TOP > 映画監督・俳優を探す > エドワード・アール

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1952年 まで合計16映画作品)

1924年

名家の秘密

  • 1924年
  • 出演(Garry_Holmaes 役)

「小公子」「人生の焔」等の原作者なる英国閨秀作家フランセス・ホジスン・バーネット夫人の書いた小説 Editha's Burglar をロイス・ゼルナー女史が脚色したもので、監督は「女は曲者」「ベル・ボーイ」等と同じくウィリアム・A・サイター氏である。「紐育の寵児」「離婚禁制」に続くベイビー・ペギー・モンゴメリー嬢の主演映画で、相手役は「女性の敵」「乗合馬車」等出演のグレディス・ヒューレット嬢、その他エドワード・アール氏、フランク・カリアー氏等が共演している。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
ベイビー・ペギー・モンゴメリー グレディス・ヒューレット エドワード・アール フランク・カリアー

妻君教育法

  • 1924年
  • 出演(Robert_Benson 役)

モンク・ベル氏がワーナー・ブラザース社で製作した処女作品である。原作は恋愛小説家として名高いエリノア・グリン女史で、グラント・カーペンター氏が脚色した。「結婚哲学」で妙技を示したマリー・プレヴォー嬢、モント・ブルー氏、クレイトン・ヘール氏等競演し老巧なクロード・ギリングウォーター氏や花形のベティー・フランシスコ嬢、エドワード・アール氏等も出演しネリー・ブライ・ベイカー嬢も顔を見せている。

監督
モンタ・ベル
出演キャスト
マリー・プレヴォー モント・ブルー クレイトン・ヘール ベティー・フランシスコ
1923年

想い出のブロードウェイ

  • 1923年
  • 出演(Charles_Farrin 役)

サタデイ・イヴニング・ポスト誌に連載されたアール・ダー・ビッガーズ氏作の小説に基づき、「母よ何処」等と同じくサール・ドウリー氏が監督した。主役は「オーバー・ザ・ヒル」主演のメアリー・カー夫人、「冬来りなば」のパーシー・マーモント氏、「名家の秘密」のエドワード・アール氏等である。

監督
J・サール・ドウリー
出演キャスト
メアリー・カー パーシー・マーモント グラディス・レスリー ドーア・デイヴィッドソン
1922年

罪悪の紐育

  • 1922年
  • 出演(Paul_Fairweather 役)

ステート映画会社が製作してアロウ会社から発売した社会活劇で、レオタ・モーガン原作の舞台劇に基づき、バートン・キングが監督し、主役には「嵐を衝いて」「獣性の血」等出演のバーバラ・キャッスルトン、その他アンダース・ランドルフ、エドワード・アール、ドロシー・マッケール等、新進の人々が出演する。

監督
バートン・キング
出演キャスト
アンダース・ランドルフ バーバラ・キャッスルトン エドワード・アール レスリー・キング
1920年

ユーコンの侠者

  • 1920年
  • 出演(Morgan_Kleath 役)

ロバート・W・サーヴィス氏の同名の詩をチャールズ・ミラー氏が監督映画化したリアルアート映画である。主役はエドワード・アール氏、其他ジューン・エルヴィッジ嬢、ジョセフ・スマイリー氏等が出演している。アラスカの譚り。

監督
チャールズ・ミラー
出演キャスト
ジョセフ・スマイリー Nancy Deever Thomas O'Malley Tom Delmar
1919年

彼の婚礼の夜

  • 1919年
  • 出演(Joe_Damoret 役)

ローレンス・ライジング氏原作の舞台劇を、ケネス・ウェッブ氏が監督した喜劇で、アリス・ブラディ嬢が得意の二役を演出して居る。対手は新顔のエドワード・アール氏とジェームズ・クレイン氏とである。

監督
ケネス・ウェッブ
出演キャスト
アリス・ブラディ エドワード・アール ジェームズ・クレイン Daniel Pennell
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > エドワード・アール

ムービーウォーカー 上へ戻る