映画-Movie Walker > 人物を探す > セオドア・コスロフ

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1931年 まで合計14映画作品)

1931年

マダム・サタン

  • 1931年3月5日(木)公開
  • 出演(Players 役)

「キング・オブ・キングス(1927)」「破誡」のセシル・B・デミルが「ダイナマイト(1929)」に次いで監督にあたった映画で、原作、脚色は例によってジェニー・マクファースン、台詞はグラディス・アンガーとエルシージャニスが執筆し、「南海の薔薇」「アビーの白薔薇」のハロルド・ロッソンが撮影している。主なる出演者は「ダイナマイト(1929)」のケイ・ジョンソン、ユ社から転じたレジノルド・デニー、「放浪の王者(1930)」のリリアン・ロス、ローランド・ヤング、エルザ・ピーターソン等である。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ケイ・ジョンソン レジナルド・デニー リリアン・ロス ローランド・ヤング
1927年

キング・オブ・キングス(1927)

  • 1927年当年公開
  • 出演(Malchus_Captain_of_the_High_Priest's_Guard 役)

「十戒(1957)」「昨日への道」「ヴォルガの舟唄」等の制作監督者セシル・B・デミル氏が彼の最も良き昔からの協力者ジェニー・マクフォースン女史の協力を得て完成したる氏独特の超特作品である。即ちマクフォースン女史がストーリーを立て自らそれによって撮影脚本を執筆し、ドミル氏が監督した。そして第一キャメラマンにはドミル氏付きで「昨日への道」「ヴォルガの舟唄」等を撮影したペヴォレル・マーレイ氏が当っている。主役キリストに扮するのは「沈黙」「ソレルとその子」主演のH・B・ウォーナー氏で、それを助けて、聖母に扮するドロシー・カミングス嬢、使徒ピーターに扮する「密輸入者の恋」のアーネスト・トーレンス氏、ユダに扮する「嵐の孤児」「難破船」のジョセフ・シルドクラウト氏、メリー・マグダレンに扮する「オグレス」のジャクリーン・トーガン嬢、カイアファスに扮する「村の医者」のルドルフ・シルドクラウト氏等が重要な役を夫々受持つ外、サム・ド・グラッス氏、ヴィックター・ヴァルコニ氏、モンタギュー・ラヴ氏、ウィリアム・ボイド氏、ジュリア・フェイ嬢、セオドラ・コスロフ兵、上山草人氏、故ジョージ・シーグマン氏、その他多くの知名の俳優が総出演をするという驚くべき大懸りな映画である。なおこの映画撮影にあたっては「ようグリフェス」を監督したフランク・アーソン氏がドミル氏の補助監督を務めた事と、この映画中の幾場面かはテクニカラーが施されているという事を付記する

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
H・B・ワーナー ドロシー・カミングス アーネスト・トーレンス ジョゼフ・シルドクラウト
1926年

ヴォルガの舟唄

  • 1926年当年公開
  • 出演(Stephen 役)

「昨日への道」に次いで製作されたセシル・B・デミル氏監督作品で、コンラッド・ベルコヴイチ氏作の物語をレノア・J・カツフイー女史が脚色したもの。主役は「昨日への道」「最後の戦線」等出演のウィリアム・ボイド氏が勤め、「肉に飢えたる野獣」出演のエリノア・フェアー嬢と「霊魂の叫び」「勝利者(1925)」出演のヴィクター・ヴァルコニ氏とが共演しセオドア・コスロフ氏、ジュリア・フェイ嬢、ロバート・エデイソン氏等が助演している。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ウィリアム・ボイド エリノア・フェアー ロバート・エディソン ヴィクター・ヴァルコニ
1925年

輝く三色旗

  • 1925年当年公開
  • 出演(Paul_de_Montrichard 役)

エミール・オジュ氏作の舞台劇を映画化したものでアデレイド・ヒールブロン女史が脚色し、「極楽突進」「女名捕手」等と同じくクラレンス・G・バッジャー氏が監督した。主役は「駅馬車(1925)」「極楽突進」「紅ばらの唄」等出演のベティー・カンプソン嬢が演じ、相手役には「紅椿」等出演のウォーレス・マクドナルド氏、「金色の寝床」等出演のセオドア・コスロフ氏が出演し、その他シェルドン・リョイス氏、マーガレット・セドン嬢、ゲイル・ヘンリー嬢、ジョセフ・J・ダウリング氏等が助演している。

