映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・ターナー

年代別 映画作品( 1933年 ~ 2010年 まで合計14映画作品)

2010年

やさしい嘘と贈り物

  • 2010年3月27日(土)
  • 製作総指揮

ひとりで寂しい日々を過ごす老紳士が、ある老婦人との出会いで、自分の過去に気付いていく姿を描く感動的なドラマ。名優2人が共演し、優しく美しい家族の物語を映し出す。

監督
ニコラス・ファクラー
出演キャスト
マーティン・ランドー エレン・バースティン アダム・スコット エリザベス・バンクス
1960年

マラソンの戦い

  • 1960年
  • 監督

イタリアで撮影されたスペクタクル史劇。「裸のマヤ」のティタヌス・プロと「ヘラクレス」のガラティア・プロがルックス・フィルムとともにM・G・Mのため共同で製作した。監督は「法律なき町」などのジャック・ターナー。脚本は「カルタゴ」のエンニオ・デ・コンチーニ、製作者のブルーノ・バイラーティ、オーガスト・フラッシネッティの3人の共同。撮影は「ヘラクレスの逆襲」のマリオ・バーバ。音楽は「壮烈鬼部隊」のロベルト・ニコロージ。出演は「蛮族の恐怖」のスティーヴ・リーヴス、「上と下」のミレーヌ・ドモンジョのほか、ダニエラ・ロッカら。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
スティーヴ・リーヴス ミレーヌ・ドモンジョ ダニエラ・ロッカ イヴォ・ガラーニ
1959年

モホーク討伐隊

  • 1959年5月16日(土)
  • 監督

「地獄の道連れ」のジャック・ターナー監督が、ケネス・ロバーツの開拓歴史小説にもとづいて作った西部劇である。脚色は「アリゾナの襲撃」のジェラルド・ドレイソン・アダムスがあたり、撮影は「ソロモン王の宝庫」のハロルド・E・ウェルマンとウィリアム・W・スペンサーが担当している。音楽ラオール・クロウシャー。アーサー・シュワルツ作曲、ハワード・ダイエツ作詞の主題歌Make Way for the Rongersが挿入されている。出演するのは「法律なき町」のキース・ラーセン、「攻撃」のバディー・エブセン、ドン・バーネット、リサ・ゲイ、フィリップ・トーン等。製作エイドリアン・サミュシュ。メトロカラー・スタンダードサイズ。1958年作品。なおこの作品はテレビ上映用として撮影された3本のフィルムをカラープリントしたものである。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
キース・ラーセン バディー・エブセン ドン・バーネット リサ・ゲイ

熱砂の風雲児

  • 1959年2月25日(水)
  • 監督

第二次大戦中の仏領スーダンを背景とする冒険物語で、監督は「地獄の道連れ」のジャック・ターナー。脚本はアンソニー・ヴェイラー。撮影は「アリババの復讐」のモーリー・ガーツマン。出演するのは「熱砂の舞」のヴィクター・マチュア、「十戒(1957)」のイヴォンヌ・デ・カーロ、ジョージ・ドレンツ、ジョン・デナー等。製作エドワード・スモール。黒白・スタンダードサイズ。1958年作品。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
ヴィクター・マチュア イヴォンヌ・デ・カーロ ジョージ・ドレンツ ジョン・デナー
1957年

法律なき町

  • 1957年2月2日(土)
  • 監督

西部に名高い保安官ワイアット・アープを主人公にした西部劇。ストーリイと脚色は「最初のテキサス人」のダニエル・B・ウルマン、監督は「女海賊アン」のジャック・ターナーが担当している。撮影はハロルド・リップステイン、音楽は「敵中突破せよ!」のハンス・J・サルター。ネッド・ワシントン作詞による主題歌“ウィチタ”をウェスタン歌手のテックス・リッターが歌っている。出演者は「最初のテキサス人」のジョエル・マクリー、「捜索者」のヴェラ・マイルズ、「ブラボー砦の脱出」のロイド・ブリッジス、「シェーン」のエドガー・ブキャナン、「敵中突破せよ!」のピーター・グレイヴス、「最初のテキサス人」のウォーレス・フォードなど。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
ジョエル・マクリー ヴェラ・マイルズ ロイド・ブリッジス ウォーレス・フォード

