映画-Movie Walker > 人物を探す > ショーン・ペン

年代別 映画作品( 1982年 ~ 2016年 まで合計43映画作品)

2001年

夜になるまえに

  • 2001年9月22日(土)
  • 出演(Cuco Sanchez 役)

現代ラテン文学を代表する作家レイナルド・アレナスが、死を前につづった同名自伝を映画化。数奇な運命を背負った作家の波乱に満ちた人生を、ドラマティックに描き出す。

監督
ジュリアン・シュナーベル
出演キャスト
ハビエル・バルデム オリヴィエ・マルティネス アンドレア・ディ・ステファノ ジョニー・デップ

ギター弾きの恋

  • 2001年3月17日(土)
  • 出演(Emmet Ray 役)

'30年代を舞台に、天才ジャズ・ギタリストの半生を描く人間ドラマ。不器用なミュージシャンの奔放な生きざまと真実の恋を、ジプシー・ジャズを交えて郷愁たっぷりにつづる。

監督
ウディ・アレン
出演キャスト
ショーン・ペン サマンサ・モートン ユマ・サーマン グレッチェン・モル

キャスティング・ディレクター

  • 2001年3月3日(土)
  • 出演(Eddie 役)

 華やかな映画業界に出入りしながらも、やるせない孤独に襲われる男たち。彼らと周囲の女たちが織りなす激しくもせつない人間模様が、実力派俳優のアンサンブルで展開。

監督
アンソニードレイザン
出演キャスト
ショーン・ペン ケヴィン・スペイシー メグ・ライアン ロビン・ライト・ペン
1999年

シン・レッド・ライン

  • 1999年4月10日(土)
  • 出演(First Sgt. Edward Welsh 役)

太平洋戦争の激戦地であるガダルカナルを舞台に、生死の狭間に生きる米兵たちの人問模様を豊潤なイメージで綴った大作ドラマ。映画化された「地上より永遠に」「走り来る人々」で知られる作家ジェームズ・ジョーンズの同名小説(角川書店刊)の映画化。監督・脚本は『地獄の逃避行』(74、ビデオ廃盤)「天国の日々」(78)のテレンス・マリックで、前2作以降映画界から遠ざかり伝説的な存在となっていた彼の20年ぶりの復帰作として大きな話題となった。なお、同小説は以前にも64年に「大突撃」(アンドリュー・マートン監督)として一度映画化されている。今回が製作はロバート・マイケル・ガイスラー、ジョン・ロバルデュー、グラント・ヒル(「タイタニック」に参加)。製作総指揮はAFI(アメリカン・フィルム・インスティテュート)の創設者でもあるショージ・ステイーヴンス・Jr.。撮影は「シティ・オブ・エンジェル」のジョン・トール。音楽は「ピースメーカー」のハンス・ヅィマー。美術のジャック・フィスク、編集のビリー・ウェバーはマリックの前2作のスタッフ。衣裳はマーゴット・ウィルソン。ミリタリー・アドヴァイザーは「スターシップ・トゥルーパーズ」のマイク・ストーキー。出演は「GIジェーン」のジム・カヴィーゼル、「好きと言えなくて」のベン・チャップリン、「エンジェルズ」のエイドリアン・ブロディ、「ブギーナイツ」のジョン・C・ライリー、「バジル」のジャレッド・レトら新鋭に加えて、「シーズ・ソー・ラヴリー」のショーン・ペン、「ナイトウォッチ」のニック・ノルティ、「ガタカ」のエリアス・コーティアス、「ウェルカム・トゥ・サラエボ」のウディ・ハレルソン、「真夜中のサバナ」のジョン・キューザック、「マルコムX」のジョン・サヴェージ、日本から「枕草子」の光石研、「フェイス/オフ」のジョン・トラヴォルタ、「アウト・オブ・サイト」のジョージ・クルー二ー、紅一点として「女と女と井戸の中」のミランダ・オットーら多彩な顔触れ。第49回ベルリン映画祭金熊賞(グランプリ)、ニューヨーク批評家協会賞監督賞・撮影賞受賞・アカデミー賞各賞にノミネート。

監督
テレンス・マリック
出演キャスト
ショーン・ペン ジム・カヴィーゼル エイドリアン・ブロディ ベン・チャップリン
1998年

Uターン

  • 1998年6月13日(土)
  • 出演(Bobby Cooper 役)

