映画-Movie Walker > 人物を探す > バイロン・ハスキン

年代別 映画作品( 1922年 ~ 1964年 まで合計34映画作品)

1964年

火星着陸第1号

  • 1964年12月18日(金)公開
  • 監督

「ロビンソン・クルーソー」にもとづきイブ・J・メルヒオールのS・Fをジョン・C・ヒギンズが脚色、「宇宙戦争」のバイロン・ハスキンが演出した空想科学ドラマ。撮影は「静かなる男」のウィントン・C・ホック、特殊撮影はローレンス・バトラー、音楽はバン・クリーブが担当した。出演はTVのポール・マンティー、ヴィク・ランディン、アダム・ウェストなど。製作はオーブリー・シェンク。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
Commander Christopher Draper ポール・マンティー ヴィク・ランディン アダム・ウェスト

シルバー・シティ

  • 1964年12月18日(金)公開
  • 監督

フランク・グルーバーのシナリオを「火星着陸第1号」のバイロン・ハスキンが演出した西部劇。撮影は「血と砂(1941)」のレイ・レナハン、音楽はポール・ソーテルが担当した。出演「リオ・コンチョス」のエドモンド・オブライエン、「マクリントック」のイヴォンヌ・デ・カーロ、バリー・フィッツジェラルド、リチャード・アーレン、グラディス・ジョージほか。製作はナット・ホルト。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
イヴォンヌ・デ・カーロ エドモンド・オブライエン バリー・フィッツジェラルド リチャード・アーレン
1963年

キャプテン・シンドバッド

  • 1963年12月24日(火)公開
  • 監督

アラビアンナイトに取材し、サミュエル・B・ウェストとハリー ・リリスが共同で脚本を書き、「機甲兵団」のバイロン・ハスキンが演出したアクションドラマ。「怪獣ゴルゴ」のトム・ハワードの特撮、撮影監督はグンター・ゼンフトレーベン、音楽は「妖姫クレオパトラ」のミシェル・ミシュレ、出演者はTV「快傑ゾロ」のガイ・ウィリアムス、「教室を出たら大人」のハイディ・ブルール、「逃亡者(1947)」のペドロ・アルメンダリス、「ボワニー分岐点」のエイブラハム・ソフィア、「四時の悪魔」のバーニー・ハミルトンら。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
ガイ・ウィリアムス ハイディ・ブルール ペドロ・アルメンダリス エイブラハム・ソフィア
1961年

機甲兵団

  • 1961年当年公開
  • 監督

第二次大戦中のフランス戦線におけるアメリカ機甲部隊の活躍を描いた戦争映画。製作・脚本をロン・W・アルコーンが担当。監督に当ったのはバイロン・ハスキン。撮影をアーネスト・ホーラー、音楽をバート・グルンドがそれぞれ受けもっている。出演するのは「聖なる漁夫」のハワード・キール、「真昼の欲情」のティナ・ルイスの他、ワーナー・アンダーソン、アール・ホリマンなど。製作はロン・W・アルコーン。アメリカ国防省と陸軍が製作に協力している。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
ハワード・キール ティナ・ルイス ワーナー・アンダーソン アール・ホリマン
1956年

最初のテキサス人

  • 1956年11月27日(火)公開
  • 監督

テキサスがメキシコの支配を脱し、アメリカ合衆国に加わった当時を舞台とした西部劇。史実に基づきダニエル・B・ウルマンが書き下ろしたストーリーと脚本から「海賊島」のバイロン・ハスキンが監督。撮影はウィルフリッド・M・クライン、作曲はロイ・ウェップ、主題歌作詞はマッケルバート・ムーブの担当。出演は「幌馬車隊」以来久しぶりのジョエル・マクリー、「去り行く男」のフェリア・ファー、「宇宙水爆戦」のジェフ・モローなど。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
ジョエル・マクリー フェリシア・ファー ジェフ・モロー ウォーレス・フォード
1955年

