映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェイ・キャシディ

年代別 映画作品( 1991年 ~ 2019年 まで合計11映画作品)

2019年

アリー/スター誕生 アンコール・バージョン

  • 2019年4月5日(金)公開
  • 編集

2018年12月に劇場公開された「アリー/ スター誕生」に未公開シーンを12分追加し、アンコール・バージョンとして限定公開。「アメリカン・スナイパー」のブラッドリー・クーパーが監督・主演を務め、レディー・ガガが映画初主演を飾るドラマ。世界的シンガーのジャクソンに歌の才能を見出され、スターダムを駆け上がっていくアリー。2人は激しく恋に落ち、固い絆で結ばれるが……。

監督
ブラッドリー・クーパー
出演キャスト
レディー・ガガ ブラッドリー・クーパー アンドリュー・ダイス・クレイ サム・エリオット
2018年

アリー/ スター誕生

  • 2018年12月21日(金)公開
  • 編集

人気歌手レディー・ガガの映画初主演作となる音楽ドラマ。歌手を夢見るヒロインが、国民的人気を誇るミュージシャンと出会い、その才能を認められ、華やかなショービジネスの世界に足を踏み入れていく。ブラッドリー・クーパーがヒロインの運命を変えるミュージシャン役で歌声を披露するだけでなく、映画監督に初挑戦した意欲作だ。

監督
ブラッドリー・クーパー
出演キャスト
レディー・ガガ ブラッドリー・クーパー アンドリュー・ダイス・クレイ デイヴ・シャペル
2008年

イントゥ・ザ・ワイルド

  • 2008年9月6日(土)公開
  • 編集

名優ショーン・ペンが久々に監督を務めたロード・ムービー。ベストセラー・ノンフィクション「荒野へ」を基に、アラスカで謎の死を遂げた青年の旅の様子とその真実に迫る。

監督
ショーン・ペン
出演キャスト
エミール・ハーシュ マーシャ・ゲイ・ハーデン ウィリアム・ハート ジェナ・マローン
2005年

リチャード・ニクソン暗殺を企てた男

  • 2005年6月11日(土)公開
  • 編集

1974年に起きた衝撃の実話に基づくショーン・ペン主演の実録ドラマ。鬱屈した当時の米国社会を背景に、孤独な男が大統領暗殺を画策するまでを冷徹なタッチで描き出す。

監督
ニルス・ミュラー
出演キャスト
ショーン・ペン ナオミ・ワッツ ドン・チードル ジャック・トンプソン
2003年

バリスティック

  • 2003年10月4日(土)公開
  • 編集

元FBI捜査官が、生物兵器をめぐる陰謀に巻き込まれていくアクション・サスペンス。アントニオ・バンデラスとルーシー・リューが、銃撃戦、カーチェイスなど体を張った熱演を披露!

監督
カオス
出演キャスト
アントニオ・バンデラス ルーシー・リュー レイ・パーク グレッグ・ヘンリー
2002年

プレッジ

  • 2002年6月29日(土)公開
  • 編集

演技派ショーン・ペンが手掛けた監督第3作。前作につづき名優ジャック・ニコルソンを起用し、自らの妄想にとらわれた老刑事の姿に肉迫。豪華俳優陣で描く犯罪サスペンスだ。

監督
ショーン・ペン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン ロビン・ライト・ペン サム・シェパード ベニチオ・デル・トロ
2001年

