映画-Movie Walker > 人物を探す > レナ・オーウェン

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2016年 まで合計3映画作品)

2016年

ザ・ラスト・ウォーリアー

  • 2016年2月2日(火)公開
  • 出演

ニュージーランドの先住民族・マオリの戦士たちが激しく衝突するアクション作品。裏切りに遭い一族を皆殺しにされた少年が、伝説の戦士と組んで復讐に乗り出そうとするが……。第87回アカデミー賞外国語映画賞ニュージーランド代表作品。監督は「ナンバー2」(映画祭上映)でサンダンス映画祭2006国際観客賞を獲得したトア・フレイザー。脚本は「デモンズ2001」を監督したグレン・スタンドリング。特集上映『未体験ゾーンの映画たち2016』にて上映。

監督
トア・フレイザー
出演キャスト
ジェームズ・ロールストン ローレンス・マコアレ テ・コヘ・トゥハカ レナ・オーウェン
2002年

ミッション・ブルー

  • 2002年11月16日(土)公開
  • 出演(カリーナ 役)

オランダの異国情緒あふれる風景を背景にしたサスペンス。スピーディーな展開や青を基調にしたスタイリッシュな映像に引き込まれ、意外な結末まで目が離せない!

監督
ローレンス・マルキン
出演キャスト
スキート・ウーリッチ クリスティ・スワンソン デレク・デ・リント レナ・オーウェン
1995年

ワンス・ウォリアーズ

  • 1995年9月23日(土)公開
  • 出演(Beth 役)

ニュージーランドの都会に住むマオリ族の一家が直面するさまざまな現実問題と苦悩を、過激で悲痛な暴力描写を交えて活写した骨太な人間ドラマ。映画の年間平均製作本数が約3本のニュージーランドで大ヒットを飛ばし、94年モントリオール映画祭グランプリと最優秀女優賞(レナ・オーウェン)に輝く快挙となった。マオリ族の血を引くアラン・ダフの同名小説(文春文庫・刊)を、同じくマオリ族の血を引き、CM界で活躍する一方で大島渚監督の「戦場のメリークリスマス」の助監督を務めた経験も持つリー・タマホリの初監督で映画化。脚本はリウィア・ブラウン、製作はロビン・ショールズ。撮影は「エンジェル・アット・マイ・テーブル」「ピアノ・レッスン」のスチュアート・ドライバー。マオリの民族音楽をベースにした音楽はマレー・グリンドレイとマレー・マクナブ、美術はマイク・ケインが担当。主演は「モアイの謎」に続いて2作目となる英国人とマオリ族のハーフ、レナ・オーウェン。共演は、ニュージーランドのテレビ界で活躍するテムエラ・モリソンら。

監督
リー・タマホリ
出演キャスト
レナ・オーウェン テムエラ・モリソン ママエンガロア・カーベル Julian Arahanga
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > レナ・オーウェン