マフィアに追われる男が砂漠の町で奇妙な人間関係に巻き込まれていくサスペンス。監督は「ニクソン」のオリバー・ストーン。製作総指揮・脚本・原案はジョン・リドリー。製作は「ブラックアウト」のクレイトン・タウンゼントと「復讐のハイウェイ」で製作総指揮を務めたダン・ハルステッド。撮影は「カジノ」のロバート・リチャードソン。音楽は「記憶の扉」のエンニオ・モリコーネ。出演は「シーズ・ソー・ラブリー」のショーン・ペン、「アナコンダ」のジェニファー・ロペスほか。

監督
オリヴァー・ストーン
出演キャスト
ショーン・ペン ジェニファー・ロペス スキート・ウーリッチ ニック・ノルティ

シーズ・ソー・ラヴリー

  • 1998年3月21日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー、出演(Eddie 役)

若く無軌道なカップルが、その過激さゆえにいったんは失った愛を、10年を経て再び取り戻すまでを描く濃密なラヴ・ストーリー。「ラヴ・ストリームス」はじめ、米インディペンデント映画界の先駆者だった故ジョン・カサヴェテスが20年前に書き下ろした脚本を、彼の実子で本作が監督第2作となるニック・カサヴェテスが映画化。主演は元々本作の映画化権を取得していた「クロッシング・ガード」(監督)「ゲーム」(出演)のショーン・ペンと、彼の妻のロビン・ライト・ペン(「クロッシング・ガード」)。製作は「ミルドレッド」のルネ・クレイマン。製作総指揮は「ミルドレッド」のベルナール・ブイとジェラール・ドパルデュー、ショーン・ペン、本作の共演者である「フェイス/オフ」のジョン・トラヴォルタの共同。共同製作総指揮は「コップランド」のボブとハーヴェイのワインスタイン兄弟。撮影は「フィフス・エレメント」のティエリー・アルボガスト。音楽はジョゼフ・ヴィタレリがスコアを担当し、音楽監修にアマンダ・シーア・デムがあたった。美術はクエンティン・タランティーノ作品で知られるデイヴィッド・ワスコ。編集は「ミルドレッド」のペトラ・フォン・オールフェン。衣裳は「グッド・ウィル・ハンティング」のベアトリス・アルーナ・バストール。共演は「ストレンジャー」のハリー・デイーン・スタントン、ニックの実母である「ミルドレッド」のジーナ・ローランズ、「スペース・トラッカー」のデビ・メイザーほか。「ロッキー」シリーズのタリア・シャイアとバート・ヤングが特別出演。

監督
ニック・カサヴェテス
出演キャスト
ショーン・ペン ロビン・ライト・ペン ジョン・トラヴォルタ ハリー・ディーン・スタントン

ゲーム

  • 1998年2月7日(土)
  • 出演(Conrad 役)

金持ちの男が軽い気持ちで参加してしまったゲームによって不条理な危機を味わうスリラー。監督は「セブン」のデイヴィッド・フィンチャー。脚本は「ザ・インターネット」のジョン・D・ブランケットとマイケル・フェリス。製作は「ある貴婦人の肖像」のスティーヴ・ゴリン、フィンチャーと組んで数々のミュージック・クリップを製作したシーアン・チャフィン。製作総指揮は「ブレーキ・ダウン」などの監督としても知られるジョナサン・モストウ。撮影は「ヘブンズ・プリズナー」のハリス・サヴィデス。音楽は「すべてをあなたに」のハワード・ショア。美術は「12モンキーズ」のジェフリー・ビークロフト。編集はジム・ヘイグッド。衣裳はマイケル・カプラン。主演は「アメリカン・プレジデント」のマイケル・ダグラス。共演は「デッドマン・ウォーキング」のショーン・ペン、「クラッシュ」のデボラ・カーラ・アンガー、「インデペンデンス・デイ」のジェームズ・レブホーンほか。

監督
デヴィッド・フィンチャー
出演キャスト
マイケル・ダグラス ショーン・ペン デボラ=カーラ・アンガー ジェームズ・レブホーン

ヒューゴ・プール

  • 1998年9月5日(土)
  • 出演(Strange Hitchhiker 役)

不思議な魅力の青年によって愛に飢えた人々が癒されていく様を描いたハートフル・ドラマ。監督は「追跡者」の個性派俳優ロバート・ダウニー・Jr.(本作にも出演)の実父で独自の作風で知られるロバート・ダウニー。脚本はダウニーと彼の妻で難病のALS(ルー・ゲーリッグ病)で36歳の若さで亡くなったローラ・リニーの共同で、本作は彼女に捧げられている。撮影はジョゼフ・モンゴメリー。音楽はダニロ・ペレズ。出演は「アリッサ・ミラノの堕落の園」のアリッサ・ミラノ、「デッドマン・ウォーキング」のショーン・ペン、「Mr.マグー」のマルコム・マクドウェル、「アウトブレイク」のパトリック・デンプシーほか。

