映画-Movie Walker > 人物を探す > マッジ・エヴァンス

年代別 映画作品( 1923年 ~ 1937年 まで合計27映画作品)

1937年

拾三番目の椅子(1937)

  • 1937年公開
  • 出演(Neil_O'Neill 役)

「夜は必ず来る」のデーム・メイ・ウイッティー、「断乎戦うべし」のマッジ・エヴァンス、「仇敵」のルイス・ストーン、新進のトーマス・ベック、「夕陽特急」のエリッサ・ランディ、「ギャングの子」のジャネット・ビーチャー、「真珠と未亡人」のラルフ・フォーブスが共演するもの。ベイヤード・ヴェイラー作の舞台劇マリオン・パーソネットが脚色、「断乎戦うべし」のジョージ・B・サイツが監督し、「街の果報者」のチャールズ・G・クラークが撮影している。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
ディム・メイ・ホイッティ マッジ・エヴァンス ルイス・ストーン エリッサ・ランディ
1936年

黄金の雨

  • 1936年公開
  • 出演(Susan 役)

「愉快なリズム」「海は桃色」のビング・クロスビーが主演する映画で、「断固戦うべし」「孤児ダビド物語」のマッジ・エヴァンスと「山小屋の一夜」「僕は軍人」のエディス・フェロウズとが相手役を勤める。監督は「珍芸騒動」「不思議の国のアリス(1933)」のノーマン・Z・マクロードで、カザリン・レスリー・ムーア作の小説及びウィリアム・ランキンが書いた原作を按配して「粋な紐育っ子」「俺は善人だ」のジョー・スワーリングが脚色したものである。助演者は「バーバリー・コースト」のドナルド・ミーク、「マンハッタン夜話」のジョン・ガローデット、「花嫁凱旋」のナナ・ブライアント等で、ルイ・アームストロングと彼の管弦団が出演している。なほ撮影はロバート・ピッタックの担当である。

監督
ノーマン・Z・マクロード
出演キャスト
ビング・クロスビー マッジ・エヴァンス エディス・フェロウズ ドナルド・ミーク

断固戦うべし

  • 1936年公開
  • 出演(Ann_Devlin 役)

「男子牽制」「無軌道行進曲」のフランチョット・トーン「孤児ダビド物語」「死の本塁打」のマッジ・エヴァンスを始め「アイスクリーム娘」のスチュアート・アーウィン、「男性No.1」のジョセフ・カレイアが主要なる役を勤める映画で、マーティン・ムーニーの原作をマイケル・フェシアが脚色し、「歓楽の女王」「南国の河唄」のジョージ・B・サイツが監督に任じ「歓楽の女王」「舗道の殺人」のレスター・ホワイトが撮影したもの。助演は「舗道の殺人」のロバート・バラット、「無軌道行進曲」のルイズ・ヘンリー、「ロマンスの街」のJ・ファーレル・マクドナルド、「サンクス・ミリオン」のマーガレット・アーヴィンググ、レイモンド・ハットン、J・キャロル・ネイシュ等である。

監督
ジョージ・B・サイツ
出演キャスト
フランチョット・トーン マッジ・エヴァンス スチュアート・アーウィン ジョゼフ・キャレイア
1935年

孤児ダビド物語

  • 1935年公開
  • 出演(Agnes 役)

チャールズ・ディケンズの代表的名作小説の映画化で、英国の小説家ヒュー・ウォールポールが潤色し、「若草物語(1933)」「愛の鳴咽」と同じくハワード・エスタブルックが脚色に、ジョージ・キューカーが監督に当たった。主役デヴィッドには少年時代を無名の英国少年フレッディー・バーゾミュウが、青年時代を英米の劇団に出演していたフランク・ロートンがそれぞれ勤め「かぼちゃ大当たり」のW.C.フィールヅ、「宝島(1934)」のライオネル・バリモア、「ターザンの復讐」のモーリン・オサリヴァン、「死の本塁打」のマッジ・エヴァンス、「若草物語(1933)」のエドナ・メイ・オリヴァー、「宝島(1934)」のルイス・ストーン、「明日の太陽」のエリザベス・アラン、「君とひととき」のローランド・ヤング、「ソレルとその子」のヒュー・ウィリアムス、「絢爛たる殺人」のジェシー・ラルフ、バジル・ラスボーン、ジーン・キャデル、ユーナ・オコナー、ジョン・バックラー、等が助演するほか、潤色に当たったヒュー・ウォールポールも出演している。撮影は「メリイ・ウイドウ(1934)」のオリヴァー・マーシュの担当である。

