映画-Movie Walker > 人物を探す > 東静子

年代別 映画作品( 1954年 ~ 2014年 まで合計12映画作品)

2014年

ゴジラ 60周年記念 デジタルリマスター版

  • 2014年6月7日(土)公開
  • 出演(ダンサー 役)

日本怪獣特撮映画の金字塔“ゴジラ”。その第1作目の公開から60年をむかえ、初回上映状態を再現することを目標に7ヵ月かけて制作されたデジタルリマスター版。4Kスキャンされたデータを元に、ソフトウェアおよび手作業による1コマ1コマのごみ取り処理がなされた。また音声も違和感が生じないよう細心の注意が払われたノイズ除去が行われている。監督は本多猪四郎。特技監督は円谷英二。出演は宝田明、河内桃子、平田昭彦、志村喬ほか。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
志村喬 河内桃子 宝田明 平田昭彦
1995年

雲南物語

  • 1995年6月10日(土)公開
  • 出演(樹子の母 役)

日中戦争後、中国辺境の地・雲南で生きる1人の日本人女性が辿った数奇な運命を通して、夫婦の愛を淡々と描いた人間ドラマ。日本ロケが重要な役割を果たし、中国・香港・日本の協力体制が実を結んだ一編。五十嵐美恵子の実話を基に、田笙とチェ・ティンが共同で脚本を執筆。監督は本作が遺作となった「青春祭」「おはよう北京」で注目された中国第四世代の女性監督・張暖忻。製作は成志谷と、「客途秋恨」の杜又陵。撮影は王小列、音楽は林偉哲と李欣芸が担当。主演は台湾のスター、呂秀齢。共演は「青い凧」「乳泉村の子供たち」のプー・ツンシン、台湾映画界の新星・林建華、「七人の侍」の東静子ほか。

監督
チョン・ヌァンシン
出演キャスト
リュー・シュウリン プー・ツンシン 林健華 ルー・シュウチォン
1985年

雪の断章 情熱

  • 1985年12月21日(土)公開
  • 出演(女の浮浪者 役)

ふたりの男性に囲まれて育ったみなし児の少女が、殺人事件に巻きこまれ、大人になっていく姿を描く。佐々木丸美原作の『雪の断章』の映画化で、脚本は「魔の刻」の田中陽造、監督は「台風クラブ」の相米慎二、撮影は「おはん」の五十畑幸勇がそれぞれ担当。主題歌は、斉藤由貴(「情熱」)。

監督
相米慎二
出演キャスト
斉藤由貴 榎木孝明 岡本舞 矢代朝子
1977年

獄門島(1977)

  • 1977年8月27日(土)公開
  • 出演(勝野の母 役)

「犬神家の一族」「悪魔の手毬唄(1977)」に続き、原作・横溝正史、監督・市川崑、主演・石坂浩二のトリオが三たび放つ横溝シリーズ。封建的な古い因習の中で、本鬼頭と分鬼頭が対立する獄門島へきた金田一耕助が、連続殺人事件にまきこまれる姿を描く。脚本は「悪魔の手毬唄(1977)」の久里子亭、監督は同作の市川崑、撮影も同作の長谷川清がそれぞれ担当。

監督
市川崑
出演キャスト
石坂浩二 大原麗子 草笛光子 太地喜和子
1963年

続・社長漫遊記

  • 1963年3月1日(金)公開
  • 出演(造船所の社員 役)

スタッフは前作「社長漫遊記」に同じ。

監督
杉江敏男
出演キャスト
森繁久彌 久慈あさみ 中真千子 江原達怡
1960年

銀座退屈娘

  • 1960年3月8日(火)公開
  • 出演(うずまきの女中 役)

「サラリーガール読本 むだ口かげ口へらず口」の若尾徳平の脚本を、「孫悟空」の山本嘉次郎が監督した喜劇。「天下の大泥棒 白浪五人男」の遠藤精一が撮影した。

監督
山本嘉次郎
出演キャスト
中島そのみ 柳家金語楼 小泉博 村上冬樹
1957年

夜の鴎

  • 1957年8月10日(土)公開
  • 出演(清香 役)

田中澄江のオリジナル・シナリオを、「愛情の決算」以来一年ぶりの佐分利信が監督し、「東京のテキサス人」の芦田勇が撮影した。主演は、これが東宝復帰第一回作品の新珠三千代、「わが胸に虹は消えず」の河内桃子、「鯨と斗う男」の佐野周二、「目白三平物語 うちの女房」の久慈あさみ。ほかに田崎潤、佐分利信、佐原健二、藤木悠など。

監督
佐分利信
出演キャスト
高堂国典 桜むつ子 田崎潤 佐原健二
1956年

囚人船

  • 1956年8月8日(水)公開
  • 出演(酌婦梢 役)

香椎豊次郎の“報国丸の話”という実録からヒントを得て菊田一夫が創作した海洋活劇。脚色は監督稲垣浩と「彼奴を逃すな」の村田武雄。「吉川英治作宮本武蔵より 決闘巌流島」につき稲垣浩が監督した。撮影は「黒帯三国志」の飯村正。主な出演者は、「ならず者(1956)」の三船敏郎「森繁よ何処へ行く」の岡田茉莉子、「大暴れチャッチャ娘」の小泉博、「栄光と驀走王」の田崎潤、その他小杉義男、上田吉二郎、清水元。なお、少年囚には殆ど新人を起用した。

監督
稲垣浩
出演キャスト
三船敏郎 岡田茉莉子 田崎潤 小杉義男

現代の欲望

  • 1956年6月22日(金)公開
  • 出演(芸者金太郎 役)

“現代の欲望”である金を求めてあがき廻るアプン青年の行動を通じて、現代社会の狂躁ぶりを描こうという野心篇。「不良少年(1956)」の共同脚色者の一人菊島隆三のオリジナルを「朝霧(1955)」の丸山誠治が監督した。撮影は「青い芽」の山崎一雄。主な出演者は「お嬢さん登場」の池部良、「青い芽」の司葉子、「森繁よ何処へ行く」の淡路恵子、「無法者の島」の青山京子、「不良少年(1956)」の久保明、「茶の間の時計 愛情の波紋」の三津田健など。

監督
丸山誠治
出演キャスト
池部良 三津田健 英百合子 司葉子
1955年

麦笛

  • 1955年5月3日(火)公開
  • 出演(劇場の女の娘 役)

室生犀星原作の『性に目覚める頃』から「或る女」の豊田四郎と「泉へのみち」の池田一朗が共同で脚本を書き、豊田四郎が監督に当る。撮影は「女性に関する十二章」の三浦光雄。出演者は「潮騒(1954)」の青山京子、久保明、太刀川洋一、「女給」の越路吹雪、「めくら狼(1955)」の志村喬、「浮雲」の中北千枝子の他、三好栄子、浪花千栄子、浜田百合子、藤原釜足など。

監督
豊田四郎
出演キャスト
久保明 太刀川洋一 青山京子 越路吹雪
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 東静子