映画-Movie Walker > 人物を探す > リヴァー・フェニックス

年代別 映画作品( 1986年 ~ 2014年 まで合計12映画作品)

2014年

アメリカンレガシー

  • 2014年5月3日(土)公開
  • 出演

「マイ・ブラザー」の俳優サム・シェパードの監督2作目となる異色のアート西部劇。ネイティブ・インディアンの血を引く嫁の亡霊に苦しめられる牧場主一家を描く。出演は、「ハリー・ポッター」シリーズのリチャード・ハリス、「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックス。第6回東京国際映画祭正式上映作品。

監督
サム・シェパード
出演キャスト
リチャード・ハリス アラン・ベイツ ダーモット・マローニー リヴァー・フェニックス

ダーク・ブラッド

  • 2014年4月26日(土)公開
  • 出演(ボーイ 役)

「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックスの遺作。彼の死で未完となっていたが、「マイセン幻影」のジョルジュ・シュルイツァー監督が自らの手で完成させた。共演は、「マリー・アントワネット」のジュディ・デイヴィス、「エビータ」のジョナサン・プライス。2013年ベルリン国際映画祭ほかで公式上映。

監督
ジョルジュ・シュルイツァー
出演キャスト
リヴァー・フェニックス ジュディ・デイヴィス ジョナサン・プライス カレン・ブラック
1993年

スニーカーズ

  • 1993年2月11日(木)公開
  • 出演(C-arl 役)

世界を左右する究極のコンピュータ・チップをめぐって、ハッカー組織と対決するハイテク・エキスパート集団の姿を描くサスペンス・アクション。監督・脚本は「フィールド・オブ・ドリームス」のフィル・アルデン・ロビンソン、製作・脚本は「ウォー・ゲーム」(脚本)、「レナードの朝」(製作)のローレンス・ラスカーとウォルター・F・パークス、エグゼクティヴ・プロデューサーはリンズレイ・パーソンズ・ジュニア、撮影は「ウー・ウー・キッド」のジョン・リンドレイ、音楽は「パトリオット・ゲーム」のジェームズ・ホーナーが担当。主演は「ハバナ」のロバート・レッドフォード、「影なき男(1987)」のシドニー・ポワチエ、「ドライビング・MISS・デイジー」のダン・エイクロイド、「マイ・プライベート・アイダホ」のリヴァー・フェニックス、「バグジー」のベン・キングスレイ。

監督
フィル・アルデン・ロビンソン
出演キャスト
ロバート・レッドフォード シドニー・ポワチエ デイヴィッド・ストラザーン ダン・エイクロイド
1991年

マイ・プライベート・アイダホ

  • 1991年7月20日(土)公開
  • 出演(Mike_Waters 役)

男娼として身を売りながら生きるストリート・キッズたちの挫折と成長を描く青春ドラマ。エグゼクティヴ・プロデューサー、監督・脚本は「ドラッグストア・カウボーイ」のガス・ヴァン・サント、製作はローリー・パーカー、撮影はエリック・アラン・エドワーズ、ジョン・キャンベルが担当。出演はリバー・フェニックス、キアヌ・リーブス、ウィリアム・リチャートほか。

監督
ガス・ヴァン・サント ローリー・パーカー
出演キャスト
リヴァー・フェニックス キアヌ・リーヴス ジェームズ・ルッソ ウィリアム・リチャート
1990年

殺したいほど アイ・ラヴ・ユー

  • 1990年11月2日(金)公開
  • 出演(Devo 役)

浮気亭主を殺そうとしたのはいいが、それが並み外れた体力の男だったことから起こる大騒動を描くコメディ。製作はジェフリー・ルーソーとロン・モラー、監督は「偶然の旅行者」のローレンス・カスダン、脚本はジョン・コストメイヤー、撮影はオーウェン・ロイズマン、音楽はジェームズ・ホーナーが担当。出演はケビン・クライン、トレイシー・ウルマンほか。

監督
ローレンス・カスダン
出演キャスト
ケヴィン・クライン トレイシー・ウルマン ジョーン・プローライト リヴァー・フェニックス
1989年

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦

  • 1989年7月8日(土)公開
  • 出演(Young Indy 役)