監督
ジョージ・キューカー
出演キャスト
W・C・フィールズ ライオネル・バリモア モーリン・オサリヴァン マッジ・エヴァンス

名を失える男

  • 1935年公開
  • 出演(Helen_Sherwood 役)

「輝ける百合」「無電非常線」のフレッド・マクマレイが主役を勤めるG メン映画で「盲目の飛行士」の脚色者デール・ヴァン・エヴァリーが書き下ろし、「群集の喚呼」のキュベック・グラスモンがマーゲリット・ロバーツと協力して脚色し、「銀鼠流線型」「血と悪魔」のラルフ・マーフィーが監督に当たり、「かぼちゃ太夫」「血と悪魔」のベン・F・レイノルズが撮影した。マクマレイを助けて「孤児ダビド物語」「大陸非常線」のマッジ・エヴァンス、「ボクは芸人」のデヴィッド・ホルト、「その夜の真心」「ルムバ」のリン・オヴァーマン、「愛の隠れ家」のエリザベス・バタースン、「ハリウッドデカメロン」のグラント・ミッチェル、舞台俳優として有名なJ・C・ニュージェント、「深夜の星」のレスリー・フェントン、ジョン・レイ等が出演している。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
フレッド・マクマレイ マッジ・エヴァンス デイヴィッド・ホルト リン・オヴァーマン
1934年

歓呼の嵐

  • 1934年公開
  • 出演(Mary_Adams 役)

ブロードウェイの作歌者並びにショウ演出家として知られているリュー・ブラウンがウィンフィールド・シーアンと協力して製作した音楽映画で、ウィル・ロジャースが「水曜日の恋」「戦争と母性」のフィリップ・クラインと原案を立てたものに基き「苦闘五十年」「渦巻く妖術」のハミルトン・マクファデンが監督した。出演者は「水曜日の恋」「流れる青空」のワーナー・バクスター、「第三の恋」「地獄の市長」のマッジ・エヴァンス、「当って砕けろ」「水兵上陸」のジェームズ・ダン、「可愛いマーカちゃん」のシャーリー・テンプル、等のほかアーサー・バイロン、ラルフ・モーガンそれから「裏切る唇」「昨日」のジョン・ボールズを始めとして、舞台並びにラジオで知名な芸人達、シルヴィア・フルース、ジェマイナ叔母さん、ディック・フォーラン、ステピン・フェチット、等の面々である。撮影は「カヴァルケード」「フープラ」のアーネスト・パーマーが「渦巻く妖術」のL・ウィリアム・オコンネルと協力して担任し、舞踊振付は「ダンシング・レデイ」「生ける人形」のサミー・リーが行った。作歌はリュー・ブラウン、作曲はブラウンがジェイ・ガーニーと共に担任。

監督
ハミルトン・マクファッデン
出演キャスト
ワーナー・バクスター マッジ・エヴァンス ジェームズ・ダン アーサー・バイロン

サラリーマン

  • 1934年公開
  • 出演(Amy 役)

「力と栄光」「青空天国」のスペンサー・トレイシーが主演する映画で、ジョージ・ケリー作の舞台劇を「舗道の雨」「晩餐八時」のハーマン・J・マンキーウィッツが脚色し、「豚児売り出す」のチャールズ・F・ライズナーが監督に当たり、「第三の恋」のジェームズ・ウォン・ホウが撮影した。助演者は「第三の恋」「大陸非常線」のマッジ・エヴァンス、「世界大洪水」のロイス・ウィルソン「豪華船」のヘンリー・ウォズウォース、「晩餐八時」のグラント・ミッチェル、クララ・ブランディック等。