ルール

  • 2001年1月27日(土)公開
  • 編集

 実際に米国で語りつがれている民間伝承を材にとった衝撃の殺人シーンが連続。姿なきシリアルキラーに立ち向かう若者たちを熱演する、ハリウッドの新進スターにも注目。

監督
ジェイミー・ブランクス
出演キャスト
ジャレッド・レト アリシア・ウィット レベッカ・ゲイハート ロレッタ・デヴァイン
1998年

リプレイスメント・キラー

  • 1998年10月31日(土)公開
  • 編集

非情な組織に背いた殺し屋の死闘をスタイリッシュなタッチで描いたアクション。「男たちの挽歌」シリーズなど香港ノワールはじめ、亜州影帝と呼ばれた香港のトップスター、チョウ・ユンファのハリウッド主演第1作。94年の「大陸英雄伝」以来4年をへて、満を持しての銀幕復帰となる。監督はMTVの俊英アントン・フークァ。脚本は新鋭のケン・サンツェル。製作総指揮はチョウ・ユンファの盟友で本作の企画実現の立役者である「フェイス/オフ」のジョン・ウーと、彼のパートナーのテレンス・チャン、クリストファー・ゴシック、マシュー・ベアーの共同。製作はブラッド・グレイとバーニー・ブリルスタイン。撮影は「バッドボーイズ」のピーター・リオンズ・コリスター。音楽はスコアをバリー・グレッグソン・ウィリアムス、音楽総指揮をラルフ・サルがそれぞれ担当。美術は「フィーリング・ミネソタ」のナオミ・ショワーン。編集は「アルビノ・アリゲーター」のジェイ・キャシディ。共演は「ミミック」のミラ・ソルヴィーノ、「シャドウビルダー」のマイケル・ルーカー、チョウ・ユンファとは「男たちの挽歌」シリーズで共演作しているケネス・ツァン、「イングリッシュ・ペイシェント」のユルゲン・プロホノフほか。

監督
アントワン・フークア
出演キャスト
チョウ・ユンファ ミラ・ソルヴィーノ マイケル・ルーカー ケネス・ツァン

アルビノ・アリゲーター

  • 1998年2月28日(土)公開
  • 編集

警察に包囲された極限状態の中、3人の強盗と5人の人質の心理戦を描いた密室サスペンス。監督は「ユージュアル・サスペクツ」「セブン」の名演で一躍注目された個性派俳優ケヴィン・スペイシーで、彼の監督デビュー作。脚本は本作がデビューとなるクリスチャン・フォルテ。製作は「ジム・キャリーはMr.ダマー」のブラッド・クレヴォイ、スティーヴン・ステイブラー、ブラッド・ジェンケル。撮影は「アフター・ダーク」のマーク・プラマー。音楽は異能派ギタリストでもあるマイケル・ブルック。美術はネルソン・コーツ。編集は「クロッシング・ガード」のジェイ・キャシディ。衣裳はイシス・ムセンデン。出演は「誘う女」のマット・ディロン、「ドンファン」のフェイ・ダナウェイ、「身代金」のゲイリー・シニーズ、「アンダーワールド」のジョー・マンテーニャ、「クリムゾン・タイド」のヴィーゴ・モーテンセン、「評決のとき」のM・エメット・ウォルシュほか新旧の個性派が顔をそろえる。

監督
ケヴィン・スペイシー
出演キャスト
マット・ディロン フェイ・ダナウェイ ゲイリー・シニーズ ウィリアム・フィクナー
1996年

クロッシング・ガード

  • 1996年11月9日(土)公開
  • 編集

交通事故で愛する娘を失った男と、その罪で6年間服役した男が、それぞれ憎悪と罪悪感を抱えたまま対峙し、魂の決着をつけるまでの3日間を、サスペンスフルに描いた人間ドラマ。監督・脚本は「デッドマン・ウォーキング」の俳優ショーン・ペンで、「インディアン・ランナー」に続く監督第2作。タイトルは交差点で人々を誘導する係のことで、人が生きていく道のりでは進むべき道は誰も教えてくれず答えを出すのは本人だ、というところからきている。製作は、ペンと「インディアン・ランナー」のライン・プロデューサーだったデイヴィッド・S・ハンバーガーの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ロマンスに部屋貸します」のボブ・ウェインスタインとハーヴェイ・ウェインスタイン、リチャード・N・グラッドスタイン。撮影は「暗殺者」のヴィルモス・ジグモンド、音楽は「ブルースカイ」のジャック・ニッチェで、ブルース・スプリングスティーンが盟友ペンのために書き下ろした主題歌『MISSING』が胸を打つ。美術のマイケル・ホーラー、編集のジェイ・キャシディは「インディアン・ランナー」に続いての参加。主演は「ウルフ」のジャック・ニコルソンと「インディアン・ランナー」「12モンキーズ」のデイヴィッド・モース。共演は、かつてニコルソンの実生活のパートナーだった「マンハッタン殺人ミステリー」のアンジェリカ・ヒューストン、ペンの元妻で「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロビン・ライト、ロックグループ〈ザ・バンド〉のリーダーだったロビー・ロバートソン、「キャリー」のパイパー・ローリー、日本から単独参加した「キッズ・リターン」の石橋凌ほか。

監督
ショーン・ペン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン デイヴィッド・モース アンジェリカ・ヒューストン ロビン・ライト
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェイ・キャシディ