映画-Movie Walker > 人物を探す > アイリーン・パーシー

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1932年 まで合計21映画作品)

1932年

活動屋往来

  • 1932年
  • 出演(Magazine_Writer 役)

「象狩り二人行脚」「流行スコッチ縞」と同様ジョージ・シドニー、チャーリー・マレーの共演喜劇。ハワード・J・グリーンの脚本によって「無冠の帝王」「キスメット(1930)」のジョン・フランシス・ディロンが監督し、「東は西」「猫は這い寄る」のジェリー・ブッシュが撮影したもので、助演者は「女学生の日記」のノーマン・フォスター、「尖端脚化粧」のジューン・クライド、エマ・ダン、エスター・ハワード、アイリン・パーシー等々。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ジョージ・シドニー チャーリー・マレイ ジューン・クライド ノーマン・フォスター
1931年

鉄窓の女

  • 1931年
  • 出演(Stella 役)

アデラ・ロジャース・セント・ジョンの組み立てたものからケニオン・ニコルソン、キャスリン・スコラが協力して撮影台本にまとめ上げ、「陽気な後家さん」「戦争」のアラン・ドワンが監督し、「ダイナマイト(1929)」のペヴァレル・マーレーが撮影した映画で主なる出演者は「街の令嬢」のエリッサ・ランディ、「間諜X27」「各国の女」のヴィクター・マクラグレン、「悪魔が跳び出す」のセオドア・フォン・エルツ、「陽炎の春」のユーナ・マイケル、オスカー・アッフェル、舞台出のアラン・ダインハート、アイリーン・リッチ、アイリーン・パーシー、メイ・ブッシュ、アリス・レイク等々である。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
エリッサ・ランディ ヴィクター・マクラグレン セオドア・フォン・エルツ ウナ・マーケル
1928年

世界に告ぐ

  • 1928年
  • 出演(Mazie 役)

「青春の喜び」「誉れの一蹴」と同じくサム・ウッド氏の監督作品である。デール・ヴァン・エヴリー氏が書卸したオリジナル・ストーリーを「オペラの怪人」の脚色者レイモンド・エル・ジュロック氏が脚色したものである。主役は「滑れケリー」「故郷の土」主演のウィリアム・ヘインズ氏が務め、映画初主演のアニタ・ペイジ嬢が相手役を演ずるほか、「密輸入者の恋」のアイリーン・パーシー嬢、「結婚行進曲」のマシュー・ベッツ氏、バート・ローチ氏、フランク・カリアー氏、ポリー・モーラン嬢、ウィリアム・V・モング氏、等主演。

監督
サム・ウッド
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ アニタ・ペイジ アイリーン・パーシー フランク・カリアー
1927年

密輸入の恋

  • 1927年
  • 出演(Maizie 役)

「ビッグ・パレード」「剣侠時代」等出演のジョン・ギルバート死の主演する映画で、ウィリアム・アンソニー・マクガイア氏の舞台劇に基づき、A・P・ヤンガー氏が脚色の筆を執り、「大学のブラウン」等と同じくジャック・コンウェイ氏が監督した。「キートンの船長(キートンの蒸気船)」「人罠」等出演のアーネスト・トーレンス氏、「踊る英雄」等出演のジョーン・クローフォード嬢等が相手役を演ずる外、アイリーン・パーシー嬢、ポーレット・デュヴァル嬢、ドロシー・セバスチャン嬢、グウェン・リー嬢、エドワード・アール氏等の腕利きが助演する。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ジョン・ギルバート アーネスト・トーレンス ジョーン・クロフォード アイリーン・パーシー
1924年

愛欲の渦

  • 1924年
  • 出演(Sybil_Sheridan 役)

「危険なる処女時代」「情夫奮起せば」等と同じくブース・ターキントン氏の原作になり、エドワード・T・ロウ氏が脚色し、「危険なる処女時代」「女性の輝き」等と同じくホバート・ヘンリー氏が監督した。主役は「メアリー・ゴー・ラウンド」のジョージ・ハッカーソン氏、「売られて行く魂」のエリナ・ボードマン嬢。「アダムス・リブ」のボーリン・ギャロン嬢、「危険なる処女時代」のアイリーン・パーシー嬢等で良い顔触れである。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ジョージ・ハッカソーン エメット・コリガン エリナー・ボードマン キティ・ブラッドベリ
1923年

そら行け!

  • 1923年
  • 出演(Lucy_Frazer 役)

フィル・ゴールドストーン社からトルーアート社へ移ったリチャード・タルマッジの第1回作品で、ウィリアム・K・ハワードの監督、アイリーン・パーシー、ジョージ・ニコルズ等が対手役である。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
リチャード・タルマッジ アイリーン・パーシー ジョージ・ニコルズ タリー・マーシャル

囚人

  • 1923年
  • 出演(Dorothy_Garrison 役)

「胡蝶の嘆き」を書いたジョージ・バー・マッカッチョン氏の原作を、「鬼を欺く男」「一国の風雲」等のジャック・コンウェイ氏が監督したもので、「一国の風雲」「日の出の勢」等出演のハーバート・ローリンソン氏が出演し、相手役は「剛膽の人」のアイリーン・パーシー嬢。其他ジューン・エルヴィッジ嬢、バートラム・グラスビー氏等が出演ている。

監督
ジャック・コンウェイ
出演キャスト
ハーバート・ローリンソン アイリーン・パーシー ジョージ・コウル ジューン・エルヴィッジ

踊れ若者

  • 1923年
  • 出演(Babs_Weston 役)

ハロルド・ブリグハウス原作の舞台劇「他の時代」“Other_Timesに基づき、ビューラー・マリー・ディックスが脚色し、チャールズ・レイのパラマウント映画を監督して有名なジェローム・ストームが監督したもので、主役は「アダムス・リブ」「失うべからず」等出演のセオドア・コスロフ、「危険なる処女時代」等でのアイリーン・パーシー、「巨人大望」等出演のリカルド・コルテス等である。

監督
ジェローム・ストーム
出演キャスト
セオドア・コスロフ リカルド・コルテス ロバート・ケイン アイリーン・パーシー
1922年

危険なる処女時代

  • 1922年
  • 出演(Cora 役)

フォックス映画や「第三眼」等のアイリーン・パーシー嬢、雪洲映画や「大自然の掟」「非凡の凡人」等のヘレン・ジェローム・エディー嬢やエドワード・ハーン氏、セネット喜劇にいたバート・ローチ氏等共演のユ社ジウエル作品で、原作はエドガー喜劇等で忘られぬ有名なブース・ターキントン氏である。A・P・ヤンガー氏が脚色し、「一国の風雲」等同様ホバート・ヘンリー氏が監督した。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ジョージ・ニコルズ リディア・ノット アイリーン・パーシー ヘレン・ジェローム・エディー

速達郵便列車

  • 1922年
  • 出演(Virginia_Martin 役)

2、3の作品で既に紹介されているチャールズ・ジョーンズ氏の主演劇で、相手は「危険なる処女時代」「女市長」等出演のアイリーン・パーシー嬢。監督は最近フォックス社にその人在りと知られたバーナード・J・ダーニング氏である。

監督
バーナード・J・ダーニング
出演キャスト
チャールズ・ジョーンズ アイリーン・パーシー ジェームズ・メイソン ウィリアム・スティール
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
星屑の町
星屑の町

売れないムード歌謡コーラスグループの悲哀を描いた舞台「星屑の町」シリーズを映画化

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > アイリーン・パーシー