカソーン氏等定評のある人々や、新進のメエリー・フィルピン嬢も出演している。

監督
キング・バゴット
出演キャスト
ハウス・ピータース ラッセル・シンプソン ガートルード・クレアー ジョージ・ハッカソーン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1
ハーバー・クライシス 湾岸危機 Black&White Episode 1

マーク・チャオ&ホァン・ボー主演、台湾の人気アクション刑事ドラマが劇場映画化

ハーバー・クライシス 都市壊滅
ハーバー・クライシス 都市壊滅

台湾の湾岸都市をねらう秘密武装組織に立ち向かう二人の刑事の戦いを描くアクション

チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜
チア☆ダン 〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜

広瀬すず主演、全米大会で優勝した福井県立福井商業高等学校チアリーダー部の実話を映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ウィルトン・タイラー