映画-Movie Walker > 人物を探す > アグネス・エイアース

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1929年 まで合計13映画作品)

1929年

ドノヴァン

  • 1929年公開
  • 出演(Lydia_Rankin 役)

オウェン・デヴィス氏作の同名の舞台劇を映画化したものでドロシー・ホウェル女史の脚色により「サブマリン」「陽気な踊子」と同じくフランク・キャプラ氏が監督した。主役は「サブマリン」「軍法会議(1928)」のジャック・ホルト氏と「サブマリン」「タイグレス」のドロシー・レヴィア嬢とであるが、そのほか「雨製造者」「漂泊い人」のウィリアム・コリアー・ジュニアー氏、「熱砂の舞」のアグネス・エイアース嬢、を始めとしてジョン・ローシュ氏、フレッド・ケルシー氏、ヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢、エドワード・ハーン氏、ウィーラー・オークマン氏、等が出演している。発声版の方はオール・トーキーとなっている。

監督
フランク・キャプラ
出演キャスト
ジャック・ホルト ドロシー・レヴィア ウィリアム・コリアー・ジュニア ジョン・ローシュ
1924年

恋は強し

  • 1924年公開
  • 出演(Sasha_Boroff 役)

「虚栄に勝てり」を監督製作したヴィクター・ユーゴー・ホルベリン氏が原作を書き監督したもので「禁断の果実」「幽明界」等出演のアグネス・エイアース嬢と「天界へ挑戦」「疑問のK」等出演のパーシー・マーモント氏主演し、ロバート・マッキム氏、キャスリン・ウィリアムス嬢、メアリー・アルデン嬢、ジョージ・シーグマン氏等腕利き連が助演する。

監督
ヴィクター・ユーゴー・ホルペリン
出演キャスト
アグネス・エイアース パーシー・マーモント ロバート・マッキム キャスリン・ウィリアムス

殺人ラジオ

  • 1924年公開
  • 出演(Mary_Walsworh 役)

アーサー・ストリンジャー氏の原作をヴィクター・アーヴィン氏が脚色し、「北緯三十六度」「激闘の天地」等と同じくアーヴィン・V・ウィラット氏が監督したもので、「国境の狼」「南海の情火」等出演のアントニオ・モレノ氏と「幽明界」「禁断の果実」等出演のアグネス・エイアース嬢とが主演し、「情熱の悪鬼」等出演のダマール・ゴドウスキー嬢及びルイス・ウォルハイム氏、モーリス・コステロ氏等が出演する活劇である。

監督
アーヴィン・V・ウィラット
出演キャスト
アグネス・エイアース アントニオ・モレノ タイロン・パワー ルイス・ウォルハイム
1923年

競争心

  • 1923年公開
  • 出演(Virginia_Kedt 役)

「魔速力」「大陸突破」その他自動車活劇の原作を数多く書いたバイロン・モーガン氏の小説を、ウィル・M・リッチー氏が脚色し、「揺藍」等と同じくポール・パウエル氏の監督したもの。主役は「野良犬と金剛石」「愛着の道」等主演のアグネス・エイアース嬢、「泣くな我が妻」等出演のリチャード・ディックス氏で、「ふるさとの家」のセオドア・ロバーツ氏も出演する。

監督
ポール・パウエル
出演キャスト
アグネス・エイアース セオドア・ロバーツ リチャード・ディックス ロバート・ケイン

心を盗む者

  • 1923年公開
  • 出演(Muriel_Grey 役)

H・R・デューラントとジュリー・ハーンとが合作になる「武器と乙女」“Arms and the Girlを、「幌馬車」等と同じくジャック・カニンガムが脚色し、「剣劇の響」「野の花」等と同じくウェズリー・ラッグルズが監督したもの。主役は「爆音千里」「野良犬と金剛石」等主演のアグネス・エイアースと「女は誓いぬ」「或る愚者有りき」等出演のマーロン・ハミルトンとである。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
アグネス・エイアース マーロン・ハミルトン チャールズ・ラグルズ Frazer Coulter