監督
ロバー・ダウニー
出演キャスト
アリッサ・ミラノ マルコム・マクダウェル キャシー・モリアーティ パトリック・デンプシー
1996年

デッドマン・ウォーキング

  • 1996年8月3日(土)
  • 出演(Matthew Poncelet 役)

死刑囚とカトリックの修道女の心の交流を綴ったシリアス・ドラマ。実際に何人もの死刑囚に精神アドヴァイザーとして付き添った、シスター・ヘレン・プレイジョーン本人と、彼女の同名著書(邦訳・徳間文庫)に感銘を受けた、「依頼人」の演技派女優スーザン・サランドンがヒロインをつとめ、彼女の伴侶で「ショーシャンクの空に」などの個性派俳優ティム・ロビンスが「ボブ・ロバーツ」についで監督・脚本を手がけ、夫婦共同で映画化。サランドンは通算5度目のノミネートだった本作で、アカデミー主演女優賞をみごと受賞した。対する死刑囚には「カリートの道」のショーン・ペンが扮した。製作はロビンスと、「クロッカーズ」のジョン・キリク、「ナイト・オン・ザ・プラネット」のラッド・シモンズ、エグゼクティヴ・プロデューサーは「ボブ・ロバーツ」「未来は今」のティム・ビーヴァンとエリック・フェルナーのコンビ。撮影は「ショーシャンクの空に」のロジャー・ディーキンス。音楽はロビンスの実弟で、「ボブ・ロバーツ」のデイヴィッド・ロビンスがスコアを担当。主題歌は「フィラデルフィア」でアカデミーとグラミーの両賞を受賞したブルース・スプリングスティーンの書き下ろし、『デッドマン・ウォーキン』。劇中のエディ・ヴェダー&ヌスラット・ファティ・アリ・ハーン(2曲)、ジョニー・キャッシュ(1曲)の挿入曲も印象的。美術は「エド・ウッド」のリチャード・フーヴァー、編集は「リアリティ・バイツ」のリサ・ゼノ・チャージンで、二人は「ボブ・ロバーツ」にも参加。衣裳は「ギルバート・グレイプ」のルネ・アーリック・カルファス。共演は「ミセス・ダウト」のロバート・プロスキー、「クール・ランニング」のレイモンド・J・バリー、「フルメタル・ジャケット」「セブン」のR・リー・アーメイほか。

監督
ティム・ロビンス
出演キャスト
スーザン・サランドン ショーン・ペン ロバート・プロスキー レイモンド・J・バリー

クロッシング・ガード

  • 1996年11月9日(土)
  • 監督、製作、脚本

交通事故で愛する娘を失った男と、その罪で6年間服役した男が、それぞれ憎悪と罪悪感を抱えたまま対峙し、魂の決着をつけるまでの3日間を、サスペンスフルに描いた人間ドラマ。監督・脚本は「デッドマン・ウォーキング」の俳優ショーン・ペンで、「インディアン・ランナー」に続く監督第2作。タイトルは交差点で人々を誘導する係のことで、人が生きていく道のりでは進むべき道は誰も教えてくれず答えを出すのは本人だ、というところからきている。製作は、ペンと「インディアン・ランナー」のライン・プロデューサーだったデイヴィッド・S・ハンバーガーの共同。エグゼクティヴ・プロデューサーは「ロマンスに部屋貸します」のボブ・ウェインスタインとハーヴェイ・ウェインスタイン、リチャード・N・グラッドスタイン。撮影は「暗殺者」のヴィルモス・ジグモンド、音楽は「ブルースカイ」のジャック・ニッチェで、ブルース・スプリングスティーンが盟友ペンのために書き下ろした主題歌『MISSING』が胸を打つ。美術のマイケル・ホーラー、編集のジェイ・キャシディは「インディアン・ランナー」に続いての参加。主演は「ウルフ」のジャック・ニコルソンと「インディアン・ランナー」「12モンキーズ」のデイヴィッド・モース。共演は、かつてニコルソンの実生活のパートナーだった「マンハッタン殺人ミステリー」のアンジェリカ・ヒューストン、ペンの元妻で「フォレスト・ガンプ 一期一会」のロビン・ライト、ロックグループ〈ザ・バンド〉のリーダーだったロビー・ロバートソン、「キャリー」のパイパー・ローリー、日本から単独参加した「キッズ・リターン」の石橋凌ほか。

