映画-Movie Walker > 人物を探す > ベス・フラワース

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1938年 まで合計9映画作品)

1938年

結婚の断層

  • 1938年当年公開
  • 出演(Miriam_Harper 役)

「風の接吻」ノラニー・ロス、「大学3人男」のグロリア・スチュアート及びジョーン・マシューが主演する映画で「奥さんは嘘つき」のグラディス・レーマンと「化石の森」のアール・C・ケントンが監督し、アレン・G・シーグラーが撮影した。助演者は「街道巡羅隊」のロバート・ペイジ、ピエール・ワトキンその他である。

監督
アール・C・ケントン
出演キャスト
ラニー・ロス グロリア・スチュアート ジョーン・マーシュ Roy Benson
1931年

船出の朝

  • 1931年当年公開
  • 出演(Mrs.Burton 役)

「野性の蘭」「恋多き女」と同じくグレタ・ガルボが主演する映画である。原作はアデラ・ロジャース・セント・ジョンの小説から取材したもので脚色には「踊る娘達」「喇叭手クーガン」のジョセフィン・ラヴェット、監督には「上海夜話」「夜襲」のジョン・S・ロバートスンがあたった。助演者は「野性の蘭」のマルス・アスター、「踊る娘達」のジョン・マック・ブラウン、「踊る娘達」のドロシー・セバスティアン、ジョエル・マクリー、レーン・チャンドラー、マーロン・ハミルトン、キャスリン・ウィリアムスその他でカメラは「悪魔の仮面」「大自然の惑乱」のオリヴァー・T・マーシュが担任している。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
グレタ・ガルボ ニルス・アスター ドロシー・セバスチャン ジョン・マック・ブラウン
1929年

化物行進曲

  • 1929年当年公開
  • 出演(Sylvia 役)

マックス・マーシン氏並びにエドワード。ハモンド氏合作の舞台劇からフレデリック・ハズリット・ブレナン氏が脚色し「娘乱暴記」のルウ・サイラー氏が監督したもので主役を演ずるのはこの映画によって初めてスターとして登場したヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ嬢とチャールズ・イートン氏で、助演者として「四人の息子(1928)」のアール・フォックス氏「ベン・ハー(1926)」のカーメル・マイアース嬢、ヘンリー・セッドリイ氏、ジョー・ブラウン氏、「ダミイ」のミッキー・ベネット君等が顔を出している。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ チャールズ・イートン カーメル・マイヤース アール・フォックス

リンダ

  • 1929年当年公開
  • 出演(Annete_Whittemore 役)

「人類の破滅」「ブロークン・ロー」に主演したウォレス・リード夫人が監督製作した映画で、マーガレット・プレスコット・モンタギュ女史の原作をマキシーン・アルトン女史とフランク・オコナー氏とが改作、ウィルフレッド・ノイ氏が脚色した。出演者は「ラモナ(1927)」「ある男の一生」のワーナー・バクスター氏、「愛馬の巧名」「拳骨先生」のヘレン・フォスター嬢、「赤い鳩」「ボー・ジェスト(1927)」のノア・ビアリー氏等で、ミッチェル・ルイス氏、ベス・フラワース嬢が助演している。

監督
ウォレス・リード夫人
出演キャスト
ワーナー・バクスター ノア・ビアリー ヘレン・フォスター ミッチェル・ルイス
1926年

ウィーンの狂乱

  • 1926年当年公開
  • 出演(Helga 役)

エディス・オショーネッシー女史作の小説に題材を得てジューン・メイシス女史が書き下した台本により女史推薦の新監督カート・レーフェルド氏が監督したジューン・メイシス・プロダクションである。主役は「幸運の風」「女名捕手」等出演のアンナ・Q・ニルソン嬢と「白蛾は舞う」「妖婦馴らし」等出演のコヌェイ・タール氏で、最近映画界に復帰したメイ・アリソン嬢、「恋の荒野」等出演のアイアン・キース氏、「愛の闇路」等出演のジーン・ハーショルト氏、ルーシー・ボーモン嬢、ナイジェル・ド・ブルリエ氏、マーシャ・メイノン嬢、ジョン・セント・ポリス氏、エドワード・アール氏、ヘール・ハミルトン氏等が共演している。