キリストの血を受けたといわれる伝説の聖杯をめぐって活躍するインディアナ・ジョーンズの姿を描くシリーズ第3作。エグゼクティヴ・プロデューサーはジョージ・ルーカス、フランク・マーシャル、製作はロバート・ワッツ、監督は「太陽の帝国」のスティーヴン・スピルバーグ。ルーカスとメンノ・メイエスのストーリーを基に、脚本は「インナー・スペース」のジェフリー・ボーム、撮影はダグラス・スローカム、音楽は「太陽の帝国」のジョン・ウィリアムズが担当。出演は「ワーキング・ガール」のハリソン・フォード、「プレシディオの男たち」のショーン・コネリーほか。

監督
スティーヴン・スピルバーグ
出演キャスト
ハリソン・フォード ショーン・コネリー デンホルム・エリオット アリソン・ドゥーディー
1988年

旅立ちの時

  • 1988年10月1日(土)公開
  • 出演(Danny_Pope 役)

両親がテロリストとして指名手配されているある家族の愛と成長を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはバート・ハリスとナオミ・フォーナー、製作はエイミー・ロビンソンとグリフィン・ダン。監督は「キングの報酬」のシドニー・ルメット、脚本はフォーナー、撮影はジェリー・フィシャー、音楽はトニー・モットーラが担当。出演は「シルビーの帰郷」のクリスティン・ラーティ、リヴァー・フェニックスほか。

監督
シドニー・ルメット
出演キャスト
クリスティン・ラーティ リヴァー・フェニックス ジャド・ハーシュ マーサ・プリンプトン

リトル・ニキータ

  • 1988年6月25日(土)公開
  • 出演(Jeff_Grant 役)

両親の恐ろしい秘密を知った少年が、国家と両親への愛の板ばさみでゆれる姿を描くサスペンス・ドラマ。製作はハリー・ギッテス、監督は「マネー・ピット」のリチャード・べンジャミン、脚本はジョン・ヒルとボー・ゴールドマン、ストーリーはトム・ムスカとテリー・シュワルツ、撮影は「夜霧のマンハッタン」のラズロ・コヴァックス、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが担当。出演は「影なき男(1987)」のシドニー・ポワチエ、「ジミー さよならのキスもしてくれない」のリヴァー・フェニックス、「イーストウィックの魔女たち」のリチャード・ジェンキンスほか。

監督
リチャード・ベンジャミン
出演キャスト
シドニー・ポワチエ リヴァー・フェニックス リチャード・ジェンキンス キャロライン・カヴァ

ジミー さよならのキスもしてくれない

  • 1988年1月15日(金)公開
  • 出演(Jimmy_Reardon 役)

17歳の少年が、身に起こる出来事を通して、少し大人に成長する過程を、36時間の中に捉えた青春物語。製作は「蜘蛛女のキス」「モナリザ」などで知られるアイランド・ピクチャーズの社長で、「ダウン・バイ・ロー」の製作を手がけたラッセル・シュワルツ。監督は自伝的な原作「さよならのキスもしてくれない」の著者で、脚本も手がけているウィリアム・リチャート。撮影はジョン・J・コナー、音楽はエルマー・バーンスタインが担当。出演は「スタンド・バイ・ミー」のリヴァー・フェニックス、「天国の門」のポール・コスロ、メレディス・サレンジャー、アン・マグナソン、マシュー・ペリー、ロアンヌ、60年代のフォークシンガー、ドノヴァンの娘のアイオン・スカイほか。

監督
ウィリアム・リチャート
出演キャスト
リヴァー・フェニックス メレディス・サレンジャー ポール・コスロ アン・マグナスン
1987年

スタンド・バイ・ミー

  • 1987年4月18日(土)公開
  • 出演(Chris Chambers 役)

森の奥にあるという事故死体を見に出かけた4人の少年たちの小さな冒険旅行を通して、少年期の特異な友情、そして訣別の姿をノスタルジックに描く。製作はアンドリュー・シェインマン、ブルース・A・エヴァンス、レイノルド・ギデオン、スティーブン・キング原作の『死体』をレイノルド・ギデオンとブルース・A・エヴァンスが脚色。監督は「シュア・シング」のロブ・ライナー、撮影はトーマス・デル・ルース、美術はデニス・ワシントン、音楽はジャック・ニッチェ、編集はロバート・レイトンが担当。出演はウィル・ウィートン、リヴァー・フェニックス、コリー・フェルドマン、そしてリチャード・ドレイファスが特別出演。

監督
ロブ・ライナー
出演キャスト
ウィル・ウィートン リヴァー・フェニックス コリー・フェルドマン リチャード・ドレイファス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > リヴァー・フェニックス