監督
クラレンス・G・バッジャー
出演キャスト
ベティー・カンプソン ウォーレス・マクドナルド セオドア・コスロフ シェルドン・ルイス

勝利者(1925)

  • 1925年当年公開
  • 出演(Vaninoff 役)

「十誡(1923)」に続くセシル・B・デミル氏の監督作品で、原作はサタデイ・イヴニングポースト誌上に連載されたメイ・エジントン女史の小説、これを例のジャニー・マクファースン女史が脚色したもので、主役は「十誡(1923)」現代篇と同じくリートリス・ジョーイ嬢とロッド・ラ・ロック氏、それにハンガリー生れの新進俳優ヴィクター・ヴァルコニ氏が加わり、その他贅澤なオール・スター・キャストである。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
リートリス・ジョーイ ロッド・ラロック ヴィクター・ヴァルコニ チャールズ・オーグル
1924年

霊魂の叫び

  • 1924年当年公開
  • 出演(Bendick 役)

「勝利者(1925)」に続くセシル・B・デミル氏監督作品で、マーガレッタ・タットゥル女史作の小説からビューラー・マリー・ディックス女史とバートラム・ミルハウザー氏と脚色した。主役は「十誡(1923)」「勝利者(1925)」等出演のロッド・ラ・ロック氏と「放埓娘」に出演し今回ドミル氏によって初めて大役を振られたヴェラ・レイノルヅ嬢で、その他「勝利者(1925)」に出演したジュリア・フェイ嬢、セオドア・コスロフ氏ヴィクター・ヴァルコニ氏等及びリカルド・コルテス氏が助演している。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
ヴェラ・レイノルズ ロッド・ラロック ヴィクター・ヴァルコニ リカルド・コルテス
1923年

踊れ若者

  • 1923年当年公開
  • 出演(Richard_Forestall 役)

ハロルド・ブリグハウス原作の舞台劇「他の時代」“Other_Timesに基づき、ビューラー・マリー・ディックスが脚色し、チャールズ・レイのパラマウント映画を監督して有名なジェローム・ストームが監督したもので、主役は「アダムス・リブ」「失うべからず」等出演のセオドア・コスロフ、「危険なる処女時代」等でのアイリーン・パーシー、「巨人大望」等出演のリカルド・コルテス等である。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
セオドア・コスロフ リカルド・コルテス ロバート・ケイン アイリーン・パーシー

無法者の掟(1923)

  • 1923年当年公開
  • 出演(Sender 役)

ピクトリアル・レヴィウ誌に掲載されたコンラッド・ベルコヴイチの原作を、E・ロイド・シェルドンとエドフリッド・A・ビンガムとが脚色し、「埃乃の月」「アンナの昇天」等と同じくヴィクター・フレミングが監督したもので、「濃霧を衝いて」「埃乃の月」等主演のドロシー・ダルトンが、「アダムス・リブ」「愚か者の楽園」等出演のセオドア・コスロフを対手役として製作した活劇。その他シャルル・ド・ローシュやタリー・マーシャル、マーガレット・ルーミス等が共演している。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
ドロシー・ダルトン セオドア・コスロフ シャルル・ド・ローシュ タリー・マーシャル
1922年

愛着の道

  • 1922年当年公開
  • 出演(Louis_Racine 役)

「運命の孤児」等のアグネス・エイアース嬢がパラマウント社における主役としての出演の第一回映画である。ギルバート・パーカー卿の原作をユージーン・マリン氏が脚色し、ヴィクター・フレミング氏が監督したもの。相手役は「愚か者の楽園」「緑の誘惑」等で人気を博したセオドア・コスロフ氏及びマーロン・ハミルトン氏である。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
アグネス・エイアース セオドア・コスロフ マーロン・ハミルトン ウィルトン・タイラー

愛と芸術

  • 1922年当年公開
  • 出演(Vadofski 役)

エドワード・H・ピープル原作の舞台劇をオルガ・プリンツローが脚色し、セシル・B・デミルの弟ウィリアム・C・デミルが監督した人情劇で、主役は「男性と女性」「ミラクル・マン」など主演のトーマス・ミーアンで、キャスリン・ウィリアムス、ライラ・リー、カッスン・ファーガソン、アン・フォレストが相手役を演じる。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
トーマス・ミーアン チャールズ・オーグル キャスリン・ウィリアムス クラレンス・H・ゲルダート
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > セオドア・コスロフ