監督
カート・レーフェルド
出演キャスト
コンウェイ・タール アンナ・Q・ニルソン メイ・アリソン アイアン・キース

お洒落娘

  • 1926年当年公開
  • 出演(Jane_Gilmour 役)

ジェームズ・モントゴメアリー氏作のミュージカル・コメディーを映画化したもので、レックス・テイラー氏が脚本を書き、「踊り子サリー」「滑稽ホリウッド」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「踊り子サリー」「女名捕手」等主演のコリーン・ムーア嬢で、相手役は「踊り子サリー」「青春に浴して」等出演のジョージ・K・アーサー氏、エヴァ・ノヴァク嬢、チャールズ・マレイ氏、エドワード・アール氏等が助演している。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
コリーン・ムーア ロイド・ヒューズ ジョージ・K・アーサー チャールズ・マレイ

電光トムソン

  • 1926年当年公開
  • 出演(Alice_Mills 役)

「ドン・マイク」「アリゾナ・ナイト」と同じくエフ・ビー・オー社発売のフレッド・トムソン氏主演西部劇でフランク・M・クリフトン氏作の物語を「未来派女学生」「珍サーカス王」等の監督者デル・アンドリュース氏が脚色し、「ジョニー髪を切れ」「ギブソンの伊達男」及び「ベン・ハー(1926)」の戦車競走の場面を監督したリーヴス・イースン氏が監督したのも。トムソン氏の相手役は「田園哀慕調」のベス・フラワース嬢が勤め、フランク・ハグニー氏、ビリー・バッツ君、ウィリアム・コートライト氏等が共演し例の白銀王も力演している。

監督
リーヴス・イースン
出演キャスト
フレッド・トムソン ベス・フラワース ビリー・バッツ フランク・ハグニー

ラディー

  • 1926年当年公開
  • 出演(Pamela_Pryor 役)

女流作家ジーン・ストラットン・ポーターの有名な小説の映画化で、女史の娘であるジャネット・ポーター・ミーハン夫人がそれを映画用に改作したものから、同夫人の夫ジェームズ・レオ・ミーハン氏が台本を作り、併せて監督製作したものである。ミーハン氏の作品では以前に同じくポーター女史の小説を映画化した「処女時代」がある。主役は「鉄拳制裁」等出演のジョン・ボワーズ氏で「恋愛講座」等出演のセオドア・フォン・エルツ氏、ベス・フラワース嬢、デイヴィッド・トーレンス氏、ユーラリー・ジェンセン嬢、ユーゼニア・ギルバート嬢それから原作者ポーター女史の孫娘ジーン・ストラットン嬢などが助演している。

監督
ジェームズ・レオ・ミーハン
出演キャスト
ジョン・ボワーズ ベス・フラワース セオドア・フォン・エルツ ユーゼニア・ギルバート
1923年

黄金の誘惑

  • 1923年当年公開
  • 出演(Mrs._Nesbit 役)

サタデー・イブニング・ポスト誌に連載されたマキシミリアン・ユウアン氏原作の小説に基づき、セイダ・コウアン女史が脚色し、「渓谷の乙女」「牧童と貴婦人」等と同じくチャールズ・メイン氏が監督したもの。主役は「屠殺者(1922)」「毒欺く勿れ」等出演のリートリス・ジョーイ嬢、「荒れ狂う猛将」「結婚前」等出演のオーエン・ムーア氏の二人である。

監督
チャールズ・メイン
出演キャスト
リートリス・ジョーイ オーエン・ムーア ロバート・エディソン ロバート・シェーブル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ベス・フラワース