白人酋長

  • 1955年8月13日(土)公開
  • 監督

「ヴェラクルス」のバート・ランカスターが主演し、ハロルド・ヘクトが製作した1953年作色彩海洋活劇で、ローレンス・クリングマンとジェラルド・グリーン合作の小説から「星のない男」のボーデン・チェイスと「ヴェラクルス」(製作)のジェームズ・ヒルが共同で脚色、「宇宙征服」のバイロン・ハスキンが監督に当たった。テクニカラー撮影は「汽車を見送る男」のオットー・ヘラー、音楽は「荒野の貴婦人」のディミトリ・ティオムキンである。ランカスター以下、「ロビン・フッド(1952)」のジョーン・ライス、「旅情」のアンドレ・モレル、「巨象の道」のエイブラハム・ソフィア、アーチー・サヴェッジ、ベンソン・フォンらが出演。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
バート・ランカスター ジョーン・ライス アンドレ・モレル エイブラハム・ソフィア

宇宙征服

  • 1955年7月22日(金)公開
  • 監督

「魔術の恋」のジョージ・パルが1955年に製作した空想科学映画 。チェズリー・ボーンステルとウィリー・リーの原作より「折れた槍」のフィリップ・ヨーダン、「宇宙戦争」のバリー・リンドン、「船乗りシンドバッド」のジョージ・ワーシング・イエーツが脚色、ジェームズ・オハンロンが脚本化したものを「ターザンの危機」のバイロン・ハスキンが監督した。テクニカラー色彩の撮影は「楽しき我が家」のライオネル・リンドン、音楽はヴァン・クリーヴである。出演者はいずれも無名の新人たちで、ウォルター・ブルック、エリック・フレミング、ミッキー・ショーネシー、フィル・フォスターなど。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
ウォルター・ブルック エリック・フレミング ミッキー・ショーネシー フィル・フォスター
1954年

海賊島(1954)

  • 1954年当年公開
  • 監督

英の文豪ロバート・ルイス・スティーヴンスンの『宝島』から人物を借用し、新たに書き卸された『宝島』後日談。「遠い太鼓」のマーティン・ラッキンのオリジナル・シナリオから「白人酋長」のバイロン・ハスキンが監督した。撮影は「ジョニー・ダーク」のカール・ガスリー、音楽は「夜の人々」のデイヴィッド・バトルフ。撮影はオーストラリア南海岸のロケーションを加えてシドニーのペイジウッド撮影所で行なわれた。主な出演者は「島のならず者」のロバート・ニュートン、「魔術の恋」のコニー・ギルクライスト、「白人酋長」のロイド・バーレルとグラント・テイラーの他、主人公ジム・ホーキンス少年にテイラーの息子で十三歳のキット・テイラーなど。オーストラリアの演劇人が多数助演している。「これがシネラマだ」のジョゼフ・カウフマン製作。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
ロバート・ニュートン コニー・ギルクライスト キット・テイラー ロイド・バーレル

ターザンと密林の女王

  • 1954年11月20日(土)公開
  • 監督

「ターザンの憤激」のソル・レッサーが製作したターザン映画1951年作品。サミュエル・ニューマンとフランシス・スワンの脚本から「黒い絨毯」のバイロン・ハスキンが監督、「ライムライト」のカール・ストラッスが撮影、ミシェル・ミシュレが音楽を担当した。出演者は「ターザンの憤激」のレックス・バーカー、「突然の恐怖」のヴァージニア・ヒューストン、ジョージ・マクレディ、ダグラス・フォーリーら。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
レックス・バーカー ヴァージニア・ヒューストン ジョージ・マクレディ ダグラス・フォーリー

黒い絨毯

  • 1954年7月13日(火)公開
  • 監督

「魔術の恋」のジョージ・バルが1954年に製作した開拓者と蟻の大群との闘いを描く映画である。カール・スティーブンスンの小説『レニンジェンと蟻』を「南部に轟く太鼓」のフィリップ・ヨーダンと「破局」のラナルド・マクドーガルが脚色、「宇宙戦争」のバイロン・ハスキンが監督した。撮影は「月蒼くして」のアーネスト・ラズロ、音楽ダニエル・アンフィシアトロフ。主演者は「ブラボー砦の脱出」のエレノア・パーカーと「ミズーリ大平原」のチャールトン・ヘストンで、以下エイブラハム・ソフィア(「巨象の道」)、ウィリアム・コンラッド、ロモ・ヴィンセント、ジョン・ディアークスらが助演する。テクニカラー色彩。

監督
バイロン・ハスキン
出演キャスト
エレノア・パーカー チャールトン・ヘストン エイブラハム・ソフィア ウィリアム・コンラッド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > バイロン・ハスキン