映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェラール・ジュニョー

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2009年 まで合計7映画作品)

2009年

幸せはシャンソニア劇場から

  • 2009年9月5日(土)公開
  • 出演(ピゴワル 役)

1936年のパリを舞台に、不況で閉館した劇場を再建させようとする人々の姿を描いた人間ドラマ。主人公を演じるのは「バティニョールおじさん」の名優ジェラール・ジュニョ。

監督
クリストフ・バラティエ
出演キャスト
ジェラール・ジュニョ クロヴィス・コルニアック カド・メラッド ノラ・アルネゼデール
2005年

コーラス

  • 2005年4月9日(土)公開
  • 出演(クレマン・マチュー(音楽教師) 役)

フランスで大ヒットした感動作。心豊かな音楽教師と、“歌”で生きる喜びを得ていく少年たちの絆をいきいきと描き出す。製作は「WATARIDORI」のジャック・ペラン。

監督
クリストフ・バラティエ
出演キャスト
ジェラール・ジュニョー フランソワ・ベルレアン ジャン=バティスト・モニエ ジャック・ペラン
2003年

ザ・レース

  • 2003年9月27日(土)公開
  • 出演(Carlito 役)

大自然を相手に繰り広げられるスポーツ・アドベンチャーレースをスリリングに描いたフレンチ・アクション。監督は本作が2本目の長編作にあたるジャメル・ベンサラ。製作は「レオン」「フィフス・エレメント」などのパトリス・ルドゥー。美術は「クリムゾン・リバー」のティエリー・フラマンが担当している。主演は「青い夢の女」のエレー・ドゥ・フロージュ。

監督
ジャメル・ベンサラ
出演キャスト
エレーヌ・ド・フジュロル ロシュディ・ゼム ジュリアン・クルベイ ロラン・ドイチェ

バティニョールおじさん

  • 2003年1月11日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、出演(Edmond Batignole 役)

うだつの上がらない中年男と、家族を失ったユダヤ人少年の交流をつづる感動作。ナチスに制圧された戦時下のパリの人間模様を、辛辣かつユーモラスなタッチで描き出す。

監督
ジェラール・ジュニョー
出演キャスト
ジェラール・ジュニョー ジュール・シトリュック ミシェル・ガルシア ジャン・ポール・ルーヴ
1996年

レ・ブロンゼ 日焼けした連中

  • 1996年11月3日(日)公開
  • 出演

浜辺のリゾート地を舞台に、そこを訪れた人々が繰り広げる恋愛模様を描いた群像コメディー。パトリス・ルコントの監督第2作で、フランスの喜劇演劇集団“スプランディッド”のヒット舞台『愛・貝・甲羅』の映画化。以前から彼と親交を温めていたメンバーのたっての希望で、まだ新人監督だったルコントが抜擢され、フランス全土で55万人を動員する大ヒットとなった。製作は「エマニエル夫人」のイブ・ルセ=ルアール、撮影は「タンゴ」などルコントの名コンビのジャン=フランソワ・ロバン、音楽はミシェル・ベルノルクがスコアを書き、主題歌はセルジュ・ゲンズブールの『海、セックスそして太陽』。出演は「彼女の彼は、彼女」のジョジアーヌ・バラスコ、「大喝采」などルコント作品の常連のミシェル・ブラン、「パリの天使たち」のジェラール・ジュニョーほか。翌年、姉妹編「レ・ブロンゼ/スキーへ行く」が製作された。日本公開時は「人生模様」の邦題。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
ジョジアーヌ・バラスコ ミシェル・ブラン マリ・アンヌ・シャゼル クリスチャン・クラヴィエ
1995年

パリの天使たち

  • 1995年8月12日(土)公開
  • 監督、脚本、出演(Berthier 役)

職を失い、妻に見捨てられた男とホームレスたちの生活を通して、男が再び妻のもとへ帰っていくまでを描くペーソスあふれるコメディ。監督はフランス映画界で俳優としても活躍しているジェラール・ジュニョー。製作はジャン・クロード・フリューリー、エグゼクティヴ・プロデューサーは「フランスの友だち」のアラン・ドパルデュー、脚本はジェラール・ジュニョーとフィリップ・ロペス・キュルヴァル、撮影は『二人の女ブランシュとマリー』(V)のジェラール・デ・バティスタ、音楽は「ブロードキャスト・ニュース」のフランシス・カブレル、編集はカトリーヌ・ケルベル、録音はフィリップ・リオレ、美術はジュフロワ・ラルシェル、衣装はマルティーヌ・ラパン、出演はジェラール・ジュニョー、「伴奏者」のリシャール・ボーランジェ、「ハイヒール」のビクトリア・アブリル、「髪結いの亭主」のティッキー・オルガド、「デリカテッセン」のチック・オルテガ、「3人の逃亡者」のローラン・ブランシュ、「さよならモンペール」のシャルロット・ド・テュルケーム、「ゴールド・パピヨン」のザブーほか。

監督
ジェラール・ジュニョー
出演キャスト
ジェラール・ジュニョー リシャール・ボーランジェ ビクトリア・アブリル ティッキー・オルガド
1993年

タンデム

  • 1993年12月25日(土)公開
  • 出演(Rivetot 役)

初老の芸人と彼の身の回りの世話をする気のいい男との道中記を、ユーモアとペーソスたっぷりにつづった作品。監督・脚本は「タンゴ」のパトリス・ルコント。製作はフィリップ・カルカソンヌとルネ・クレトマン。共同脚本は「仕立て屋の恋」など一連のルコント作品に欠かせぬパトリック・ドヴォルフ。撮影は「パリ・セヴェイユ」のドニ・ルノワール。音楽は「さよならモンペール」のフランソワ・ベルネームで、主題歌はリカルド・コチャンテの「僕の隠れ家」。主演は「髪結いの亭主」のジャン・ロシュフォール、「シェーラザード」(V)のジェラール・ジュニョー。「髪結いの亭主」のアンヌ・マリー・ピザーニ、「タンゴ」のエリック・ベランジェ、同作のフランソワーズ・ボーなどのルコント組が脇を固めている。

監督
パトリス・ルコント
出演キャスト
ジェラール・ジュニョー ジャン・ロシュフォール アンヌ・マリー・ピザーニ エリック・ベランジェ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジェラール・ジュニョー