十誡(1923)

  • 1923年公開
  • 出演(The_Outcast 役)

セシル・B・デミル氏が「屠殺者(1922)」「アダムス・リブ」に続いて製作した特撮映画で、例によってジェニー・マクファーソン女史が脚色した。映画は第一部と第二部に分かれ、第一部はセオドア・ロバーツ氏、シャール・ド・ローシュ氏、エステル・テイラー嬢等が主役、第二部はリチャード・ディックス氏、ロッド・ラ・ロッタ氏、リートリス・ジョーイ嬢、ニタ・ナルディ嬢が主役である。第一部は今より凡そ3千年の昔旧約聖書の出埃及記に時代をとり第二部は現代である。第一部には大分テクニカラー天然色が使用してあって、戦車の突進する場や紅海の波が二つに割れるシーン等に着色してある。尚

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
セオドア・ロバーツ シャルル・ド・ローシュ エステル・テイラー ジュリア・フェイ
1922年

愛着の道

  • 1922年公開
  • 出演(Madelinette 役)

「運命の孤児」等のアグネス・エイアース嬢がパラマウント社における主役としての出演の第一回映画である。ギルバート・パーカー卿の原作をユージーン・マリン氏が脚色し、ヴィクター・フレミング氏が監督したもの。相手役は「愚か者の楽園」「緑の誘惑」等で人気を博したセオドア・コスロフ氏及びマーロン・ハミルトン氏である。

監督
ヴィクター・フレミング
出演キャスト
アグネス・エイアース セオドア・コスロフ マーロン・ハミルトン ウィルトン・タイラー

割れても末に

  • 1922年公開
  • 出演(Virginia_Blaine 役)

ウォッシバーン喜劇「禁酒御免」其他の原作者でお馴染みの舞台喜劇作者ジョージ・ブロードハースト氏原作の舞台劇をクララ・S・ベランジャー女史が脚色し、ウィリアム・C・デミル氏が監督したパ社映画である。「黎明の大河」等のジャック・ホルト氏、「運命の孤児」等のアグネス・エイアース嬢の共演で、尚最近同社スターに昇進した報のある愛嬌者ウォルター・ハイアース君が主要な1役を演じている。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
アグネス・エイアース ジャック・ホルト ウォルター・ハイアース Leah Wyant

幽明境

  • 1922年公開
  • 出演(Spirit 役)、出演(Dora_Becket 役)、出演(Edith_Wayne 役)

「野良犬と金剛石」「姿なき男」等の脚色をしたビューラー・マリー・ディックスの原作及び脚色になり、「野良犬と金剛石」「爆音千里」等と同じくポール・パウエルの監督で、同じくアグネス・エイアースの主演になったもの。アグネスは3役を演出する。対手役には「アダムス・リブ」「燃ゆる砂」等の出演のミルトン・シルス、「八釜し屋」「有閑階級」等出演のカッスン・ファーガソン等がある。その他フレッド・ハントリーやバートラム・グラスビー、メアリー・ジェーン・アーヴィング等仲々に良い役割である。

監督
ポール・パウエル
出演キャスト
アグネス・エイアース ミルトン・シルス フレッド・ハントリー バートラム・グラスビー
1921年

愛の列車

  • 1921年公開
  • 出演(Laura_Gage 役)

フランク・H・スペアマン原作の鉄道活劇物語の1つ「鉄道王の娘」The Daughter of a Magnateをユージーン・B・ルイスが脚色し、フランク・アーソンが監督したもので、主役は「アナトール」「大陸突破」などで主演のウォーレス・リードと、「海の壮漢」「シーク」その他に出演のアグネス・エイアース。そのほかセオドア・ロバーツ、ロイド・ウィトロックなども出演する。

監督
フランク・アーソン
出演キャスト
ウォーレス・リード アグネス・エイアース セオドア・ロバーツ ロイド・ウィトロック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アグネス・エイアース