監督
ショーン・ペン
出演キャスト
ジャック・ニコルソン デヴィッド・モース アンジェリカ・ヒューストン ロビン・ライト

関連ニュース

ベン・スティラー演じる“平凡な男”に全米の興行主が共感!
ベン・スティラーが妄想好きの平凡男に!全米で絶賛の『LIFE!』が2014年3月公開 2013年9月21日 11:32

俳優のベン・スティラーが製作・監督・主演を務める『The Secret Life of Walter Mitty(原題)』の邦題が『LIFE!』に決定、2014年3月に日本公開される。ごく平凡な人生を送る夢見がちな主人公…

『ゴッドファーザー』好きな鑑賞者からは特に高得点が付けられた
高評価!『L.A.ギャング ストーリー』伝説のギャングと警察との死闘に鑑賞者も満足 2013年5月2日 11:00

1940年代のロサンゼルスに実在した伝説のギャング王ミッキー・コーエンと、警官でありながら、その素性を隠してギャング組織に戦争を仕掛ける密命を受けた男たちの死闘を描いたクライムアクション『L.A.ギャング ストーリー』(…

大物ギャングを演じるのは大物俳優でなくてはならない、とルーベン・フライシャー監督が語る
ショーン・ペンが伝説の大物ギャングに!『L.A.ギャング ストーリー』特別映像が到着 2013年4月20日 11:47

警察や政治家をも意のままに操り、ロサンゼルスの全てを支配していた伝説の大物ギャング、ミッキー・コーエンと、警官でありながら、その素性を隠しギャング組織に戦争を仕掛けるという密命を受けた男たちとの死闘を描いたクライムアクシ…

誰だって、誰かに愛されたいだろう
ショーン・ペンが衝撃発言!「離婚した妻との間に愛はなかった」 2012年12月16日 12:08

ショーン・ペンが、マドンナと離婚後(1985年に結婚、1989年に離婚)、1996年に結婚して2010年に離婚したロビン・ライトとの結婚生活について、「愛はなかった」と衝撃発言をしている。「誰だって、誰かに愛されたいだろ…

コンサートで大興奮
ショーン・ペン、元妻マドンナに大興奮も復縁はなし? 2012年10月29日 14:35

ショーン・ペンが、現地時間10月11日にロサンゼルスのステイプルズ・センターで行われた元妻マドンナのコンサートで、最前列のど真ん中を陣取り、大興奮していたことが大きな話題となったが、残念ながら復縁の可能性はなさそうだ。1…

ショーン・ペン演じるシャイアンのコアなファン、メアリーを演じるイヴ・ヒューソン
ゴス娘になったU2・ボノの愛娘イヴ・ヒューソン、女優としての素質は? 2012年7月5日 18:43

二度のアカデミー賞男優賞に輝いた名優ショーン・ペンが化粧を施し、一線を退いたビジュアル系ロッカーの姿を哀感たっぷりに演じ、2011年の第63回カンヌ国際映画祭でエキュメリック賞を受賞した話題作『きっと ここが帰る場所』(…

初めてショーン・ペンとの交際を語る
スカーレット・ヨハンソン、初めてショーン・ペンとの交際を語る 2012年4月14日 12:10

スカーレット・ヨハンソンが米国版ヴォーグ誌のインタビューで、初めてショーン・ペンとの関係について語っている。2010年12月にライアン・レイノルズと離婚した後、24歳年上のショーン・ペンの熱愛報道がマスコミを賑わせたが、…

スカーレット・ヨハンソンが英国のロックバンドギタリストと交際
スカーレット・ヨハンソン、新恋人は英国人ロックミュージシャン? 2011年12月19日 10:53

スカーレット・ヨハンソンが、英国の新進ロックバンド、トライブスのギタリストのダン・ホワイトと交際していると英サンデー・ミラー紙が伝えている。「彼らは最近、ロンドンで知り合った。スカーレットは英国で新作『Under The…

スカーレット・ヨハンソンがブレイク・ライヴリーにご立腹?
スカーレット・ヨハンソンがブレイク・ライヴリーにご立腹のその理由は? 2011年12月4日 16:02

スカーレット・ヨハンソンがブレイク・ライヴリーにご立腹の理由は、若手ホープのブレイクにキャリアを脅かされる可能性があるからではなく、元夫にあるようだ。約2年前にライアン・レイノルズと離婚した際、三行半を突きつけたのはスカ…

マドンナがマンションの住人と遂に和解成立
マドンナ、ニューヨークの元ご近所さんと和解 2011年12月3日 17:24

マドンナが20年以上前に購入したニューヨーク、マンハッタンのアッパーウエストサイドのマンションの住人から訴訟されていた件で、遂に和解が成立したようだ。64丁目にあるマンションは、マドンナがショーン・ペンと結婚した際に購入…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ショーン・ペン