監督
チャールズ・F・ライズナー
出演キャスト
スペンサー・トレイシー マッジ・エヴァンス ヘンリー・ウォズウォース ロイス・ウィルソン

死の本塁打

  • 1934年公開
  • 出演(Frances 役)

「土曜日の大観衆」のエドワード・セジウィックが監督に当たった野球劇で、「七万人の目撃者」のコートランド・フィッツシモンズの原作を「あたしは別よ」のハーヴェイ・シュウと「快走艇」のラルフ・スペンスがジョセフ・シャーマンと共同して脚色した。主演者は「ロスチャイルド」「土曜日の大観衆」のロバート・ヤングと「大陸非常線」「第三の恋」のマッジ・エヴァンスで、「宿命の窓」のナット・べンドルトン、及びC・ヘンリー・ゴードン、「駄法螺男爵」のテッド・ヒーリー、「キャバレエの鍵穴」のポール・ケリー、「舌戦速射砲」のデヴィッド・ランドー、ジョー・ソーアズ、デウィット・ジェニングス等で、撮影は「麦畑を荒らす者」「めりけん音頭」のミルトン・クラスナーの担当である。

監督
エドワード・セジウィック
出演キャスト
ロバート・ヤング マッジ・エヴァンス ナット・ペンドルトン テッド・ヒーリー

大陸非常線

  • 1934年公開
  • 出演(Letty 役)

「夜間飛行」「舗道の雨」のロバート・モンゴメリーが「第三の恋」「快走艇」のマッジ・エヴァンスを相手に出演する映画で、フェルディナンド・ライハーとフランク・ウィードの原作を「青白い瞼」のアルバート・ハッケト及びフランセス・グッドリッチが、監督者としても手腕あるジョージ・B・サイツと協力して脚色に当たり、「暁の暴風」「第三の恋」のリチャード・ボレスラウスキーが監督し、「光は野より」のテディー・テヅラフが撮影した。助演者は「駄法螺男爵」のテッド・ヒーリー「豚児売りだす」のナット・ペンドルトン、「男子戦わざるべからず」のルース・セルウィン、「胡蝶となるまで」のC・ヘンリー・ゴードン等。

監督
リチャード・ボレスラウスキー
出演キャスト
ロバート・モンゴメリー マッジ・エヴァンス テッド・ヒーリー ナット・ペンドルトン
1933年

晩餐八時

  • 1933年公開
  • 出演(Paula_Jordan 役)

「グランド・ホテル」と同じくデイヴィッド・O・セルズニックが製作にあたった超特作品で、「私重役様よ」のマリー・ドレッスラー「グランド・ホテル」のジョン・バリモア、ライオネル・バリモア、ウォーレン・ビアリー及びジーン・ハーショルト、「紅塵」のジーン・ハーロウ、「ロシア探訪飛脚」のリー・トレイシー、「彼女の用心棒」のエドモンド・ロウ、返りさきのビリー・バーク、「ヘル・ビロウ」のマッジ・エヴァンス、「肉体」のカレン・モーリー、「男子戦わざるべからず」のフィリップス・ホームス、「今日限りの命」のルイズ・クロッサー・ヘイル、「令嬢殺人事件」のメイ・ロブスン、「心の青空」のグラント・ミッチェルと言うオール・スター・キャストである。原作はニューヨークで大あたりを取ったジョージ・S・カウフマン、エドナ・ファーバー合作の舞台劇で、「シナラ」「チャンプ(1931)」のフランセス・マリオンが「闇に踊る(1932)」のハーマン・J・マンキーウィッツと共同脚色し、「街のをんな」「心を汚されし女」のジョージ・キューカーが監督にあたり「グランド・ホテル」「お気に召すまま(1932)」のウィリアム・ダニエルスが撮影にあたった。

監督
ジョージ・キューカー
出演キャスト
マリー・ドレッスラー ジョン・バリモア ウォーレス・ビアリー ジーン・ハーロウ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マッジ・エヴァンス