映画-Movie Walker > 人物を探す > ドロタ・ロクエプロ

年代別 映画作品( 1993年 ~ 2019年 まで合計5映画作品)

2017年

ゴッホ~最期の手紙~

  • 2017年11月3日(金)
  • 衣裳デザイン

アヌシー国際アニメーション映画祭観客賞を受賞したサスペンス。ゴッホの絵画をモチーフに俳優が演じた映像を油絵で描き、全編動く油絵で構成された長編アニメーション。郵便配達人ルーランの息子アルマンは、自殺したゴッホが弟テオに宛てた手紙を託される。出演は、「ジュピター」のダグラス・ブース、「ヒューゴの不思議な発明」のヘレン・マクロリー、「ブルックリン」のシアーシャ・ローナン、「ホビット」シリーズのエイダン・ターナー。

監督
ドロタ・コビエラ ヒュー・ウェルチマン
出演キャスト
ダグラス・ブース ロベルト・グラチーク エレノア・トムリンソン ジェローム・フリン
2019年

メモリーズ・オブ・サマー

  • 2019年6月1日(土)
  • 衣裳デザイン

1970年代のポーランドを舞台に、夏休みを過ごす12歳の少年の姿を通して、思春期特有の心の揺れ動きを描き出す。父が外国に出稼ぎ中の少年ピョトレックは、母と2人で仲良く夏休みを過ごしていた。だが、母が毎晩のように家を空けるようになり……。監督はポーランド映画界期待の新星アダム・グジンスキ。日本初紹介となる本作が長編第2作に当たる。出演は、本作が俳優デビューとなるマックス・ヤスチシェンプスキ。

監督
アダム・グジンスキ
出演キャスト
マックス・ヤスチシェンプスキ ウルシュラ・グラボフスカ ロベルト・ヴィエツキーヴィッチ
2011年

ブリューゲルの動く絵

  • 2011年12月17日(土)
  • 衣裳デザイン

16世紀フランドル絵画の巨匠ブリューゲルの傑作「十字架を担うキリスト」をポーランドの鬼才レフ・マイェフスキ監督が再現。絵の中の人々の日常生活をなぞりながら、やがて名画に秘められた意味もが解き明かされてゆく。出演は「ザ・ライト エクソシストの真実」のルトガー・ハウアー、「わたしを離さないで」のシャーロット・ランプリング。

監督
レヒ・マジュースキー
出演キャスト
ルトガー・ハウアー シャーロット・ランプリング マイケル・ヨーク
2006年

ニキフォル 知られざる天才画家の肖像

  • 2006年11月3日(金)
  • 衣装

ポーランド人画家ニキフォルの晩年の描いた感動の実話。今年86歳になるポーランドの大女優クリスティーナ・フェルドマンが、男性であるニキフォルの晩年の姿を熱演する。

監督
クシシュトフ・クラウゼ
出演キャスト
クリスティーナ・フェルドマン ロマン・ガナルチック ルチアナ・マレク イエジ・グデイコ
1993年

巨人と青年

  • 1993年10月9日(土)
  • 衣装デザイン

老天才作曲家と若い音楽学生の不思議な交流を描く人間ドラマ。監督は「悲愴」のクシシュトフ・ザヌーシ。製作はマーク・フォーステイター。ザヌーシとエドヴァルト・ジェブロフスキの原案をもとに、ピーター・モーガンとマーク・ウォドロウが脚本を執筆。撮影はヤロスラフ・ジャモイダ。音楽は「ドラキュラ」のヴォイチェフ・キラールが担当。主演は「ペレ」のマックス・フォン・シドー、「モントリオールのジーザス」のロテール・ブリュトー。他に「戦場の小さな天使たち」のサラ・マイルズ、「黄金の肉体 ゴーギャンの夢」のソフィー・グロベルらが共演。

監督
クシシュトフ・ザヌーシ
出演キャスト
マックス・フォン・シドー ロテール・ブリュトー サラ・マイルズ ソフィー・グロベル
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密
ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密

ダニエル・クレイグ演じる名探偵がある密室殺人事件の謎を解明し真相に迫るミステリー

AI崩壊
AI崩壊

大沢たかお主演、AIが国民の生活を支える2030年の日本を舞台にしたサスペンス

前田建設ファンタジー営業部
前田建設ファンタジー営業部

空想世界の建造物の建設を正確に検証するという実在企業によるウェブ連載を基に映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ドロタ・ロクエプロ