映画-Movie Walker > 人物を探す > ゼー・ブランコ

年代別 映画作品( 1995年 ~ 2013年 まで合計4映画作品)

2013年

トランス(2006)

  • 2013年7月15日(月)公開
  • 美術

西ヨーロッパへの旅の途中で過酷な現実に直面した女性が耽美的な夢世界へと誘われる様を描くドラマ。監督はテレーザ・ヴィラヴェルデ。出演はアナ・モレイラ、ヴィクトル・ラコフ、ロビンソン・ステヴニンほか。2010年9月17日より、東京国立近代美術館フィルムセンターにて開催された「ポルトガル映画祭2010 マノエル・ド・オリヴェイラとポルトガル映画の巨匠たち」にて日本初上映。2013年7月13日より、東京・ユーロスペースにて開催された「『熱波』(ミゲル・ゴメス監督作品)公開記念 ポルトガル映画の巨匠たち」にて上映。

監督
テレーザ・ヴィラヴェルデ
出演キャスト
アナ・モレイラ ヴィクトル・ラコフ ロビンソン・ステヴニン イアイア・フォルテ
2011年

三人の結婚

  • 2011年9月10日(土)公開
  • 美術

新作発表を控えた劇作家の自宅に集まった人々が繰り広げる人間模様を描くドラマ。監督はジャック・ドワイヨン。出演はパスカル・グレゴリー、ジュリー・ドパルデュー、ルイ・ガレルほか。2011年9月10日より、東京・市谷 東京日仏学院にて開催された「第15回カイエ・デュ・シネマ週間」にて上映 ※35ミリ英語字幕版。2014年9月20日、神奈川県横浜市・東京藝術大学 横浜・馬車道校舎にて日本語字幕版をDVD上映。

監督
ジャック・ドワイヨン
出演キャスト
パスカル・グレゴリー ジュリー・ドパルデュー ルイ・ガレル アガタ・ボニゼール
2001年

溺れゆく女

  • 2001年2月3日(土)公開
  • 美術

 「ランデブー」の巨匠A・テシネとJ・ビノシュが12年ぶりにコンビを組んだ注目作。ある衝撃的事件の謎を背景に、年下の男に溺れる女の愛の旅路がドラマチックに展開する。

監督
アンドレ・テシネ オリヴィエ・アサイヤス ジル・トーラン
出演キャスト
ジュリエット・ビノシュ アレクシ・ロレ カルメン・マウラ マチュー・アマリック
1995年

リスボン物語

  • 1995年8月26日(土)公開
  • 美術

リスボン市がモチーフの映画を、という同市の依頼にヴィム・ヴェンダース監督が応じた作品。製作はポルトガル映画界の重鎮、「階段通りの人々」のパウロ・ブランコと「時の翼にのって ファラウェイ・ソー・クロース!」のウルリッヒ・フェルスベルク。脚本も監督が執筆し、夫人のドナタ・ヴェンダースがそれをまとめる編集に当たった。撮影は「ポケットいっぱいの涙」のリザ・リンスラー。美術は「ことの次第」でも同監督と組んだパウロ・ブランコの子息ゼー・ブランコ。編集は「時の翼にのって ファラウェイ・ソー・クロース!」まで同監督の作品をほとんど手掛け、ドキュメンタリー映画作家としても活躍するペーター・プルツィゴッダとアンヌ・シュニーの共同。出演は同監督の常連リュディガー・フォーグラーが「時の翼にのって ファラウェイ・ソー・クロース!」に続く5度目のフィリップ・ヴィンター役、また映画監督フリッツ・モンロー役に「ことの次第」で同じ人物を演じた「チューズ・ミー」などのパトリック・ボーショウがそれぞれ扮する。音楽は「ベルリン・天使の詩」のユルゲン・クニーパーがスコアを書き、昨今国際的な注目を集めるポルトガルの民族音楽ファドのバンド、マドレデウスが音楽を担当(オリジナルを9曲)し、彼ら自身の役で出演。ヴォーカルのテレサ・サルゲイロは本作品中の紅一点のヒロインとして華を添えている。さらに「階段通りの人々」の巨匠マノエル・デ・オリヴェイラ監督がゲストで登場している。

監督
ヴィム・ヴェンダース
出演キャスト
リュディガー・フォーグラー パトリック・ボーショウ テレサ・サルゲイロ ペドロ・アイレス・マガリャンエス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ゼー・ブランコ