硝煙

  • 1957年3月3日(日)
  • 監督

ロバート・ハーディ・アンドリュースの原作小説を「銀の盃」のレッサー・サミュエルズが脚色、「法律なき町」のジャック・ターナーが監督した西部劇異色篇。撮影は「征服者(1955)」のウィリアム・スナイダー、音楽は「死の脱獄者」のリース・スティーヴンス。主な出演者は「脱獄囚」のルース・ローマン、「誇り高き男」のヴァージニア・メイヨ、「風と共に散る」のロバート・スタック、「戦略空軍命令」のアレックス・ニコル、「裏窓」のレイモンド・バー、「征服者(1955)」のレオ・ゴードンなど。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
ヴァージニア・メイヨ ロバート・スタック ルース・ローマン アレックス・ニコル
1958年

地獄の道連れ

  • 1958年10月19日(日)
  • 監督

中南米のホンジュラスに1904年に起こった革命を背景に、軍資金を革命軍にとどける一米人の冒険を描くアクション・ドラマ。監督は「硝煙」のジャック・ターナー。マリオ・シルヴェイアとジャック・コーンオールの物語をカレン・デ・ウォルフがシナリオ化している。撮影監督は「テーブル・ロックの決闘」のジョセフ・ビロック。音楽はルイス。フォーブス。近頃多くの主演作品が封切られる「偽将軍」のグレン・フォード、「春来りなば(1956)」のアン・シェリダン、「反逆者の群」のザカリー・スコットが顔を合わせて主演し、「小さな無法者」のロドルフォ・アコスタ等が助演する。製作はベネディクト・ボジャース。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
グレン・フォード アン・シェリダン ザカリー・スコット ロドルフォ・アコスタ
1952年

女海賊アン

  • 1952年8月14日(木)
  • 監督

ジョージ・ジェッセルが製作し、「インディアン渓谷」のジャック・ターナーが監督したテクニカラー海洋活劇1951年作品。ハーバート・ラヴェネル・サスのストーリーに基づいて、「永遠のアンバー」のフィリップ・ダンとアーサー・カイザーが脚色した。撮影はハリー・ジャクソン、音楽はフランツ・ワックスマン(「青いヴェール」)の担当。主演は「春の珍事」のジーン・ピタース、それに「南海の劫火(1951)」のルイ・ジュールダンとデブラ・パジェットで、ハーバート・マーシャル(「白昼の決闘」)、トマス・ゴメス(「印度の放浪児」)、ジェームズ・ロバートスン。ジャスティス、フランシス・ピアロットらが助演する。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
ジーン・ピータース ルイ・ジュールダン デブラ・パジェット ハーバート・マーシャル

快傑ダルド

  • 1952年1月4日(金)
  • 監督

「欲望の砂漠」などに出演したバート・ランカスターが独立して設立したノーマ・F・R・プロの第1回作品(1950年)で、自ら主演している。製作はハロルド・ヘクトとフランク・ロスで、監督は「インディアン渓谷」のジャック・ターナー、脚本は「荒原の女」のウォルド・ソルト、撮影は「大雷雨」のアーネスト・ホーラー、音楽はマクス・スタイナーの担当。ランカスターをめぐる出演者は「ヒット・パレード」のヴァージニア・メイヨ、フランク・アレンビー、ニック・クラヴァット、ロバート・ダグラス、アライン・ホフマンら。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
バート・ランカスター ヴァージニア・メイヨ ロバート・ダグラス アリーン・マクマホン
1951年

ベルリン特急

  • 1951年4月17日(火)
  • 監督

ドア・シアリー(「戦場」)の指揮により、カート・シオドマクの原案をハロルド・メドフォードが脚色し、「恐ろしき結婚」のジャック・ターナー(トールヌール)が監督した1948年度映画で、製作はバート・グラネット。「謎の下宿人」のルシアン・バラットが撮影、「追求」のフレデリック・ホランダーが音楽を担当している。「嵐ケ丘」のマール・オベロン、「罠(1949)」のロバート・ライアン、「誤解」のチャールズ・コーヴィン、「ラインの監視」のポール・ルーカスが共演する。

監督
ジャック・ターナー
出演キャスト
マール・オベロン ロバート・ライアン チャールズ・コービン ポール・ルーカス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

AI崩壊
AI崩壊

大沢たかお主演、AIが国民の生活を支える2030年の日本を舞台にしたサスペンス

前田建設ファンタジー営業部
前田建設ファンタジー営業部

空想世界の建造物の建設を正確に検証するという実在企業によるウェブ連載を基に映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ジャック・ターナー